国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.2887 1分で読む日本の思想(9) 日蓮 ― 「法華経」こそ正しい教え

2019/08/02

■■■ JOG Wing ■■■  国際派日本人の情報ファイル  ■■■

 1分で読む日本の思想(9) 日蓮 ― 「法華経」こそ正しい教え

■■ 転送歓迎 ■■ No.2887 ■■ R01.08.02 ■■ 7,761部■■


 文永五年(1268)、蒙古が九州・博多湾に来襲。日蓮は『立正安国論』の予言が適中したとし、改めて幕府に正法たる法華経の功徳によらなければ国を守ることはできないと進言した。しかしそのために文永八年、片瀬竜の回(江の島)で斬罪に処せられようとした。
幸いにも死罪を免がれ佐渡島に流される。

 文永十一年、五十三歳で赦され鎌倉に帰り、同年、身延山久遠寺(山梨県)で道場を開き、専ら門弟の教導と著作に専心した。そして再び、元と高麗の連合軍が来襲した「弘安の役」の弘安四年(1281)、冬の寒さの厳しさの中で病に冒され身延山を離れた。その翌年、武蔵国千束郷(大田区洗足)池上宗仲宅(現在の池上本門寺)で「法華経」を読誦しながら六十一歳で入滅した。

__________
先づ国家を祈りて須(すべか)らく仏法を立つべし
客則ち和ぎて曰く、(略)夫れ国は法に依つて昌へ、法は人に因つて貴し、国亡び人滅びなば、仏をば誰か崇(あがむ)べき、法をば誰か信ずべきや、先づ国家を祈りて須らく仏法を立つべし。(略)(『立正安国論』第七段)

【訳】客はすっかり顔色を和らげて言った。(略)「そもそも、国は仏法によって繁栄し、仏法は其れを信じる人によって貴ばれる。国が滅び、人が死滅してしまえば、誰も人を救うための仏法を信仰する人などいなくなるのだから、先ずは仏法存続の基礎となるべき国家の安泰・和平を祈って仏法を護持すべきである。」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

1. 國武忠彦『語り継ごう 日本の思想』、明成社、H27
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/479421426X/japanonthegl0-22/

----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://melma.com/backnumber_256/
Mail: ise.masaomi@gmail.com または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://blog.jog-net.jp/
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
-----------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。