国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.2842 鹿児島を訪れて(1)〜薩英戦争と維新

2019/02/15

■■■ JOG Wing ■■■  国際派日本人の情報ファイル  ■■■

           鹿児島を訪れて(1)〜薩英戦争と維新

                                                  伊勢雅臣
■■ 転送歓迎 ■■ No.2842 ■■ H31.02.15 ■■ 7,975部■■

(写真は以下のフェイスブックからご覧ください)
https://www.facebook.com/ise.masaomi

 日本会議鹿児島のご依頼で、建国記念日の集いでの講演に、約40年ぶりの鹿児島市訪問。鹿児島空港着陸前に桜島、鹿児島市内、城山?が見えました。早速、観光バスに乗って、いきなり西郷洞窟。西郷さんが自決前に5日ほど寝起きした洞窟とのことです。
【写真】

 鹿児島市内到着後、まずは島津家の迎賓館であり、かつ島津斉彬公が近代技術発展を目指した集成館事業を行った仙巌園へ。もうお昼だったので、雄大な桜島を望みながら、美味しいいも焼酎と地元特産品の懐石料理を頂きました。
 こんな雄大な景色を毎日見ていたら、志も雄大になるでしょう。
【写真】

 仙巌園の中の庭園と御殿。ここは薩摩藩の迎賓館としても使われていて、幕末から明治にかけても多くの皇室や歴史上の人物が訪れるました。勝海舟が練習艦隊を率いて鹿児島を訪れた際も、庭にある望嶽楼で桜島山を望みながら島津斉彬公と会談したそうです。
【写真】

 仙巌園入り口近くにあるのが反射炉跡。近代兵器や蒸気機関、鉄道などを作るのに必要な鉄材を作る設備です。これを洋書の図面だけ見て作ってしまう気概と才覚は驚くべきものです。
 ここで作られた大砲で薩英戦争では薩摩側死傷者20名に対して、英国艦隊60名という優勢勝ちを収めました。日露戦争に先立って、白人を、それも世界に冠たる大英帝国の最新鋭艦隊を、非白人が近代兵器で打ち破った近代史初の偉業でした。
【写真】

 仙巌園のとなりにある集成館。ここで近代産業の開発が行われました。開発だけではなく、薩英戦争で使われた大砲と弾丸の大量生産が行われました。写真の丸い弾丸が薩摩側、椎の実型が英国のアームストロング砲のものです。この砲は旧式の砲の四倍の射程距離を持っていました。
 戦争は薩摩の優勢勝ちに終わったのは当時の暴風雨の中で揺れる艦からは命中精度が悪かった事と、新鋭兵器で不発弾が多かった事でした。薩摩側は旧式な兵器でも猛訓練による技量と、集成館で製造した砲丸の品質が良かったからだそうです。
 久光公以下、薩摩側は英艦隊を撃退できたにもかかわらず、再度戦ったら危ないと、英国と和議を結び、最新鋭の武器を入手しようと決断します。この辺りの合理性は鎌倉時代から戦い抜いてきた薩摩の伝統精神でしょう。これが明治の帝国海軍につながっていきます。
【写真】

国際派日本人養成講座 No.1099 薩英戦争 〜 大英帝国を驚かせた和魂洋才
 軍艦7隻も送れば、薩摩藩も恐れをなして、すぐに生麦事件の賠償金を支払うだろうと、イギリス側は高をくくっていたが、、、
http://blog.jog-net.jp/201902/article_1.html

----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://melma.com/backnumber_256/
Mail: ise.masaomi@gmail.com または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://blog.jog-net.jp/
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
-----------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。