国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.2840 国際派日本人のためのお勧め記事切り抜き帳 歴史文化編 1月度 人気記事

2019/02/04

■■■ JOG Wing ■■■  国際派日本人の情報ファイル  ■■■

         国際派日本人のためのお勧め記事切り抜き帳
               歴史文化編 1月度 人気記事

■外国人が驚く日本人の習慣の裏には神々の世界がある 113PV
■日本人居留民が200人以上も虐殺された通州事件が歴史教科書から省かれた理由 106PV
■古墳建造や養蚕の技術は、中央アジアからやってきたユダヤ人の一族・秦氏がもたらした 88PV
■世界遺産の宗像大社、土の表面だけ採取した10万点中、8万点が国宝に 74PV
■植民地化の危機から日本を救った技術者たちの奮闘 65PV

                                                  
■■ 転送歓迎 ■■ No.2840 ■■ H31.02.04 ■■ 7,824部■■

■外国人が驚く日本人の習慣の裏には神々の世界がある 113PV

外国人が空港に着いてまず最初に驚くのは、リムジンバスの乗り場に立っている係の人の姿。バスが発車する時もお辞儀をする。外国人はみんなこれが不思議だと言います。よく理由を聞かれるので、
「それはバスが無事に目的地まで安全に着きますようにという気持ちが込められているのよ。日本にはそういう祈りのような感覚があるのよ」と言いますと、みんな面白がります。

日本人はお店に入ると、おしぼりで手を拭きます。そういう習慣は外国にはない。オーストラリアの友人が言うには、「日本の神社やお寺に行ったら、入口で手を洗うように言われた。日本はどこへ行っても清潔だけれども、それはここから発生しているのではないか」

「おもてなし」は、異界から訪れてくる神様をお迎えして、精一杯のご馳走をもって歓待するという、古くから各地で行なわれてきた祭りに由来しています。

日本の商業は神様が降りてくる場所で行われてきました。「市」の語源は「斎(いつく)」で、神が居着く(降臨する)場所という意味です。日本人の誠実さも、こういう歴史的経緯から来ているのだと思います。なにしろ取引を神様の前でやっていますから、ごまかすことができない。

日本のアニメは登場するキャラクターが多いのも特徴です。ポケモンは七百、アンパンマンは千二百も登場するそうです。このように無数のキャラクターが登場する日本のアニメは、なにか日本の伝統的な神々の世界にも通じるように思います。

「外国人が驚く日本にしかない魅力」呉善花、『明日への選択』H3002、日本政策研究センター http://www.seisaku-center.net/monthly 出版元のご厚意で、『明日への選択』の見本誌を無料でお送りいただけます。お申し込みは: https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=457831


■日本人居留民が200人以上も虐殺された通州事件が歴史教科書から省かれた理由 106PV

通州事件が起きたのは盧溝橋事件の約半月後、昭和12年7月29日のこと。北京東郊の町・通州で、日本人居留民を保護するはずの中国人保安隊が突如、寝返って暴虐の限りを尽くし、200人以上の日本人を虐殺したのだ。

高校教科書『新編日本史』に通州事件について書いたら、「文部省側から『近隣諸国条項に違反するから省け』と言われ省略せざるを得なかったのです」。

藤岡信勝氏「ユネスコ『世界の記憶』への登録で、中国はパンドラの箱を開けた。南京の登録は彼らにとって良かったかもしれないが、『南京がOKなら通州事件なども登録できるではないか』」と言及。藤岡氏は来年以降、文化大革命時の南モンゴルでの虐殺についても「世界の記憶」への登録を目指す考えを示した。(伊勢:天安門事件、チベット、ウイグルと申請のネタは尽きません)

「通州事件80年、国民集会リポート」『正論』H2910

国際派日本人養成講座 No.1031 歴史教科書読み比べ(43) 日中戦争に引きずり込まれた日本
 日本はどのように、日中戦争に引きずりこまれていったのか?
http://blog.jog-net.jp/201710/article_5.html


■古墳建造や養蚕の技術は、中央アジアからやってきたユダヤ人の一族・秦氏がもたらした 88PV

4世紀〜6世紀にかけて、中央アジアからキリスト教の一派、ネストリウス派を信仰するユダヤ人の一族・秦氏が日本にやってきた。人物埴輪にはユダヤ人そっくりの像があり、まだDNA鑑定でもこの事が裏付けられている。彼らは巨大古墳建造のための土木技術や絹を作る養蚕などの技術をもらたした。

秦氏はやがてキリスト教を捨て、神道を信じて、八幡神社、稲荷神社など、日本で一番多い神社を創建した。

縄文時代には日本列島から、朝鮮半島に人が渡っていた。東三洞貝塚(柵国釜山にある貝塚)では、大量の繩文土器と九州産の黒曜石も出土している。

白村江の戦いでの日本と百済の連合軍は同一民族だったから、当然。この敗戦により、日本人は朝鮮半島から撤退した。

「日本と朝鮮の関係」田中英道、『日本の息吹』H3101、日本会議 https://www.nipponkaigi.org/publication/details?id=229 出版元のご厚意で『日本の息吹』の見本誌を無料でお送りいただけます。お申し込みは: https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=457859


■世界遺産の宗像大社、土の表面だけ採取した10万点中、8万点が国宝に 74PV

世界遺産となった沖ノ島の宗像(むなかた)大社。大きな特徴は、正史と言われる日本書紀に神勅が下っていることです。「汝三神宜しく道中に降居して」つまり天照大神の娘たちである宗像三女神を高天原から宗像の地にお降ろしになり、「天孫を助け奉り天孫に祭かれよ−歴代天皇を助けなさい。そうすれば歴代天皇はあなたたちを祀るでしょう」

戦後、どこの神社も疲弊していて、宗像大社もかなり疲弊していました。宗像市出身で出光興産の創業者の出光佐三氏が宗像大社復興のために十五億寄付したのです。しかしこのお金に関しては「出光」の「い」の字も表に出していないのです。油屋ごときが官幣大社に名を残すなんて失礼だ、ということで名前は残さなかったんですね。

この発掘は表面採取といって、実は掘ってないんですね。上にあるものだけを十万点くらい採取しました。そのうち八万点が国宝になっているわけです。神様のものだからみんなの目に触れるものではない、という考え方があって土に埋めていたんですね。

「『神宿る』宗像に両陛下をお迎えして」宗像大社宮司・葦津敬之、『祖國と青年』H2912、日本青年協議会 http://www.seikyou.org/sokokutoseinen.html 出版元のご厚意で『祖国と青年』の見本誌を無料でお送りいただけます。お申し込みは: https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=457863


■植民地化の危機から日本を救った技術者たちの奮闘 

江戸末期、異国船が出没。日本近海は暗礁が多く座礁・遭難が続いたため、諸外国は公然と測量を始めた。脅威を感じた幕府は、自前で海図を作るため、長崎海軍伝習所に測量隊を編成。外国人を雇用せず、自力で完遂する方針を立てた。明治5年には独力で初の海図「釜石港」を完成させた。

気象も当初は英国に学んだが、明治16年には器財もすべて国産とし、各地に測候所を開設して、そこから集まる気象電報により、アジア最初の天気図を作成した。

電気通信も当初の電線敷設工事は高度な技術を要するため、外国の支援が必要だったが、「電気通信の父」寺島宗則が「これ以上、外国資本が入ると植民地化の足がかりになってしまう」と外国資本を排除。
明治9年には国内の技術で、全国主要地域間に電線網を張り巡らした。明治30年には九州から台湾まで海底ケーブルを敷設する難工事をすべて日本人だけでやり遂げた。有色人種初の快挙は世界でニュースとなり、不平等条約の解消にも役だった。

日露戦争では開戦40日前に「三六式無線電信機」を国内開発。突貫工事で駆逐艦以上の全艦に装備し、通信要員を短期間で育成した。

幕末から明治にかけて、植民地化の危機から日本を救ったのは、近代科学技術を自前で使えるようにしようという技術者達の努力だった。

「明治日本の栄光をもたらした近代技術獲得への挑戦」鈴木千春、『明日への選択』H2904

参考 国際派日本人養成講座 No.236 日本海海戦
世界海戦史上にのこる大勝利は、明治日本の近代化努力の到達点だった。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h14/jog236.html

----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://melma.com/backnumber_256/
Mail: ise.masaomi@gmail.com または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://blog.jog-net.jp/
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
-----------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。