国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.1783 中国の「国家資本主義」が世界中で反発を呼ぶ(4)(ウォールストリートジャーナルを読む!)

2010/12/24


■■■■ JOG Wing ■■■ 国際派日本人の情報ファイル ■■■■

       中国の「国家資本主義」が世界中で反発を呼ぶ(4)
       
                        ウォールストリートジャーナルを読む!
■■ 転送歓迎 ■■ No.1783 ■■ H22.12.24 ■■ 9,271 部 ■■

----------------------------------------------------------
伊勢雅臣: 『語学道場』さん発信の「ウォールストリートジャーナルを読む! 毎日お届け」から、転載させていただいています。。ウォールストリートジャーナルは、米国を代表する高級紙で、その見識ある社説は、米国の保守系世論をリードしています。その原文の一部を紹介しながら、英語も学べるというありがたいメルマガです。日本語訳の部分だけ読んでも参考になります。

(以下、同紙の自己紹介)

英語圏で発行される新聞で最も権威あるもののひとつ、ウォールストリートジャーナル。単なる経済紙に留まらず、米国保守層の価値観、主張を知るには最良のメディアです。毎日記事をひとつ選び、日本語訳と解説を添えます。これであなたも「ウォールストリートジャーナルには〜と書いてありましたよ」と言える!!
http://www.mag2.com/m/0001147612.html
----------------------------------------------------------

=== You, too, can quote "WSJ" ===


 ウォールストリートジャーナルを読む! 毎日お届け  No.104 

2010/11/22号

=================================
遅くなりました。第4編をお送りします。


ECONOMY
経済

NOVEMBER 16, 2010
2010年11月16日

China's 'State Capitalism' Sparks a Global Backlash
中国の「国家資本主義」が世界中で反発を呼ぶ(4)

By JASON DEAN, ANDREW BROWNE And SHAI OSTER
ジェイソン・ディーン記者、アンドリュー・ブラウン記者、
シャイ・オスター記者



The state has always played a big role in China's economy,
but for most of the reform era that started in the late
1970s, it retreated as state-owned collective farms were
dismantled and inefficient state industrial enterprises
closed. Accession to the WTO in 2001 represented a big bet
by the leadership on liberalizing markets further. The
gamble paid off, with growth rocketing much of the past
decade.
中国経済では常に国家が大きな役割を果たして来た。しかし
1970年の改革時代の始まり以来、国家所有の集団農場が解体さ
れ、非効率な国家産業会社が閉鎖された際にこの国家統制経済
は衰退した。2001年のWTO加盟は、指導者層にとり市場の更なる
自由化を巡った大きな賭けであった。この賭けは成功し、過去
10年間の殆どの期間、中国経済は急成長を続けた。

But the state is again ascendant. Many analysts say the
pace of liberalization has slowed, and point to vast
swaths of industry still controlled by state companies
and tightly restricted for foreigners. The government
owns almost all major banks in China, its three major
oil companies, its three telecom carriers and its major
media firms.
しかしまた国家が主役に戻った。多くのアナリストは自由化の
速度が鈍った、と述べ、未だに国有企業に管理され、外国人に
は参入が厳しく制限されている産業を指摘する。政府は中国の
殆どの主要銀行、三大石油会社、三大電話会社、主要マスメデ
ィアを所有している。

According to China's Ministry of Finance, assets of all
state enterprises in 2008 totaled about $6 trillion,
equal to 133% of annual economic output that year. By
comparison, total assets of the agency that controls
government enterprises in France, whose dirigiste policies
give it one of the biggest state sectors among major
Western economies, were 539 Euro billion ($686 billion) in
2008, about 28% of the size of France's economy.
中国財務省に拠ると、2008年の国有企業の総資産額は6兆ドルに
達した。これは同年の中国経済総生産高の133%に当たる。比較と
して、フランスで国有企業の管理をする省庁の総資産は、2008年
には5,390億ユーロ(6,860億ドル)であった。これは西側主要経済
で最大級の国有企業群である。

The government's increased involvement in sectors from
coal mining to the Internet has spawned the phrase guojin
mintui, or "the state advances, the private sector
retreats," among market proponents in China. A January
report by the Organization for Economic Cooperation and
Development said China's economy had the least competition
of 29 surveyed, including Russia's. Prominent Chinese
economist Qian Yingyi of Peking University has said he
worries over what appears to be "a reversal of
market-oriented reforms in the last couple of years."
政府が炭鉱からインターネットまでより深く企業運営に関与する
ことを評して、中国で自由市場を推進する者達が「グージン・
ミントゥイ」というフレーズを使い始めた。これは「政府が発展
すれば私企業が衰退する」という意味である。経済協力開発機構
(OECD)が1月に発表したレポートによると、調査した29の国/地域
経済のうち、中国には最小の競争しかなかった。これにはロシア
も含まれる。北京大学の著名な経済学者、錢 穎一は「ここ数年の
市場志向改革からの退行」を恐れる、と述べた。

The state's huge role in the economy gives it enormous
sway to pursue its policy goals, which are often laid out
in voluminous five-year (sometimes 15-year) plans. These
relics of the Mao-era command economy are central to the
corporate fortunes of Western giants like Caterpillar Inc.
and Boeing Co. that rely on the country's market. China is
now one of the biggest sources of revenue growth for
Caterpillar, and is the biggest buyer of commercial jets
outside the U.S., according to Boeing.
経済で国家が巨大な役割を果たすことは、政府の政治的目的を
追求するために強力な指導力が生まれることを意味する。これ
は通常、分厚い5カ年計画(15年計画のこともある)に記されて
いる。これらの毛沢東時代の計画経済の遺物は、西側世界の巨大
企業の業績にとって中核的な意味を持つ。これにはキャタピラー
Incやボーイングなど、中国市場に依存する企業が含まれる。
キャタピラー社に取り、収入増加分の最大の源の一つが中国で
あり、ボーイングにとっては民間機の米国外の市場での最大の
顧客が中国である。

One of Beijing's most important goals: wean China off
expensive foreign technology. It is a process that began
with the "open door" economic policies launched by Deng
Xiaoping in 1978 that brought in waves of foreign
technology firms. Companies such as Microsoft Corp. and
Motorola Inc. set up R&D facilities and helped train a
generation of Chinese scientists, engineers and
managers.
中国最重要目標の一つは、高価な外国産技術から中国を独立させ
ることである。これは1978年、?小平の「開放」経済政策から始
まったプロセスで、これにより外国技術企業がどっと押し寄せた。
マイクロソフト、モトローラなどが研究施設を設置、中国の科学
者、エンジニア、管理職などの育成協力を始めたのである。

That process is now in overdrive. In 2006, China's
leadership unveiled the "National Medium- and Long-Term
Plan for the Development of Science and Technology," a
blueprint for turning China into a tech powerhouse by
2020. The plan calls for nearly doubling the share of
gross domestic product devoted to research and
development, to 2.5% from 1.3% in 2005.
このプロセスは現在、加速している。2006年、中国指導者層は
「国家中長期科学技術開発計画」を披露した。これは2020年ま
でに中国を技術大国に変貌させようという青写真である。この
計画では技術開発に与えられる予算額を、対GDP比で現在の1.3%
から2.5%までほぼ倍に上げるよう、要求している。

重要表現
pay off… 
報いがある、効果がある、リスクをとっただけの対価がある。
eg. I really don't think something like that will
eventually pay off.
そんなことがやがて報いられるなんて、そんなことは信じられ
ない。

government's increased involvement… 政府のより大規模な
関与。
eg. I see a lot of increased involvement of the
president.
最近、社長があちこちに顔を出しているみたいだね。

command economy… 計画経済。
eg. Command economy was one of the hallmarks of communism.
It did outperform capitalism for a while, but not for long.
計画経済は共産主義の特徴の一つである。資本主義を上回った
時期もあるが、長くは続かなかった。

biggest sources of revenue growth… 収入増加の最大の源群。
eg. This job is the biggest source of revenue growth for
me. So I hope, at least.
この仕事が最大の収入増源なんだ。少なくとも、そうなるといい
と思ってる。

a blueprint for 〜 … 〜への青写真。
eg. They had no blueprint for the finished product.
Can you believe that?
彼らは完成した商品のイメージをまったく持っていなかったん
だってさ。信じられる?


それではまた明日。



今日の記事は良かった、と思われる方はこちら↓へ。
http://clap.mag2.com/voulinaima?w101122yes

今日の記事はつまらなかった、と思われる方はこちら↓へ。
http://clap.mag2.com/voulinaima?w101122no



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「社会の公器」ではなかったの?日本のメディア、のコーナー

(導入部分、結論に加筆しました)



ご存知のように、「sengoku38」氏の身柄が拘束されました。


(「一色 正春」、というお名前だそうです。皆さん、覚えて
おいてください。)


やはり義憤に駆られた、現場の海上保安官でした。


私は個人として、彼の憂国の勇気に敬服しています。


しかし、仙石官房長官はどうやってこの(自分に取り)迷惑な奴を
懲らしめてやろうか、とそれしか頭にありません。



そして不思議なのは、それに迎合する主流メディア。


メディアの使命は、権力監視じゃなかったの?


という素朴な疑問を、皆さんお持ちでしょう。



今の我が国の主流メディアは、権力の犬、手先としての機能しか
果たしてないように思われます。



どうにもこうにも常軌を逸してしまった我が国主流メディアの
その醜悪な姿を、ジャーナリストの上杉 隆氏が解説した一文を
紹介します。

(引用)

http://diamond.jp/articles/-/10043


週刊・上杉隆


テレビ・新聞が「尖閣ビデオ」の犯人探しで喧しい。

朝から晩まで、「どこから漏れた」、「誰が漏らした」かで
大騒ぎである。日本のマスコミはいったい何をやっているのだ
ろうか。もはや呆れるというよりも、相変わらずの記者クラブ
メディアの勘違いぶりを微笑ましくさえ思ってしまう。

いとも簡単に官僚たちのスピンコントロールに乗っかるメディ
アを持って、日本政府はじつに幸せである。海外の政治家たちが
この状況を知ったら、さぞかし羨ましがることだろう。

世界中探しても、政府と一体となって、貴重な「情報源」を探
し暴こうとしてくれるメディアはそう多くはない。菅政権は、優
秀なスピンドクターである記者クラブの存在をもっと大事にした
方がいい。これは親身なアドバイスである。


ジャーナリズムの最低限の役割は、権力監視、換言すれば、政府
の隠そうとする事実を暴き、国民の知る権利に応えようとするこ
とである。

またそれは、米国だろうが、中国だろうが、南米だろうが、中東
だろうが一切変わりなく、万国共通のジャーナリズムのルールで
あり、存在意義でもある。

ただし、日本の記者クラブメディアを除いてだが──。

今日(11月10日)も、朝のテレビ番組ではキャスターやコメン
テーターらが政府の情報管理がなっていない、と声を荒げている。
普段ならば、「情報公開」や「国民の知る権利」を声高に叫んで
いるのに、今回はそんなことはお構いなしだ。政府と一緒になっ
て犯人探しに躍起になっている。

そうしているうちにも、昨日(9日)、東京地検はユーチュー
ブを管理するグーグルに対して、ビデオの投稿者とみられる
「sengoku38」のIPアドレスなどの個人情報の任意提出を求めた。

当然ながらグーグルは、「通信の秘密」、「個人情報保護」の
観点からこれを拒否した。だが、東京地検は即日、捜査令状を取
り通信記録を押収した。

政府が、国家公務員法違反などの法律上の観点から、こうした
措置に出るのはある程度、うなづける。だが、メディアが、言論
の自由を踏みにじるような権力側のこうした行為に唯々諾々とし
て認めてしまっているのには、どうしても納得がいかない。

(引用終わり)


皆さん、どうぞご自分の意見を整理してみてください。


民主主義の根幹に関わる、深刻な事態です。



私個人としては、2009年2月、当時財務・金融担当大臣であった
中川 昭一議員の酩酊会見の様子を、「辞めるまで許さんぞ」
「死んでしまえ」と言わんばかりに、

繰り返し繰り返し放送を続けた同じメディア

(西村真悟元議員は「明確な殺意を持って」と言っておられ
ます)が、

こうして権力に擦り寄る姿には恐怖を覚えます。


彼らが特定勢力の意思に操られているのだとしたら、余りに

分かり易くて滑稽ですらありますが。



======================

○メールマガジン「ウォールストリートジャーナルを読む! 毎日お届け」

発行者 語学道場

Copyright (C) You, too, can quote "WSJ"  All Rights Reserved.

WSJオンライン版のご購入は→ http://asia.wsj.com/home-page

語学道場・公式HPは→ http://www.gogakudojo.com/ 

問い合わせは→ kanrinin@gogakudojo.com

アドレス変更・解除は→ http://www.mag2.com/m/0001147612.html

twitterでつぶやいてます。Look me up as "gogakudojo"

=== You, too, can quote "WSJ" ===

◎ウォールストリートジャーナルを読む! 毎日お届け
 のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001147612/index.html


----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://www.melma.com/mag/56/m00000256/
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
-----------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。