国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.1781 松下村塾四天王-吉田稔麿(天下の無法松)

2010/12/20

■■■■ JOG Wing ■■■ 国際派日本人の情報ファイル ■■■■

            天下の無法松「幕末の人物シリーズ」
             第6弾「松下村塾四天王-吉田稔麿」
                                                  
■■ 転送歓迎 ■■ No.1781 ■■ H22.12.20 ■■ 9,271 部 ■■


今週より「幕末の人物シリーズ」を復活させ、松下村塾四天王の一人の吉田稔麿について簡単に述べたいと思います。

吉田稔麿は久坂玄瑞と同様に明治維新の日を迎えることなく、久坂は蛤御門の変で、吉田稔麿は池田屋事件で討ち死にしましたが、両名とも明治時代まで生きておれば、その後の歴史が変わっていったのは間違いが無く、軽い言葉遣いではありますが正に惜しい人を亡くしたと言えるでありましょう。

高杉晋作・久坂玄端・吉田稔麿に入江九一を含めて松下村塾の四天王と言われておりますが、その中で、幕末の被差別部落民達に討幕を呼びかけたのが吉田稔麿だそうです。(次のURLをクリックしてみて下さい吉田稔麿:
http://www.itokawa-masaaki.jp/activity/pdf/yoshida_toshimaro.pdf#search='"松下村塾四天王"')

また、吉田稔麿は宝蔵院流の槍術と柳生新陰流の剣術を修め、文武両道の人であり、松陰先生によると心に信念を秘めた人柄であったそうです。ただ、24歳でこの世から去り、坂本龍馬(司馬遼太郎と言う作家がこの世に生まれていなければ龍馬は今ほど有名な存在にはなっていなかったでしょう。)ほど名を遺していないことが全く持って残念なことではあります。

■無法松の戯言■

今週より、「最後の忠臣蔵」の映画が始まりましたが、皆さんはもう見られましたでしょうか。無法松は先月11月25日に二十数年ぶりに泉岳寺を訪れましたが、最初に訪れた時よりも四十七士達の墓石は綺麗に洗われたように感じ、境内には四十七士達の資料館も出来ておりました。

最後の忠臣蔵:http://wwws.warnerbros.co.jp/chushingura/main.html

無法松はこの映画をまだ見ておりませんが、忠臣蔵が歌舞伎(市川海老蔵の件は残念なことではありますが、相撲会のようにいずれは立ち直られることでありましょう。)や映画で取り上げられる間は、日本人から日本人の侍精神が無くなることはないものと無法松は信じております。

ところで、皆様は昭和天皇がかって大東亜戦争後に語られたこの御言葉のことを御存じでありましょうか。それは、日本人はあと数百年(百年以上、四五百年)後には復活するであろうとある人に言われたと言うこの御言葉です。

このことを聞かれて、日本は百年どころか、十年、二十年で復活したではないかと思われる方も今では多いのではないかと思いますが、それは単に経済的なことであって日本人の日本人としての精神は復活するどころか、退廃の極みに落ちて行っております。
(その証拠に最近では飲み屋さんに小学生以下の子供を連れていく父親と母親がおり、男女共同参画社会は日本では完全に完成されております。しかし、それでも家庭が崩壊していないだけでも救われるのでありましょうか。)

よって、日本人の日本人としての精神が復活するには後少なくとも数十年から数百年の年月を要するものと思われるのであります。ですから、このメルマガをお読みの人々は今からこのことを覚悟して、若人達に日本の文化・伝統そして日本精神を伝えていき、日本をニッポンとして復活させ、ニッポン精神が復活した日本から、高度情報化社会で人らしい人が居なくなる全世界を救っていかなければならないのであります。

これは当然一代で成し遂げることはできません。数代否、数十代の日本人達の手によって成し遂げられていくことでありましょう。しかし、今、我々がそのニッポン精神を復活させる営みを止めては次の世代がその営みを続けていくことはできません。

どうか皆様には険しく、大変長い道ではありますが、一歩ずつその道を堅実に歩んで戴きたいと思っております。その為の何かしらの精神的な支えにでもなればと無法松も頑張って参ります。

----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://www.melma.com/mag/56/m00000256/
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
-----------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。