国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.1775 ピョンヤンをポイント攻撃せよ!!(天下の無法松)

2010/12/06


■■■■ JOG Wing ■■■ 国際派日本人の情報ファイル ■■■■

             天下の無法松「昭和の吉田松陰」
       第6弾「ピョンヤンをポイント攻撃せよ!!」
                                                  
■■ 転送歓迎 ■■ No.1775 ■■ H22.12.06 ■■ 9,262 部 ■■


 北朝鮮の独裁者親子が彼らの予定通りの暴発(誰かあの独裁者親子に抱き着いて自爆テロをやる北朝鮮の人間はいないのでありましょうか)をして、1週間以上経ちましたが、やはり、日本国は兎も角として、米韓両国は北朝鮮を攻撃してはおりません。

 産経新聞ではその正論欄で「月刊朝鮮」前編集長の「趙甲済」氏が「北に最後通告を送れ」と述べておられますが、やはり、韓国人だけあって同胞?とは言え、北の独裁者に対して正論を吐いておられます。
(既に我々ニッポン人の同胞が数百人の単位で北朝鮮に拉致されたままで、また、北朝鮮政府の人類史上最悪の独裁ぶりは韓国の映画「クロッシング」(http://www.crossing-movie.jp/)でも有名であり、無法松はDVDを購入して見ることにしました。)

 しかし、結局は北京政府やロシア政府のみならず、米国政府や韓国政府までも(こんなことを言ってはなりませんが、日本政府は無法松の頭からも蚊帳の外です。)北朝鮮政府には触らずにいようと言う態度が見え見え(黄海での演習を含む日米韓軍事演習は北朝鮮を含む周辺諸国に見せているだけ)であり、可愛そうなのは北朝鮮人民です。

 昔、日本反日協会や夕日新聞社などのマスゴミ達が小泉前総理が北朝鮮に行って数人の拉致家族を連れて帰る一日前まで「北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国」と必ずニュース報道の最初の1回だけ言っていたのを思い出しますが、そろそろそのようなマスゴミ達が右翼へ転換するのではないかと無法松は考えております。

 それは今の民主党政権を見ればよく分かることで、独裁を否定していたはずの左翼人達がその本性を露わにして言論統制と言う独裁体質を深めているように、日本反日協会や夕日新聞社などの左翼マスゴミは戦後に右翼から左翼へ転向したように今、その逆回転の転向のチャンスを狙っていると無法松は考えております。

 もう、ここまで来たら、正直に言って無法松は左翼よりかは右翼の時代の方が、国を救うには良いかと思っておりますが、しかし、ここで立ち止まって考えなければなりません。今度こそ我々日本民族は右翼とか左翼とかそのような低次元の思想に留まらず、真のニッポンを全世界に向けて明らかにしていかなければなりません。

 では、真のニッポンとは何か?真のニッポンとは天皇を戴く、真の世界平和を実現していくニッポンであります。それを実現していくには、まず、聖徳太子様が明らかにされた御精神であり、独裁とは全くほど遠いところにある「和」の精神であります。

 それではサブタイトルの「ピョンヤンをポイント攻撃せよ!!」と「和」の精神がどのように結びつくのかと言うと、それは北京政府やロシア政府を含む全世界に対して、「ピョンヤンをポイント攻撃」して北朝鮮の独裁者親子をこの世から排除して、北朝鮮人民と現北朝鮮政府に拉致された韓国や我々日本国の国民達を救出し、国連が北朝鮮を管理することを、それこそ6か国ならぬ5か国会議において「和」の精神でもって、決議させ、実行させる、と言うことであります。

 こんなことをインターネット上で全世界に向けて言うのは、恐らく日本国どころか全世界で天下の無法松だけだと無法松は勝手に考えておりますが、これをニッポン人の手で成し遂げようではないでしょうか。
(いよいよ「坂の上の雲」第2部が始まりましたが、乃木さんを愚将としか描けなかったと言われている大衆小説家の司馬遼太郎氏の作品とは言え、放送しないよりかは放送した方が、全共闘世代やそれ以前の大人達に歴史を消された今の若い人々には勉強になり、無法松も1部と同様に録画しながら見ております。)

■無法松の戯言■

 今年もとうとう師走になって参りましたが、巷ではクリスマスの灯が彼方此方で夜の景色を照らしていると思われますが、平成22年の師走の街は昨年までの戦後64年間の師走の街とは少し雰囲気が違って感じる方も多くなってきたのではないでしょうか。

 そうです、それはついに、21世紀も10年程過ぎ、中東やロシア、アフガニスタンのみならず、我々日本国を含む東アジアにまで世界紛争の波が襲ってきているからであります。(フランス人のジャック・アタリはその第4の波で「超紛争」を予想しておりますが、やはり、この世界紛争はやってくるようです。)

 無法松はこのことは我が日本国にとっては大変良いことであり、これでもって日本民族は蘇るに違いないと喜んでおります。外圧で滅んだ国は無く、むしろ外圧が無く、このまま単なる平和が続いてしまったら、それこそ日本人から秩序感が無くなり、完全な無政府状態に陥り、日本列島からニッポン人が居なくなり、働いているのはロボットだけと言う三島由紀夫の言う?完全なる無機質なニュートラルな世界がやって来るでありましょう。

 先程、日本反日協会に対していつも通りの下らない反日番組について、無法松が電話を掛け、このような番組よりも戦後のNHKがGHQに洗脳されたままで、その体質は戦前のNHKと同じであることを伝える番組を放送したらどうかと言ったところ、無法松よりも若いNHKの人がその意見を否定せずに頷きながら聞き、貴重なご意見を有難う御座いました、必ず上司に伝えておきますと話されました。

 これで、今、無法松は少し安堵しておりますが、どうかこの国際派日本人養成講座のメルマガをお読みの方々は絶対に左翼や右翼にはならず、真の保守、真のニッポン人として教養を積みながら、文武両道、中庸の道を励んでいかれますよう願っております。

 それには何も難しいことは必要ありません。平成の現代の日本の庶民達がマスゴミに踊らされずに大衆感覚を捨て、昔ながらの日本人の情緒、つまり「義理と人情」を取り戻せばよいのであります。
(これが残っているのは、今では「やくざ」(今の世では暴力団?というのでしょうか)の世界だけでしょうか?)



----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://www.melma.com/mag/56/m00000256/
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
-----------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/12/07

    世界は陰謀に満ちている。



    人々の関心は、「アサンジ、インターポール、米政府、ロスチャイルド… そして、シオニストの息のかかったメディア… これらの人々が、これから、どんな猿芝居を見せてくれるのか」ということです。



    http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1348236.html