国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.1746 目指せ日本!地上の楽園(MoMotarou放送局)

2010/09/29


------------------------------------------------------------
     週刊無料メールマガジン ■国際派日本人養成講座■
  元気な日本人を育成しています。創刊12年読者3万9千人
         http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/
------------------------------------------------------------

■■■■ JOG Wing ■■■ 国際派日本人の情報ファイル ■■■■

                   目指せ日本!地上の楽園
                
                                             MoMotarou放送局
■■ 転送歓迎 ■■ No.1746 ■■ H22.09.29 ■■ 9,205 部 ■■



1//∞//平成二十二年////////2668//////2010////
      「朝の早起きはお国を興す第一歩」



    <<< JOKK-WAHAHA, こちらMoMotarou放送局です。>>>
     
 
          みなさん、こんにちは。。。
               MoM放送局のMoMotarouです。


【目指せ日本!地上の楽園】

  全国の生活保護受給者が今年6月時点で190万7176人
 (速報値)となり、前年同期比で20万8307人増加したこ
  とが(9月)22日、厚生労働省のまとめでわかった。

              2010年9月23日読売新聞

            ★

 190万人を超えたのは1950年代並で、毎月1〜2万人のぺースで増えているそうだ。この中には、外国から日本を目指してきた人も多いはず。先般50人超の生活保護を取った中国人たちもいたのでした。

 中国あたりでは、日本で生活保護を取って暮らす貧困ビジネスがあるらしいです。さすが中国。朝鮮半島では反日で生活補償を取る方法もあるようで、それを支援してコミッションをとる日本人弁護士や活動家もいます。


■なぜか日本へ

 宮崎正弘さんのメルマガに興味深い書評が載りました。その中より一部転載します。

>>>(転載開始)
 書評:田中英道『やまとごころとは何か』(ミネルヴァ書房)


 ●その一。遣唐使より遣日使の数が多かった、回数も多かった
  という事実はなぜか戦後左翼学者によって軽視されてきた。
  意図的に「そんな筈がない」という先入観念があり、シナの
  ほうが日本より一貫してまさっていたと誤解してきた。
 
  鑑真とて、永住のつもりで日本にやってきた。しかし阿倍仲
  麻呂は、帰国の意思を最後まで捨てずにいた。シナに亡命し
  たのではない。

 ●遣日使は「天智天皇の治世には、毎年のように」、「669
  年には朝散太夫郭務宋ら計二千余人、671年には計二千人
  と多数の船と唐人が来朝していることが記録されている」の
  である。
 
  渤海からの遣日使は「約二百年のあいだに三十三回にわた」り、
  反対に日本からは十三回。つまり日本の二・五倍!
 
 ●半世紀に数千人の留学生らが日本にきたという記録から推定す
  ると、当時の人口から勘案して現代の日本に四十万人の留学生
  が犇めいていたことになる。実際に、在日中国人は80万人、
  留学生7−8万、日本にすでに帰化した中国人11万人。多くが巧
  みな日本語をあやつる。

 ●対照的に中国に帰化した日本人はごく稀。中国への留学生は語
  学留学が90%、ほぼ全員が帰国する。赴任でいやいや中国へ
  行く日本人の過半は現地でも中国語を覚える意思さえない。

   これらの事実と数字は何を物語っているのだろう?
              (転載終)
 
■洗練された国
 しかし「悪い国日本」に、なぜこうも多数来るのか不思議ですね。結局、私たちが「日本は悪い国だ」と思い込まされているのでしょう。わが国がここまで来たのは、運不運より、祖先たちの一日一日の研鑽のお陰です。あの幕末・終戦の混乱も、今から考えれば何時の間にか“巧みに”乗り越えてきました。「お見事!」と改めて感嘆します。

■真実をたどる黄金の糸
 しかし、残念ながら、占領下から始まった米国の脳内占領と、シナ中国の執拗なる靖国攻撃習慣化により「悪い国刷り込み」を強化されました。

 救いは皇室が残っていることでしょう。皇室を中心に日本の歴史を遡ることができるのは幸せであります。西暦(グレゴリウス暦)はキリスト生誕をもって歴史的時間を記述します。わが国には天皇暦というのがあるのです。

■試される政権の心
 反日極左政権は、中国の脅しに屈し、中国人船長を釈放しました。サヨクの特徴が良く現れた処理です。要するに自分達が助かるために何でもするのです。国などの事は元々二の次ですから当たり前ですね。海保が気の毒です。こんな政権に命を預ける訳にはいきません。絶対にぶっ潰すぞ、極左政権!

>>>産経WEBより
 那覇地検は処分保留とした理由について「わが国国民
 への影響や、今後の日中関係を考慮した」と述べた。

 (桃注:これを「超法規的措置」というのでしょう。)


*付録:太田述正コラム#4012(2010.5.16)
<帝国陸軍の内蒙工作(後書き)>(2010.9.23公開)
 http://blog.ohtan.net/archives/52027569.html


         JOKK−WAHAHA^^ こちらMoM放送局です!
        http://jp.youtube.com/momotarou100 
        http://twitter.com/momotarou100 ← ← ←流行りのツイッター、主に動画紹介


 *「外務官僚の背骨」渡部亮次郎 −ハンディキャップ国家論
  http://momotarou100.iza.ne.jp/blog/entry/485200 
 
 お勧めサイト
 ・杜父魚(かじか)文庫ブログ
  「トウ小平の吐いた壮大な嘘 渡部亮次郎」   
  http://blog.kajika.net/?eid=997302
 ・「【拉致問題アワー】2002年9月17日の舞台裏
   〜平沢勝栄議員に聞く[桜H22/9/22] ch桜 」
  http://www.youtube.com/watch?v=eaqC55YCnWg


 ・「国民自重の心」小泉信三
  http://momotarou100.iza.ne.jp/blog/entry/470460/

 *長文を読むのに便利な縦書きビューワー VISTAでも可
  http://www6.ocn.ne.jp/~exist/news/soft.html

     ★     ★     ★

■ 謀略
  「スパイの一番大きな目的は、相手国の国策を誤らせる事に
ある。(中略)とにかく大東亜戦争で日本は国際謀略というも
のに引っ掛かって敗北した。謀略に対して暗かったという、
日本の不明がある。決して物量に敗れたとか何とかというよう
な簡単なものではないということを、諸君達は知っておいてよ
ろしい」
         ---安岡正篤;「続人間維新」より
         関西師友協会 http://www.siyukai.org/

■大日本史ー在日編
   http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2463/
■右翼の正体
   http://www.geocities.jp/uyoku33/

       <<< MoMotarou放送局 >>放送中!
        http://www.otogimura.com/
    
/////////////////////☆/////


----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://www.melma.com/mag/56/m00000256/
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
-----------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。