国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.1733 侍の志(天下の無法松)

2010/08/30


■■■■ JOG Wing ■■ 国際派日本人の情報ファイル ■■■■

      天下の無法松「大東亜戦争前の日本の姿シリーズ」
                     第10弾「侍の志」
                     
■■転送歓迎■■ No.1733 ■■ H22.08.30 ■■ 9,199 部 ■■


今まで、「幕末」や「明治」のニッポン人達の志について述べてきましたが、これらの「志」に通じるものが「侍の志」です。ではこの「侍の志」とは何でありましょうか。

それは人への思いやりを持って人の為、世の為に公の精神を持って生きると言う志です。つまり、「背私奉公」の精神を持って生きると言うことです。そして今の日本人に一番欠けているのがこの精神なのです。

政治家達は今、民主党がご多分に漏れずごたごたしているように、日本国の命運を考えずに己の権力欲を満たすだけに汲々とし、財界の人々は国の在り方に考えが及ばず只、経済だけのことを考え、マスコミの人々はそのような政治家を批判することだけに集中している。

これが現在の日本国の姿であり、正に、右翼の街宣車がよくスピーカーから流している「日本青年の歌」の2番の「権門上に傲れども国を憂うる誠なし財閥富を誇れども社稷を思う心なし」の通りの世情となっております。
http://www.d1.dion.ne.jp/~j_kihira/band/midi/seinen.html

このような世情をいつまでも許しておいてよいのでありましようか。いつまでも許しておくと、戦前の大正から昭和初期のように今までの左翼に取り代って右翼が台頭していき、我が国から議会制が無くなっていく恐れが無いとも言えません。

どうか、「侍の志」を持った政治家が現れてそのような人物が総理大臣になることを祈っております。これは現在のニッポンを憂うる人々の誰もが祈っていることでありましょう。

■無法松の戯言■

ついに、あの小沢さんが民主党を乗っ取る為に動き出されましたが、もし、小沢さんが総理大臣になった場合はそれこそ恐ろしい事態であり、それから考えればまだ、菅さんが総理大臣の方がましであるということでしょうか。?

無法松がこのようなことを平気で全国どころか全世界に発信できる今の時代に私は一応感謝はしておりますが、平成の独裁者こと小沢一郎さんが総理大臣になったらどうなるのでしょうか。

無法松は小沢さんが総理大臣になることは考えるだけでも恐ろしいので、そのようなことを予想しておりませんが、どちらにしてもこれで民主党がぶっ壊れていくことは間違いないでしょう。

そしてそれと共に、自民党も巻き込まれてぶっ壊れ、いよいよ戦後65年にして我が国の政治体制は大きな曲がり角を迎えることでありましょう。これがこの秋からの予想される政治の動きであり、今年中に衆議院の解散・総選挙も大いに有り得る状況となって参りました。

----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://www.melma.com/mag/56/m00000256/
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
-----------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。