国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.1724 幕末のロマンを感ずる(天下の無法松)

2010/08/09

■■■■ JOG Wing ■■ 国際派日本人の情報ファイル ■■■■

       天下の無法松「大東亜戦争前の日本の姿シリーズ」
               第7弾「幕末のロマンを感ずる」

■■転送歓迎■■ No.1724 ■■ H22.08.09 ■■ 9,176 部 ■■


先週まで「大正ロマン」について述べてきましたが、今週は「幕末のロマン」について述べたいと思います。

無法松にとっては大東亜戦争前とは今龍馬で流行りの「幕末」にまで遡ります。それはこの「幕末」からの日本史を考えなければ、日本の近代化のことは解らず、日本の将来を考えるには日本の近代化の在り方を知る、つまりその「幕末」からの歴史を知る必要があるからです。

ところで、この「幕末」の歴史には「昭和」の歴史と違って、左翼も右翼も保守もミーハー?も区別無く皆、日本人は「ロマン」を感じているようで、無法松は昔からなぜなのだろうかと思っております。

それは、端的に言うと、「幕末」の歴史には日本側の侵略?が無く、逆に日本は欧米からの侵略の危機に怯えていたという歴史から来るのであろうと考えられますが、ともかく歴史に「ロマン」を感じるのは良いことだと無法松は思います。

この「ロマン」を戦前の「昭和」に対しても感じるようになれば少しは日本が復活していく兆しを見せていくのではないかと思いますが、まだまだこれには10年以上の年月が必要なようです。(歴女ブームなどではとても日本復活には繋がってはいかないでありましょう。)

■無法松の戯言■

先週は90歳以上になるお年寄り達の行方が分からなくなっているという事件?が相次ぎましたが、これはやはり家族の崩壊が現実に進んでいるということだと考えられます。それもこの事件は今から20年以上前から起きており、つまり、昭和の末期からすでに日本人の家族の崩壊は進んでいっているということであります。

このことを実感しない日本人は今や居ないと無法松は思っておりますが、無法松の周りにも数多くそのような例が見受けられます。

社会を形作っている最少単位が家族であることは左翼の人々でさえ否定できない事実ではありますが、この家族が崩壊していくとそれは社会の崩壊であり、日本国の崩壊であります。

この家族の崩壊をどうやって防いでいくかという方法については左翼と右翼、保守とそれぞれ意見が異なっていくでありましょうが、まず、絶対に「家族の崩壊」を防いで、より良き家族を築いていかなければなりません。その為にも、御皇室の御役割は益々、大切になっていくでありましょう。

----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://www.melma.com/mag/56/m00000256/
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
-----------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。