国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.1716 右翼の実態(天下の無法松)

2010/07/19

■■■■ JOG Wing ■■ 国際派日本人の情報ファイル ■■■■

     天下の無法松「大東亜戦争前の日本の姿シリーズ」
                  第4弾「右翼の実態」
                                   
■■転送歓迎■■ No.1716 ■■ H22.07.19 ■■ 9,190 部 ■■


 前回は戦前の「左翼」について述べましたが、今週は戦前の「右翼」について述べたいと思います。

 戦前の「右翼」と言えば、一人一殺で有名な血盟団があり、そのリーダーである井上日召がおります。(血盟団:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E7%9B%9F%E5%9B%A3

 このWikipediaによるとあの日本赤軍派の重信房子の父親が何と血盟団の団員だったそうです。)

 この血盟団の他に2.26事件の思想的首謀者と言われている佐渡島出身の北一輝がおります。(北一輝:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E4%B8%80%E8%BC%9D )

 このような昭和の右翼は概して「国家社会主義者」が多く、これは社会主義の名が付いているように左翼と思想的には通ずるもので、無法松としてはあまりというか、歓迎すべき人々とは言えないものと思っております。

 それとは違って明治時代の右翼は玄洋社をはじめとしてその多くは社会主義とは全く関係が無く、頭山満や宮崎滔天をはじめとしてシナ大陸に革命の夢を抱いて、孫文に協力した人々がおりました。(玄洋社:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%84%E6%B4%8B%E7%A4%BE

 この中で、レーニンのロシア革命に協力して日露戦争において日本の勝利に大きく貢献した明石元二郎も玄洋社の社員であったことを無法松ははじめて知りました。)

 ともかく、戦後も戦前と同様に端的に言うと、「左翼」とは君主制を否定する人々を指し、「右翼」とは君主制を守ろうとする人々を指し、この「左翼」・「右翼」の人々は今の日本にも存在しますが、無法松はこの区別の他に「保守」を入れたいと思っております。(昭和の右翼には「天皇」の名を呼びながらも、その「天皇」を輔弼する人々を一方的に暗殺し、必ずしも「天皇」つまり当時の「昭和天皇」のご意志にそぐわない人々も居たようです。)

 この「保守」とは君主制を守りますが、政治体制が堕落してきたらその政治体制を革新していく人々を指すものと無法松は考えております。ですから、革新できない、ただ左翼の人々を批判するだけの人々は保守では無く、それは「右翼」であると無法松は考えております。(幕末の志士達はこの保守の人々であったと無法松は考えておりますが、その革新方法は昭和の左翼に近い右翼の人々とは全く懸け離れたものでした。)

■無法松の戯言■

 皆さん、やっと日本列島は梅雨が明けてきましたが、如何にお過ごしでしょうか。無法松も選挙の予想が当たって元気に過ごしておりますが、これは誰もが予想されたことで、予想できなかったのは当の民主党の皆様方だけでしょう。ともかく、次の選挙(解散総選挙?)では自民党のみならず民主党を解党にまで追い込み、一刻も早く日本を救わなければ明日の日本はありません。

 そして、40代以下の若人の皆様方にはその後の日本を再建していくことのできる力を蓄えておいて下さい。破壊の後は、再建です。その再建は確実に可能です。それは今、日本人の知らないところで世界的に日本ブームがおきているところから分かります。

 無法松がキーを打っている17日(土)の夜10時30分からのテレビ東京で放映している「ミューズの番組」ではハープを演奏するフランス女性が日本語で歌を歌っておりました。その女性は日本のスタジオジブリと言う会社が請け負っているアニメ(宮崎駿のアニメが多く、無法松はあまり好きではありませんが)に興味を持って、日本語で歌いたいと言ってその番組では日本語で歌っておりました。

 このような日本びいきの外国人達は反日日本人達とは逆に確実に増えており、その様な人々に日本国の、日本人の素晴らしさを知らせていく必要が絶対にあります。その為にも日本の若人の人々には是非とも頑張って戴かなければなりません。

----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://www.melma.com/mag/56/m00000256/
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
-----------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。