国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.1705 戦後体制とは(天下の無法松)

2010/06/21

■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル ■■■

     天下の無法松「大東亜戦争後の日本の姿シリーズ」
                第10弾「戦後体制とは」
                                                  
■転送歓迎■ No.1705 ■ H22.06.21 ■ 9,171 部 ■■■■


 先々週より、故前総理の「吉田茂」氏について述べましたが、今回は大東亜戦争後の昭和20年8月15日以降より現在に至る「戦後体制」そのものについて無法松の考えを述べたいと思います。

 以前、山口県下関市出身のある前総理大臣はしきりに「戦後レジューム」などと、日本語と英語?をドッキングさせた?和製英語を使っておられました(現在も使っておられるようですが。)

 所謂、「戦後体制」と言うものは大東亜戦争で我が国が米国に負けて米国のGHQ(General headquarters連合国(軍)最高司令官総司令部(最高司令官ダグラス・マッカーサー))が我が国の主権を奪って「日本国憲法」なる疑似憲法の草案を作成してそれを紛れもなく日本国の憲法であった大日本帝国憲法を廃止させて新しい憲法?として制定させて今日に至っている政治体制を言います。

 つまり、現在まで続いている「戦後体制」と言うものは「日本国憲法体制」と言ってもよいもので、本来は「憲法」ではないものを「憲法」として崇めているにすぎない政治体制、つまり、精神的には「偽り」を「偽り」では無いと「日本国憲法」が制定されて以来、国家が国民に「大嘘」をついている時代を言います。

 よってこのような「戦後体制」においては、ニヒリズムが横行し、それが遠因となって自殺者が増大し、また他方では強盗・殺人が増大して現在に至っております。

 本来は政治家達がこのような事態を早急に解決して、一時も早く、日本国が本来の「ニッポン」の姿を取り戻さなければならないのですが、「吉田茂」故前総理以来、戦後において一番大きなこの問題が放置されたままになっているのです。これが戦後の政治屋達の怠慢でなくて何でありましょうか。怠慢罪と言うものがあれば、戦後の国会議員達はその殆どが怠慢罪で既に留置所に入っているでありましょう。(これが「吉田茂」の負の遺産と言われるもので最も大きなものだと無法松は思います。)


■無法松の戯言■

 いよいよ、天下分け目の参議院選挙が近づいて参りましたが、皆様は誰に投票するか既に決められておられますでしょうか。

 無法松は前回、小選挙区ではまだ決めてはいないもの、比例区ではある人に投票することを決めておると述べました。それは「山谷えり子」という参議院議員です。

 この方は、拉致事件で安倍前総理と共に活躍され、それ以上に人にとって最も大切な教育の改革をなされ、また、夫婦別姓問題のみならず、外国人参政権問題においても自民党の最先端を行って活動され、人間的にも大変素晴らしい方であります。

 国会議員の中には思想は保守的でも、その人間性はどうも、と言う方が少なくないようで、昔、ある政治屋さんが「政治家に道徳を求めるのは八百屋で魚を求めるようなものだ。」と言った方がおられましたが、良く考えてみるとそのような物言いはやはり間違っており、少なくとも国民は国会議員には「ある程度の人間性」つまり、人としての誠実性を求めなければならないのではないでしょうか。

 そうすれば、そのような求めに応じることのできる人が国会議員になって、国家の大問題を解決していくのではないでしょうか。(このことは国会議員だけでなく、県会議員や市議会議員、村会議員に至るまで皆、同じでありましょう。)

 どうでしょうか。無法松のこの考えは間違っているでありましょうか。もし、ご反論のある方は無法松へご返事を戴けますよう宜しくお願い申し上げます。


-----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://www.melma.com/mag/56/m00000256/
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。