国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.1678 昭和20年8月15日(天下の無法松)

2010/04/12

■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル ■■■

  天下の無法松「大東亜戦争後の日本の姿シリーズ」第1弾
                「昭和20年8月15日」
                                                  
■転送歓迎■ No.1678 ■ H22.04.12 ■ 9,232 部 ■■■■


 昭和20年8月15日、これは言わずとも知られている終戦記念日です。では何の終戦でしょう。それは大東亜戦争と言う戦争の終戦です。

 ところで、大東亜戦争と言う戦争を若い皆さんはご存じでしょうか。これはこの戦争が終わった後でいまだに太平洋戦争とか言われている戦争のことです。

 なぜ、太平洋戦争を無法松は大東亜戦争と言っているのかと言いますと、日本は昭和20年8月15日以前に米国と戦った戦争は太平洋戦争では無く、大東亜戦争と言う戦争だからです。

 その大東亜戦争を戦後は太平洋戦争と呼ぶように米国にご指導?戴き、戦後の日本人達は皆、太平洋戦争と言っているのですが、それはいまだに日本が米国から精神的に独立していない証拠なのです。
 では米国が大東亜戦争を太平洋戦争と呼ばせた理由ですが、それはあの戦争を大東亜戦争と日本側に言われることを米国が嫌ったからです。つまり、大東亜戦争と言う名称には亜細亜を開放する聖戦と言う意味があり、それが米国には気に食わなかったからなのです。
 あの戦争には戦後になって多くの人々の間で喧々諤々の論争が今でも続いておりますが、そのような論争には全く関係なく、大東亜戦争は大東亜戦争なのです。それを日本人が太平洋戦争と呼ぶのは全くの偽善であり、戦後の日本人達が精神的に米国と言うよりも全世界から独立できていない、つまり世界と言うものを自覚できない島国根性から全く抜け出せていないと言うことなのです。

 このようなことは大東亜戦争と言う名称だけでなく、北朝鮮と言う国にも当てはまります。

 そうです、見事に自民党をぶっ壊されたあの小泉前総理が、北朝鮮に行かれ、拉致された人々を北朝鮮から解放してその人々が飛行機のタラップを降りた瞬間から、テレビジョンに出てくる人々全員がそれまで、「北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国」と言ってのを止めて、いきなり「北朝鮮」だけになっのです。

 これには無法松は驚いたと言うよりは笑っちゃいましたが、なぜ、それまで「北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国」と言っていたのかと言いますと、これは以前、無法松がこのメルマガで語ったかと思いますが、「北朝鮮」とだけ言うと「在日本朝鮮人総聯合会」(略称:朝鮮総連)から暴力による抗議を受け、その暴力によって戦後の日本のマスゴミの皆様は「北朝鮮」を「北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国」とお呼びになられていたのです。

 ですから、戦後の日本のマスゴミを誘導するには暴力を使えば良いのです。(いずれ、このまま行けば、日本国自体が米国に代わって、北京政府の暴力によって左右されていくことでしょう。)

 日本以外の国と違って、特に戦後の日本人達は暴力に弱いので、口では暴力反対と言っても(皆様ご存じの通り、小倉では今、これが流行っております。)、その性根は暴力を使う人々には見透かされており、結局のところ暴力に今でも負けております。

 そして、暴力に弱いと言うことは暴力を認めると言うことで、暴力に勝つには言葉だけでなく、最終的には暴力を行使すると言うことも考えておかなければなりません。その暴力を行使する機関が国内では警察であり、国際的には軍隊なのです。(戦後の日本には軍隊はありません。自衛隊は軍隊ではありません。)

 こう言うと、警察や軍隊は暴力を行使する機関では無いと言う人が必ず出て参りますが、そのようなことを言われる人々は国家権力と言うものを全くご存じの無い方で、警察や軍隊は国民が一人一人ばらばらになって暴力に立ち向かうのでは無く、一人一人の国民に代わって国家が国家を守る為に暴力を行使する機関なのです。(所詮、人間社会から暴力は半永久的?に無くならないのでしょう。)

 以上のようなことを言うのは戦後のタブーの一つなのですが、無法松は日本一の天邪鬼ですから、死ぬまでこのことを言い続けて参りますので、もし良ければこのメルマガをこれからも読んでやって下さい。

■天下の無法松より一言■

 前々回より、色々の写真を皆様にお見せしたいと言っておりますが、今回もまた、間に合いませんでしたので、次回?までお待ち下さい。

 それにしても今年の桜は往生際が悪い?です。いまだに、咲いております。先週から、散るには散っておりますが、風が弱い為か、気温が低かった為か、いまだに枝には花びらが残っております。

 まあ、桜好きな人には良きことかもしれませんが、やはり桜には散るときには散って欲しいものです。それがニッポン人にとっての桜と言うものでしょう。そしてそれが、今でも多くのニッポン人達が侍精神を持ち続けていると信じたい無法松や、国を真に憂うることのできる人々の思いでしょう。

 話は変わりますが、先日、ある家庭崩壊していると思われる家を訪問したところ、やはり、崩壊しており、玄関が開いていたので見てみると、靴は子供の靴だけでなく、ハイヒールまで無残に脱ぎ捨ててありました。もう駄目です。命よりも大切なことを教えることのできない、この単なる偽善的な平和な時代が続いたら、家庭崩壊どころか国家崩壊となります。

 右翼や保守派と呼ばれる人々が今、「夫婦別姓」や「外国人参政権」のことを訴えておられますが、もはやそのような法律が通ること無しに、すでに国家は崩壊しようとしております。

 無法松は今、肉体的にも疲れておりますが、このメルマガだけは一所懸命頑張って参りますので、これからもご声援下さい。

-----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://www.melma.com/mag/56/m00000256/
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/04/12

    応援しております。がんばって下さい。A子

  • 名無しさん2010/04/12

    よく言ってくださった。こういう事は言い続けないと無関心なものには理解されません。今後もめげずに頑張ってください。

    小生は82歳のバリバリの戦中派。シナとの情報・心理戦に連戦連敗を嘆いています。

  • 名無しさん2010/04/12

    家庭崩壊のお話 本当に仰る通りだと思います。悲しい事ですが