国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.1677 国歌斉唱で声が小さいことを注意した橋下知事(丸山公紀)

2010/04/09

■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル ■■■

     国歌斉唱で声が小さいことを注意した橋下知事

                                              丸山公紀
■転送歓迎■ No.1677 ■ H22.04.09 ■ 9,242 部 ■■■■


 府市再編など、なかなか常人では理解不能な突進力のある橋下知事であるが、大阪府の新規採用職員任命式で国歌斉唱を次第で入れ、なお且つ、声が小さいことを一喝し、「国家のもとで仕事をするのだから、国歌はきちんと歌うのが義務」であるとして、これからもことあるごとに国歌斉唱をしていくと指示したことは大いに喝采したい。

 斉唱の声が小さければ、その場で注意することもなかなか学校現場でもしないし、親もしないものだが、間髪を入れずに注意をすることは職員の教育上もいいことだ。

 新規職員も反発をするどころか、これから歌えるように努力をしたいとの発言があり、要は教育なのだと思う。

 それにしてもこれまで任命式で国歌斉唱されてこなかったことの方が驚きである。
 

[産経ニュース 2010.4.1 12:04より抜粋]

●【新年度】橋下知事が任命式の君が代斉唱に「声が小さい!」

 大阪府の新規採用職員任命式が1日、大阪市中央区の府庁新別館で開かれた。今年度から式典の開会にあわせて国歌斉唱を導入。橋下徹知事は「声が小さい」と一喝。「みなさんは国家のもとで仕事をするのだから、思想信条の自由とかいっている場合ではない。国歌はきちんと歌うのが義務」と早速、新職員に橋下流の洗礼を浴びせた。


■橋下家の子供も歌えず

 任命式では例年、国歌斉唱は行われていなかったが、橋下知事からの指示を受けて実施することに。今年は新たに137人が入庁。国歌を歌っている職員も、そうでない職員もいたが、みな緊張した面持ちで式典に臨んでいた。

 訓示のなかで、橋下知事は「うちの子供が国歌を歌えなくてびっくりした。みなさんは公務員になって憲法を順守すると誓った。国家のもとで仕事をするのだから、国家国民を意識しないといけない。これからはことあるごとに国歌斉唱をしていきます」と訴えた。



-----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://www.melma.com/mag/56/m00000256/
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/04/09

    国歌は国家に通ず。

  • 名無しさん2010/04/09

    何時も感動を以って勉強させてもらっています。

    処で、天皇、皇后を国家の象徴と仰ぎ、日本国旗に敬意を払い、国歌をプライドを持って歌うのは憲法に定める国民の当然の義務である。

    将来、是非橋下知事のような人物が日本国家の代表者になって貰いたい。

    それらのことに照らせば、鳩山総理を始め民主党の言動パターンは日本国の政党にあらず。