国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.1674 長野聖火リレーで信用されなくなった警察(「台湾は日本の生命線!」)

2010/04/02

■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル ■■■

       長野聖火リレーで信用されなくなった警察

                             「台湾は日本の生命線!」
■転送歓迎■ No.1674 ■ H22.04.02 ■ 9,238 部 ■■■■


(伊勢雅臣)
 国際派日本人養成講座642号「太平洋侵出を狙う中国の「悪の論理」では、次のような一節を書きました。

------------------------------------------------------
 しかし、独裁国家中国は、政府批判をしただけで投獄する
ような国である。その属国となれば、今の民主党内の小沢独
裁のような状況が日本全体を覆うだろう。また脱税・賄賂は
日常茶飯事という国柄でもあるから、その属国になれば、鳩
山政権のような巨額脱税や違法献金、国費の使い込みなどが
国全体に広まるだろう。

 その上に、今の中国の反日歴史教育を当然、属国にも要求
してくるだろうから、今後の日本人はすべて前科者として洗
脳されていくことになる。中国の属国となって幸せになるの
は、傀儡政権と与党党員という特権階級だけだろう。
-------------------------------------------------------
http://archive.mag2.com/0000000699/20100328080000000.html

 そして、警察も独裁者の手下として、恣意的に使われるでしょう。その恐れは、現実となりつつあります。


*************************************************************************
        
          メルマガ版「台湾は日本の生命線!」

中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。
もしこの島が「中国の不沈空母」と化せば日本は・・・。中国膨張主義に目を向けよ!

ブログ「台湾は日本の生命線!」 http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/

*************************************************************************
全国警官は民主党ボイコットを!―社会の安全を中国人から守れ

ブログでは関連写真も↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1094.html

■長野聖火リレーで信用されなくなった警察   

警察職員向けの月刊誌「BAN」四月号(教育システム)にコラムニスト、勝谷誠彦氏のコラムが掲載されている。タイトルは「警察の信頼」。

―――「警察が信用できない」。最近、周りから良く聞こえて来る声である。

―――きっかけは、北京五輪の聖火リレーだった。

―――長野市の善光寺の義侠心ある若き僧侶たちが、チベットの人々を弾圧している中国の聖火を同じ仏教徒として境内に入れるわけにいかないとして、リレーのスタート地点となることを拒んだ。

―――多くの日本人の若者たちがそれを意気に感じて、チベットの雪山獅子旗(亡命政府の旗)を持って沿道に集まった。

―――これに対して中国政府は明らかに動員をかけて留学生を同じ場所に集結させた。

―――当然、争いが起きる。若き日本人たちは唖然とした。そうした場所で警備に当たる警察官は「明らかに中国人側に立った」のだ。

―――それ以来、日本の警察は信用されず、軽蔑されていることが分かる。

―――この深刻な事態を当局はもっと知るべきである。

このようなことが書かれている。

■過剰警備で思い出されてならない「長野」

私も当時、長野市に集まった一人だが、やはり警察官が中国人の群集より日本人の群集ばかりを規制するのを目撃した。

ある警察官に「なぜ彼らを放置するのか。警備の人数が足りないからか」と聞くと、「そうだ」とのんびり笑っていたのを覚えている。

私の仲間の女性は中国人たちに囲まれ、蹴られたうえに持参のチベット旗を引き裂かれ、旗竿も折られた。警察官は彼女を救出したが、目の前で狼藉を働く中国人を咎めることはなかった。

その後都内で、来訪中の胡錦濤主席や習近平副主席に対する抗議デモに参加しているが、我々に対する警察の、不必要とまで言える厳重な警備体制を見るたび、思い出されてならないのが「長野」である。

■中国人の狼藉を前に涙流した誇り高き警官

そこで私は抗議の群集を囲み込む若い警察官たちに向かい、「長野のざまは何か」「それでも日本の警察か」「それで中国人犯罪を防げるのか」と批判するのだが、彼らは一様に悔しそうな表情で押し黙るのだ。つまり「長野」の一件を、やはり恥と思っているのである。

実際に長野の現場でも、上からの命令で中国人の狼藉を拱手傍観するしかない悔しさで、涙を流す警察官たちがいた。そのような目撃談を私も二つほど聞いている。その後、警察の現状に失望して辞職した者もいたとの話も聞いた。

これが普通の警察官と言うものだろう。体を張って治安を守る彼らには高い誇りがあるのある。

だがそれは知っていてもなお私は、「長野のざまは何か」と言わざるを得ない。なぜなら私もまた、「この深刻な事態を当局はもっと知るべき」と思っているからだ。

■本国の操作受ける中国人に選挙権が

長野で警察は福田首相から「留学生は逮捕するな」と指示されていたようだ。産経新聞は、「中国の胡錦濤国家主席との首脳会談を控える福田康夫首相にとって聖火リレーの成功は必須条件だった。長野県や県警には、官邸サイドから『万全を期すように』と強い意向が伝えられていた」との「複数の政府筋」の証言を報じている。

こうした福田政権の中国迎合姿勢の結果、「警察の信頼」が失墜したと言うことではないのか。「当局はもっと知るべき」とはこのことである。

さて、我々が長野で目撃したものには、さらに在日中国人に対する中国政府の影響力がある。

中国大使館には国家の利益、戦略のため、この日本の地において、大量の自国民をいかようにも操作する力があることを思い知らされたわけだが、こともあろうに今日の民主党政権は、こうした在日中国人のうち、すでに十万人を超え、今後も増加一方の永住中国人に選挙権を与えようとしているのである。

外国人地方参政権付与法案を国会に提出しようとする動きがそれだ。

■祖国のために参政権求める在日中国人

すでに民主党政権の発足に合わせ、参政権を求める在日中国人のグループの動きは活発化しているところだ。在日中国人メディアの「日本僑報」(一月二十七日)はそのグループの主張が掲載されていた。

それは「百万の中国人時代の到来を迎えるため、祖国のさらなる繁栄と富強のため」として、日本での参政権獲得を在日の同胞たちに訴えるものだった。

何も臆することなく、中国の国益、あるいは間もなく百万人に達する在日中国人の利益のため、日本の選挙権が必要だと言っているのだ。しかもこの主張は複数の中国御用メディアにも転載されているから、中国政府のものであるとも見ることができる。

これまで利益誘導を通じて日本の政治家に影響力を及ぼしてきた中国政府だ。在日中国人の選挙権行使を通じ、地方の議員、政治に大きな影響を与えようと思わないわけがないのである。

■警官はこの状況に耐えられるか

ますます増える在日中国人の存在は、警察にとっては多大な脅威であるが、永住中国人たちが中国政府の操作の下、その民族勢力を代表して選挙権を行使することになれば、地方の政治家、議会に対し、さまざまな圧力をかけることも可能となるだろう。

対中国の国防最前線とも言うべき与那国島の与那国町(有権者数はわずか千三百人)に住所を移し、島の防衛に悪影響を及ぼすことが予測される。そうなれば現在島を防衛する「兵力」である、わずか二人の警察官はさぞや不安なことだろう。これなどはまさに象徴的な事例である。

民主党は地方選挙権とともに、公安委員会委員の解職請求権も外国人に与える考えと見られている。警察を管理する公安委員会に在日中国人が関与すると言うのも穏やかではない。

地方政治に対する影響力は、国政に対する影響力へと発展する。中国政府の真の狙いは地方政治ではなく国政を左右することだ。日本の政治はますます中国政府の影響下に置かれる方向へと向かおう。

警察もまた同様である。しかし誇りある警察官は、このような状況に耐えることができるか。

「レメンバー長野」「ノーモア長野」だ。そして「民主党ボイコット」だ。

■認識すべき民主党の危険性

国を守りたい一念からであろう、さきごろ陸上自衛隊の中沢剛連隊長が日米合同演習において、「同盟と言うものは外交や政治的な美辞麗句だけで維持されるものではなく、ましてや『信頼してくれ』などと言う言葉だけで維持されるものではない」と訓示した。

これを受けて激怒したのが北沢防衛相だ。鳩山首相の「トラストミー」発言を揶揄したとして、「クーデターに繋がる極めて危険な思想だ」と罵倒するなどの過剰反応を見せたのは、やはり日米同盟を空洞化させていることに、民主党政権としては後ろめたさがあったからではないか。

日米間の信頼を損ない、同盟関係を揺るがすこの政権は、やはり中国の影響を被っているとしか思えない。

そこで全国三十万人の警察官も参議院選挙を前に「有権者」として、在日中国人の選挙権を与えようとする民主党政権に反対の圧力を加えるべきだ。たしかに政治活動は禁止されてはいるが、それに抵触しない合法的な方法はさまざまあるのではないか。

同法案が可決されることで、社会の治安が大きなダメージを受けるとの認識を広く確立するだけでも、そうした動きは民主党議員に対して何らかの圧力を形成するかも知れない。

■民主党政権は警察を敵視している

警察官の家族、OBも民主党政権打倒の声を上げるべきだ。

警察官及びその関係者が社会の安全、治安の維持の観点から民主党政権を危ぶんでいると言うことが世の中に伝われば、国民の多くも「それは大変だ」と、危機感を共有するに至るだろう。

ただでさえ民主党政権は警察を敵視する左翼政権である。取り調べ可視化法案などはまさに、反警察の左翼情念が生んだものと思われる。そして左翼だからこそ、日米同盟を揺るがす一方で在日中国人に選挙権を与え、この国を弱体化させようとするのだ。

こうした悪辣なる売国勢力を罰する法律のないことだけが無念である。

警察官よ、立ち上がれ。国を憂える我々一般国民も必ず呼応することだろう。

【追記】「BAN」四月号には、「問われる外国人参政権の危険性」との記事もある。的確でわかりやすく、とても有益な内容だ。


*************************************************************************

メルマガ版「台湾は日本の生命線!」

登録・バックナンバー
http://www.melma.com/backnumber_174014/ 

発行 永山英樹(台湾研究フォーラム)

運動拡大のため転載自由 

ご意見等: mamoretaiwan@gmail.com 


-----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://www.melma.com/mag/56/m00000256/
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/04/02

    http://www51.tok2.com/home/slicer93190/10-4423.html

    ・・・・・・・・・・・・

    最近スターゲイト情報が時々見られます。



    Mail 422の そもそも「天岩戸」とは一體何なのか 映畫「スターゲイト」に其れをみるという卍と十と六芒星さん情報が、それと関係あるのかもです。



    なにせ、空でUFOの目撃が増えています。



    空に人々が注目せざるを得ないということは、逆読みすれば 地下に彼らがいて、地下から地上に出現してきては、人類を操っているのかも。



    世界権力奥の院は、地下の基地についての情報を得ていて、そこを攻撃したくなると、地上で人間同士の戦争を起こして、そのどさくさに、地下を攻撃しているのかもです。



    ソマリア沖に集結した、地球軍も地下の月人の基地を攻撃しているのではないかと思われます。



    なにせ、重器を持たず、小型ボートしか持たない海賊相手に、世界中の軍艦が集結すること自体が異常です。



    それも、敵味方関係無く、軍艦が集まっています。



    つまり、これらの軍艦は、地球上で敵・味方と別れているように見えても、敵味方を超えたもっと上の存在から命令を受けたのでしょう。



    ということは、地球の上の 国も、西側や東側という区別も、関係ないのかもですね。



    ただ、戦争を起こすには、国同士が戦うという構図のほうが人間を納得させやすいのでそのような区別が作ってあるのかも。



    民主党も、過去にはソマリアに軍艦を派遣するのに反対していたのに、政権をとると、すんなり派遣に賛成しています。



    政治の世界も、自民党だとか民主党だとか、どちらの政党が正しいか、などと考えるのは時間の無駄かも。



    みんな、裏では繋がっていて、何も知らないわれわれを騙しているのかも。