国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.1670 あっぱれ亀井静香(MoMotarou放送局)

2010/03/24

■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル ■■■

                  あっぱれ亀井静香

                                      MoMotarou放送局
■転送歓迎■ No.1670 ■ H22.03.24 ■ 9,230 部 ■■■■


1//∞//平成二十二年////////2668//////2010////
      「朝の早起きはお国を興す第一歩」



    <<< JOKK-WAHAHA, こちらMoMotarou放送局です。>>>
     
 
          みなさん、こんにちは。。。
               MoM放送局のMoMotarouです。



 【あっぱれ亀井静香】

   写す側のマスコミがプレているからそう見え
  るんですよ。彼の考えは一貫しているし、些事
  構わずの人です。宇宙人だからね。

   ・・・でもこの政権は倒れません。宇宙遊泳
  しているから。

       亀井静香 国民新党党首


         ★

 亀井静香さんが頑張っております。最初は「魂を売ったか、亀井!」と思っておりましたが、流石ですね。夫婦別姓に反対、在日外国人参政権にも反対、子供手当にも疑問を持っていたことがよくわかります。「週刊文春2010年3月25日号」より、その部分を拾ってみましょう。
  http://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/index.htm

■子ども手当の狙い
 この手当が五月の参議院選挙の為であることは明白であります。しかしその裏に隠された我国の民族性と違った理念があるのを見ぬいておりますね。

(引用開始)

 記者;衆議院で可決した「子ども手当」の支給法案には、財源の問題を懸念する声が少なくない。

 亀井;「ええ、もともと私も反対していました。この制度の
     趣旨として、民主党は子供を社会的な存在としてい
     ます。たしかにその面もあるけれど、(かわりに扶
     養控除を廃止するなど)親子の関係を無視している
     のではないかと。所得制限をかけるべきだとも言い
     ました。(後略) (終)

 財政面から:「子供手当の正体」
      http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1108.html

 思想面から;「子ども手当は育児支援でも少子化対策でもない
       背後にあるのは、常識では理解できないイデオロギー」
      http://www.seisaku-center.net/modules/wordpress/index.php?p=665

■マスコミも騙されている
 日本政策研究センターでの研究から判明しました。「子ども手当」というと子育てのための費用を親に配るというのではありません。少子化対策はカモフラージュです。

 “中学卒業(義務教育)までの「普遍的な手当」は、子供から労働機会を奪っていることに対する国家の「補償」である”いう考え方が根本にあるのです。

 亀井発言の中の「民主党は子供を社会的な存在としています」の部分がこの事さしています。


■大沢真理(東大教授)が指導
 大沢真理著『男女共同参画社会をつくる』(平成十四年出版)

(以下、日本政策研究センターHPより転載)
 ・・・注目されるのは、所得制限のない「普遍的な児童手当」の趣旨
  についての大沢氏の次の解説である。 

 「普遍的児童手当の趣旨は、親にたいする出産奨励や育児支援ではない。

  というのも、まず、国家は児童労働を禁止し義務教育制度をとって児童
 の稼働機会を閉ざしているのだから、児童にたいして補償すべきである。

  しかも、児童は健やかに育ち教育を身につけることによって、将来の社
 会の担い手となる。

  次世代の成長と社会の持続可能性が、現在の生産年齢人口の全員にとっ
 て肝要な関心事であることを、普遍的な児童手当は制度として表現する」

  つまり、中学卒業までの「普遍的な手当」は、子供から労働機会を奪っ
 ていることに対する国家の「補償」であると同時に、「次世代の成長と社
 会の持続可能性」への社会の関心の証であって、少子化対策でもなければ
 育児支援ですらないと言うわけだ。

  かつてマルクスやエンゲルスは、家族の廃止を展望して子供の養育を
 家族から社会の手に移す必要があると唱えたが、大沢氏の提言に共産主
 義的な意味での「子育ての社会化」の意図を指摘するのは穿ちすぎだろ
 うか。

  少なくともここには、子供を育む場として家庭、あるいは子供が健や
 かに育つために大切な母性や親子の絆への配慮といった視線は微塵も感
 じられない。(終)

■政治の力
 恐ろしや!であります。着々と社会主義化政策が練られておりますね。大沢真理と亀井静香さんとは因縁の対決でもあります。

 男女共同参画局は内閣府にあります。あっという間に予算11兆円を持つ巨大官庁になっております。ここと日教組が統一戦線を水面下でとれば、日本民族の「民族浄化」も可能でありましょう。

 ここで改めて「男女共同参画社会基本法(平成11年)」の成立が、日本の左翼陣営を勢いづけたのかと驚くのです。

 おそらく、日本民族にとって、歴史的にも大変危険な状況が出現してきているのでしょう。

  JOG・WING1499「可笑しな事」ーーー国籍法改悪
  http://www.melma.com/backnumber_256_4299913/



     それでは、また、ごきげんよう!   
         JOKK−WAHAHA^^ こちらMoM放送局です!
        http://jp.youtube.com/momotarou100 


 *資料:「読者への手紙」東京近代史研究所 
         http://www3.plala.or.jp/tkyokinken/letter.htm
     
    「正論より大声」ドロンパ
      http://www.youtube.com/watch?v=C3E9QYTHbnU
  

 *「外務官僚の背骨」渡部亮次郎 −ハンディキャップ国家論
  http://momotarou100.iza.ne.jp/blog/entry/485200 
 
 お勧めサイト
 ・杜父魚(かじか)文庫ブログ
  「東北の馬の由来はツングース系 古沢襄」 
  http://www.kajika.net/wp/archives/501
 ・「子ども手当、黒マグロ禁輸関連ニュース[桜H22/3/18]」
  http://www.youtube.com/watch?v=UncdGMx17yM
   
  ・【報告】 3・19 史上初! 国連への抗議活動 (在特会)
  http://ameblo.jp/doronpa01/entry-10486202723.html 
 ・「国民自重の心」小泉信三
  http://momotarou100.iza.ne.jp/blog/entry/470460/
     ★     ★     ★

■ 謀略
  「スパイの一番大きな目的は、相手国の国策を誤らせる事に
ある。(中略)とにかく大東亜戦争で日本は国際謀略というも
のに引っ掛かって敗北した。謀略に対して暗かったという、
日本の不明がある。決して物量に敗れたとか何とかというよう
な簡単なものではないということを、諸君達は知っておいてよ
ろしい」
         ---安岡正篤;「続人間維新」より
         関西師友協会 http://www.siyukai.org/

■大日本史ー在日編
   http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2463/
■右翼の正体
   http://www.geocities.jp/uyoku33/

       <<< MoMotarou放送局 >>放送中!
        http://www.otogimura.com/
    
/////////////////////☆/////


-----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://www.melma.com/mag/56/m00000256/
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/03/24

     シオンの賢人議定書を読んでいくと、最終的には、王国を築くことと書かれている。そこで、問題となるのはこの王国の姿である。良く読むと、日本の皇室を中心にした日本の政治体制とよく似ている。基本的な経済政治体制も日本の経済体制と良く似ている。(ただし、このような日本の政治体制は、彼らにとっては不要であるので、現在の民主党、過去には小泉政権・公明党などをつかって破壊を進めている。)



     彼らの理想的な姿と同じようなものを日本民族がすでに実現しているのは気に入らないであろう。同じ様なものは、二ついらないし、彼らの目標のシステムが完全無欠であることを証明するには邪魔以外のなにものでもないからと考えられる。従って、現在の日本のこれらの組織は、彼らによって破壊されつつあると理解すれば良い。



     例えば、この王は、君臨すれども統治せずの色彩が濃いのである。基本的には、三人の賢人たちによって、選択し擁立される。加えて、これら三人の賢人たちによって、秘密の統治のノウハウが与えられる。



     面白いのは、王権神授説に準じた様相をしている。現在の皇室は、理想的な人物である演出をしているが、ユダヤ人たちの王国の王も大変な努力をさせられそうで、完全無欠の王を演出させられることである。



     おまけに、実質的な政治は、これら三人の賢人を中心にして、賢人会のメンバーによって運営されるようでる。経済的には、累進課税方式をとるし、会社の規模においても中間層を重視することとなっている。



     この点で、面白いのは、投資は良いが投機は禁止しているところである。なぜなら、ユダヤ人たちが、畜生と呼ぶ非ユダヤ人たちから、お金を奪い取るために作ったのが、自由市場とよぶ投機市場であったからである。シオンの賢人議定書を読む場合は、最終目標としている姿やシステムを掲載している後部から読むと、そこに彼らが王国を建設するに際して非ユダヤ人=畜生たちに施した賢人のメンバーをして、悪をしていると認識している内容がいかなる結果を将来して行くかを比較するように説明しているからである。



    http://13.pro.tok2.com/~space-age/shion/solmail03.htm