国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.1667 シオジイの預言(MoMotarou放送局)

2010/03/17

■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル ■

                      シオジイの預言

                                             MoMotarou放送局
■転送歓迎■ No.1667 ■ H22.03.17 ■ 9,236 部 ■■■■■■■


1//∞//平成二十二年////////2668//////2010////
      「朝の早起きはお国を興す第一歩」



    <<< JOKK-WAHAHA, こちらです。>>>
     
 
          みなさん、こんにちは。。。
               MoM放送局のMoMotarouです。


 【シオジイの預言】

  昭和二十二年制足された教育基本法は当時の占領軍の指
 図で充分な議論もなく、又、国の将来に重大な影響をもた
 らすであろう重要な国民的課題であることも意識せず、ま
 ことに拙速に成立したものであります。


  「教育基本法改正案成立について」

    関西師友協会名誉顧問
    元財務大臣       塩川 正十郎

 (関西師友協会創立五十周年記念特集号より、平成十九年)


            ★

(引き続き転載)
  昭和二十七年、サンフランシスコで平和条約が締結され
 て以後、国民はこの教育基本法に大きい不満を表しました。
 その理由は、教育行政について指示しているが、教育の理
 念や目標のなかに日本人の精神的要素が全く明示されずに、
 火星人のモデルを作るような法律になっていることにあり
 ます。

  これでは将来、日本人の魂が喪失するであろうことを憂
 えて改正を訴えてきました。昭和五十五年保守合同で自由
 民主党が誕生したときの立党宣言のなかで、憲法の改正と
 教育改善を最重要政策だと主張しています。爾来、教育問
 題は自由民主党政策のなかでたえず最大の宿題となってき
 たのであります。(終)


■「2010年宇宙の旅」
 もう皆さんもお気づきでしょう。「宇宙人」の出現は見事に預言されておりました。(笑)

  http://momotarou100.iza.ne.jp/blog/

 目が大きく、口が小さくて、動きが別々の総理も以前おりました。その総理が師と仰いでいましたのが徳富蘇峰氏でした。ある時、伝記作家の小島直記氏が対談で言っておりました。

 「徳富蘇峰の特徴を一言でいうなら、『変わる』という事でしょうか」

 その総理も「風向き」をよく見る人でしたが、わが国は方向を間違えてしまったようです。

  

■麻生以下
 「子供手当て」の対象に,外国に親が赴任して,日本の寮に残っている日本人の子供は出ないそうだ。逆に日本に出稼ぎに来ている外国人の親には本国へ残した子供にも学費がでるらしい。馬鹿も休み休み言えというものだ。直ちに鳩山を焼き鳥にせよ!

■不肖の娘
 高校無償化を朝鮮学校にも適用する?文教の委員長は田中真紀子だ。気でも狂ったのか?焼き鳥の串にでもなっていろ!(意味不明 笑)


■ビッグバン
 極左政権と事を構えるに最適なリーダーが出てきたようです。最初は平沼赳夫さんかと思っておりましたが、やはり自民党復帰の未練があったようです。「後に続け!」と単騎駆け出すには至りませんでした。

 田母神元航空参謀長です。氏は洗練はされていませんが、野戦も宣伝戦もできます。ぜひ防衛大臣として六本木へ凱旋して欲しいです。

【頑張れ日本!】3.6 外国人参政権・夫婦別姓反対街頭宣伝活動[桜H22/3/9]
 http://www.youtube.com/watch?v=IgRiZ-3VN9E 田母神登場 1分5秒ごろ

     それでは、また、ごきげんよう!   
         JOKK−WAHAHA^^ こちらMoM放送局です!
        http://jp.youtube.com/momotarou100 


 *資料: 小沢一郎 國民大 講演 (1) Ozawa's Speech at KMU
      http://www.youtube.com/watch?v=CbJnAW6eCSM
    「正論より大声」ドロンパ
      http://www.youtube.com/watch?v=C3E9QYTHbnU
  

 *「外務官僚の背骨」渡部亮次郎 −ハンディキャップ国家論
  http://momotarou100.iza.ne.jp/blog/entry/485200 
 
 お勧めサイト
 ・杜父魚(かじか)文庫ブログ
  「無礼に怒った鎌倉武士の面目 古沢襄」 
  http://www.kajika.net/wp/archives/483
 ・「【ゴー宣 チェリ*ブロ】行動する「保守」[桜H22/3/12]」
  http://www.youtube.com/watch?v=P9G0SXk-FdI&feature=channel
   
  ・沖縄は自滅だ03「フィリピンの失敗、中国工作成功」
  http://www.youtube.com/watch?v=6SUvcQCL8wY
 
 ・「国民自重の心」小泉信三
  http://momotarou100.iza.ne.jp/blog/entry/470460/
     ★     ★     ★

■ 謀略
  「スパイの一番大きな目的は、相手国の国策を誤らせる事に
ある。(中略)とにかく大東亜戦争で日本は国際謀略というも
のに引っ掛かって敗北した。謀略に対して暗かったという、
日本の不明がある。決して物量に敗れたとか何とかというよう
な簡単なものではないということを、諸君達は知っておいてよ
ろしい」
         ---安岡正篤;「続人間維新」より
         関西師友協会 http://www.siyukai.org/

■大日本史ー在日編
   http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2463/
■右翼の正体
   http://www.geocities.jp/uyoku33/

       <<< MoMotarou放送局 >>放送中!
        http://www.otogimura.com/
    
/////////////////////☆/////


-----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://www.melma.com/mag/56/m00000256/
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/03/17

    月は人工の物体である=科学者の推測 



     【大紀元日本12月15日】宇宙飛行士が月面に着陸できるようになってから、宇宙の塵に厚く包まれている月の素顔に関する研究は、新しい段階に入った。今までの研究結果から見て、一部の科学者は、月は人工衛星であるかもしれないと、大胆に推測している。 



      月のなぞ【その1】月はいつも同じ面を地球に向けている  



     古来から、世界中の各民族の天文学者は、月に対して、長期的で充分な観察を行ってきた。月の満ち欠けは、詩人が吟じる対象である以外に、農民が耕作する際に参考とする指標であり、中国の農歴は、月の運行周期28日を基礎とする暦法であった。 



     ただ、人々ははるか以前から、月に関して大変面白い事実に気がついていた。月は常に同じ面をわれわれに向けているということである。 



     これは、どういうわけなのだろうか?長期的に観察してみると、月自体が自転しており、その自転の周期が地球の周囲を公転する周期と同じなのだ。したがって、月がどこにあろうと、われわれが地球から見た月は同一面であり、見える月面の陰影もいつも同じ模様なのである。 



     月のなぞ【その2】月は太陽とほぼ同じ大きさに見える 



     地球から見れば、月の大きさは、太陽の大きさとほぼ同じである。「金環日食」であれ「皆既日食」であれ、月が完全に太陽と重なると、ほぼ同じ大きさに見える。このとき、太陽の光がほぼ完全に遮断されて、地球上では白昼が突如暗黒に変わり、空に星の光が見えるようになる。 



     天文学の研究によれば、太陽と地球との距離は、月と地球との距離の395倍であり、そして、太陽の直径は、ちょうど月の直径の395倍である。そのため、地球から月を見ると、太陽と同じ大きさに見えるのである。 



     月のなぞ【その3】月は地球の衛星としては大きすぎる  地球の直径は、12756km、月の直径は3467km、月の直径は地球の直径の27%に相当する。太陽系の中で比較的大きな惑星の周囲には、すべて衛星が運行しているが、九大惑星の中で、木星や土星のようなかなり大きな惑星の周囲を運行する衛星の直径は、その惑星に比べて非常に小さく、数百分の一にしかすぎない。それに比べ、月は地球の衛星としてはあまりにも大きすぎ、太陽系の中で特殊な存在である。 



     これらのことから、科学者はある疑問を感じた。「月は、本当に天然に形成されたものだろうか?」 



     月のなぞ【その4】月の年齢は地球よりも古いのか 



     1969年にアポロ宇宙船が月面に到着してから、科学者らは宇宙飛行士の手を借りて、月の表面から岩石の標本を採取し、数多くの計測機器を月面に設置し、月の構造に関して、細かくデータ収集と分析を行った。 



     採取してきた岩石標本を分析した結果、月の表面の岩石は非常に古く、ほとんどの岩石の年齢は、地球上の最も古い岩石よりも長く、43億年から46億年もあるということがわかった。 



     月の表面の土壌を分析したところ、それらも非常に古く、岩石よりもさらに10億年古いものもある。科学者らは、太陽系が形成されたのは約50億年前のことだと推測しているが、月の表面の岩石と土壌はなぜそれほど古いのか?専門家たちは、首を捻っている。 



     月のなぞ【その5】月の中心部は空洞である 



     月に着陸した宇宙飛行士が、地球に帰還する際、月面で着陸用の小型飛行器に乗って宇宙船に戻った後、この小型飛行器を月に遺棄した。その際、小型飛行器が月に衝突して生じた震動が、72キロ離れたところに設置された地震計測器によってキャッチされた。その時、この震動は15分以上続いた。それはまるで、大きな金槌で鐘を叩いたようなもので、震動は長く続き、なかなか消えなかった。 



     物理学の原理から言えば、空洞の鉄球を叩くと、震動が長く続くが、中まで詰まった鉄球を叩くと、震動は短時間で止まる。月の震動が長く続いたことから、科学者は月の中心が空洞なのではないかと考えるようになった。さらに、中まで詰まった物体が衝撃を受けると、二種類の波を測定できる。一種は縦波であり、もう一種は表面波である。しかし、中が空洞の物体は、表面波しか測定できない。月面に設置された地震計による長時間の記録の中に、縦波は観測されず、すべて表面波であった。これらのことから、科学者は、月の中は空洞状であると推定した。  



     月のなぞ【その6】月は金属の外殻に包まれている



     宇宙飛行士が、電動ドリルで月の表面に穴をあけようとしたところ、かなり硬くてなかなかうまくできなかった。月の表面が土と岩石でできていれば、これほど硬くてあけにくいはずはない。その後の分析で、月の表面は固い金属で包まれていることがわかった。この金属は、宇宙船を造る時に使うチタンであった。このことから、月は、中心部が空洞の金属球であると推定されている。 



     この発見から、専門家は、長い間解決できなかった問題に解答を得られた。月面に隕石の衝突による穴がたくさんあるが、不思議なことに、それらの穴は非常に浅いものばかりである。科学者の推算では、直径16キロの隕石が時速5万キロの速度で地球に衝突すれば、表面にその直径の4−5倍にあたる60−80キロ程度の深さの穴が形成されることになる。ところが、月面上で最も大きなガガーリン・クレーターは、直径が300キロもあるのに、深さはわずか6.4キロしかない。計算値から言えば、この大きさのクレーターを造りだした規模の隕石が地球上に衝突すれば、穴の深さは1200キロにも達するはずである。どうして月面上には、そんなに浅い隕石クレーターが存在するのであろうか?唯一可能な解釈は、月の表面が非常に硬いからである。月面から発見された金属成分が、この問題に良い説明を与えている。 



     月は、人工の物体である 



     旧ソ連の科学者はかつて、「月は、表面が改装された宇宙船である」という大胆な仮説を提出したことがある。この仮説が成り立てば、さまざまな月のなぞを全て説明することができるようになる。この大胆な仮説は、少なからぬ論議を招いたものの、現在の科学者はこの仮説を認めようとする勇気がないようである。しかし、月は自然に形成されたものでないことは確実である。 



     月は、毎日同じ面を地球に向け、太陽と同じ大きさに見え、表面が硬い金属に覆われていて、長期間にわたって無数の隕石の衝突に遭っても姿が変わっていない。もし、自然の天体であるなら、このような特徴を備えていないはずである。  



    (翻訳・太源)

    -------------------------------------

    引用終了



    以下のサイトをご覧下さい。

    http://13.pro.tok2.com/~space-age/index.htm