国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.1666 武士道精神が我が国を救う(天下の無法松)

2010/03/15

■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル ■

      天下の無法松「21世紀の未来予測シリーズ」第6弾
                 「武士道精神が我が国を救う」
                                                  
■転送歓迎■ No.1666 ■ H22.03.15 ■ 9,236 部 ■■■■■■■



 今回もまたまた、「武士道精神」の話しの続きを述べます。
(本当に無法松は「武士道」が好きだと我ながら呆れております。)

■1.武士道精神と神道

 なぜ、「武士道精神」に「神道」が係わってくるのかと不思議に
思われる方と、そうでは無く、我が国の「神道」こそが「武士道精
神」の源であると思われる方と、二つのタイプの方がこのタイトル
を見ておられるのではないかと思いますが、この無法松のメルマガ
をお読みの貴方はどちらのタイプでしょうか。

 無法松は勿論?後者の方で、日本の惟神の道、「神道」こそが「武
士道精神」の源であるとここで皆様に訴えたいと思っております。
 なぜ、無法松がそこまで言うかと言いますと、それは「武士道精
神」が日本文化の洗練された精神そのものであり、日本文化の源は
何と言っても「神道」にあるからです。

 そこで、「神道」とは何か。その答はやはりあの三種の神器にあり
ます。
 三種の神器とは、「鏡(八咫鏡)」・「剣(天叢雲剣)」・「勾玉(八尺
瓊勾玉)」の三つで、これは歴代の天皇が神代の時代から継承してい
ると言われる宝物で、天皇のその地位を象徴する宝物です。

 無法松に言わせれば、この中で最も大切な宝物が「鏡」であり、
「鏡」とは映す物つまり自分の映った姿を自分で見る物であります。
 では、皆さんは自分のどのような姿をご自分で見られますか。醜
い姿ですか。?美しい姿ですか。?醜い姿を見る方はマイナス思考
の悲観的、自虐的な方でしょうか。逆に美しい姿を見る方はプラス
思考で自惚れの強い方でしょうか。(「鏡よ、鏡よ、鏡さん」とか言っ
て白雪姫か、うつみ宮土理?を思い出される方もおられるでしょう
か。うつみ宮土理のロンパールームを知っている無法松とは何歳で
しょうか?)

 無法松はどちらでも無いと思います。時には醜い姿もあり、美し
い姿もある。要は、それを正直に鏡に映し、その映った姿を正直に
見ると言うことが大切なのではと思います。
 この「鏡」が三種の神器の一つであると言うことは我が国にとっ
て、大変有難いことで、我が国にとってと言うことは人類にとって、
最も大切な神器であると言うことです。(キリスト教世界では「聖
杯」とか「アーク」とか言っておりますが、世界の最大の宝物は天
皇の三種の神器であります。)

 次に、剣ですが、やはりこれは「武士道の武」を意味します。
実は「武士道」の源は無法松理論によると既に二千年以上前から歴
代の天皇にあり、かっての天皇は「文」と「武」を兼ねたご存在だっ
たのです。つまり、貴族階級が生まれる前の古代天皇は「文武両道」
の天皇だったのです。(平安時代後期から鎌倉時代に武士階級が生ま
れてくると、「武」は武士が引き継ぎ、「文」は貴族や天皇が引き継
ぐと言うようになりました。)

 そして最後に「勾玉」ですが、これは「玉」です。つまり、丸い
玉です。人は時には角ばって、やるべきことをやらなければならな
い時もありますが、やはり、何と言っても、人格の究極は「丸い玉」
です。(無法松なんぞはいつも角ばって、ああだこうだと言っている
ので、妻からいつも、もう少し、丸くなったらと言われております。)

 以上の無法松理論より分かることは、歴代天皇の三種の神器は歴
代天皇だけの宝物では決して無く、それは日本民族の宝物であり、
ひいては先に述べたように人類の宝物であると言うことであります。

 以上のことより、三種の神器こそが、「日本神道」の象徴であり、
それは「日本文化」そのものであることを意味しております。
 つまり、「武士道」の源は三種の神器に象徴される「神道」なの
であります。そして、「日本神道」は決して単なるアニミズムでは
ないのであります。

■2.武士道精神が我が国を救う

 このように、三種の神器「鏡」・「剣」・「勾玉」はそれぞれ意味が
あり、「鏡」は正直・純粋を意味し、「剣」は何時如何なる時も非常
時を忘れない「武」の心を持ち、大東亜戦争後の我が国のように一
国平和主義に閉じこもって北朝鮮にいつまでも同胞を拉致されて黙っ
ているようなことの無いような精神を持ち続けることを意味し、最
後の「勾玉」は本当の世界平和を目指して、日本民族が一丸となっ
ていくことを意味しております。世の中で一番強い立体形はピラミッ
ド形でも無ければダイヤモンド形でもありません。一番強いのは
「玉」です。

 話は変わりますが、今、我が国は未曽有の危機の中にあります。

 先週、何とあの鳥のトキ数匹がイタチか何かに殺され、そうして
いる内に、樹齢800年とも千年とも言われた鶴岡八幡宮の大銀杏
の大木が倒れ、そしてこれはここでは憚れることですが、ご皇室に
まで、戦後日本の悪い教育の影響(米国による米国流民主主義教育)
が誰の目にも見える形で現われてしまいました。
(それも「この国病」と無法松が名付けた伝染病が我が日本国中に
広まってしまっているからです。本当に司馬遼太郎の罪は大きいも
のがあります。今や保守派と言われる人々の間にまで「この国おじ
さん」や「この国おばさん」が広がっているのですから。産経新聞
社には産経出身の司馬遼太郎から卒業してもう少し、しっかりして
欲しいものです。)

 もはや、日本の愛国者達には残された時間は無いのです。

 今、坂本龍馬が持て囃されていますが、龍馬どころか、今こそ松
陰先生が必要なのです。そして、松陰先生のご意志を引き継ぐ、四
天王こと久坂玄端・高杉晋作・吉田稔麿・入江九一だけで無く、西
郷隆盛のような100年どころか数百年否、千年に一度の大人物が
必要なのです。

 今は、大東亜戦争後の日本の幕末なのです。もう戦後はとっくの
昔に終わっているのです。つまり、戦前になっているのです。それ
を今の日本人達は無意識の内に分かっているので閉塞感が街に漂っ
ているのです。

 しかし、この「国際派日本人養成講座」のメルマガをお読みの方々
にはこの閉塞感を打ち破るヒントを持っておられます。そのヒント
とは「武士道精神」です。(「国際派日本人養成講座」そのものが、
元々、「武士道精神」を戦後の日本に蘇らせ、日本国を救う為に設
立されました。)

 幕末の今を打ち破って、21世紀の新しき日本を打ち立てていく
のは、日本国を弱体化する為に我が国が米国から戴いた「日本国憲
法」を破棄して日本国を日本国として甦らせることのできる「武士
道精神」を持った日本人達です。
(今の民主党政権等は自民党と共に、間もなく倒れます。今、大事
なのは民主党なんぞ一々相手にするよりも、己を磨くこと。己を磨
いておれば、「イザ」と言う時に、お国の為に役立つでしょう。
 それをやるのは貴方です。

 それにしてもいつまで「命」を大事にしていくなんて総理大臣が
言っているのでしょう。「命」では無く、大事なのは「精神」です。
 これは無法松が先週、国際交流で訪問した小学校の小学生でも
「「命」よりも大事なものがあります。それは何でしょう。」と問い
掛けると、ちゃんと「心」ですと答えました。今の大人達はもう駄
目ですが、明日の日本を背負う我が国の子供達はしっかりと育って
おりますのでご安心下さい。もっとも、その小学校の先生達も校長
先生をはじめ担任の先生まで皆がしっかりとされておられることは
言うまでもありません。)

■天下の無法松より一言■

 先々週よりお知らせ致しました洋上慰霊祭ですが、結局のところ、
乗員人数が集まらず計画自体が取り止めとなり、残念ながらここに
ご報告申し上げます。

 本来はこのような慰霊祭は国が主催、さもなくば県や市の地方自
治体が主催してやるべきではありますが、国が国としての機能を果
たし得ない戦後、特に平成の時代におきましては、このような慰霊
祭は私的な団体か、個人がやるしか無く、今回は85歳と60数歳
のご遺族お二人の女性が計画してそれにJTBが旅行社として窓口
になったと言う次第であります。

 恐らく、このお二人のご遺族方にとられましては、今回が最後の
洋上慰霊祭になるものとして計画されたようですが、乗員予定とし
て他の多くのご遺族の方々へ声を掛けていたにも関わらず、そのご
遺族の方々も既にご高齢で、また、費用も安価では無い為か予定し
ていた乗員数を大幅に割り込み、資料請求していた無法松のところ
にまで直前になって電話を掛けられ、参加を呼び掛けられた様です。

 JTBの話によると、この様な洋上慰霊祭は実は殆ど同時期にも
う一つ計画されており、そちらの方もこの洋上慰霊祭と同様に既に
キャンセルされているそうです。(その洋上慰霊祭は確か、4月か
5月の予定ではなかったかと無法松は記憶しております。)

 無法松も何とかして協力したいと思い、このメルマガ以外にも多
くの方々へ、洋上慰霊祭の内容をメールや電話・FAX等でお知ら
せ致しましたが、突然にお知らせを申し上げ、お忙しいところ多く
の方々には誠に失礼致しました。ここにお詫び申し上げます。
(このように年を取られたご遺族が中心となって慰霊祭を計画する
ということ自体が、今の日本国を象徴しているようです。)



-----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://www.melma.com/mag/56/m00000256/
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/03/15

    今、大事

    なのは民主党なんぞ一々相手にするよりも、己を磨くこと。己を磨

    いておれば、「イザ」と言う時に、お国の為に役立つでしょう。

     それをやるのは貴方です。

    -------------------------------------

    その通りです。

    身魂を磨くことこそが大切だと思います。



    http://13.pro.tok2.com/~space-age/index.htm

    こちらのサイト内の「ひふみ神示」をお読み下さい。