国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.1663 武士道精神とは?(天下の無法松)

2010/03/08

■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル ■

     天下の無法松「21世紀の未来予測シリーズ」第5弾
                     武士道精神とは?
                                                  
■転送歓迎■ No.1663 ■ H22.03.08 ■ 9,237 部 ■■■■■■■


 前回は無法松の「武士道精神」解釈について述べさせて戴きまし
たが、今回もまた、無法松の「武士道精神」の話しの続きを述べた
いと思います。

■1.武士道とは? 

 今日は原点に戻って、「武士道とは?」何かについて、再度、考
えたいと思います。

 皆さん、「武士道とは」何だと思いますか。今まで、無法松は武
士道と言うと、「忠」・「信」、そして「雅」・「美」・「道」と
か言う一字で語ってきましたが、正に、「武士道とは」今でも日本
人の心の中に生き続いている、日本人が日本人として生きていくた
めの精神的支柱であり、道標であります。

 このことに正面切って反対する日本人は殆ど居ないだろうと無法
松は思いますが、このことが分かっていても大東亜戦争後の日本人
の多くの人々にはそれが頭の片隅にあるだけで、それを精神的支柱
として、道標として生きていっている人は年が経つ程、大変少なく
なってきているのが、この平成の時代ではないでしょうか。

 「武士道精神」を精神的支柱として、道標として生きていくとは
無法松の様に、何も常に「武士道とは何か」と言うことを自分や他
の人に言いながら生きていくことでは無く、唯、己に与えられた仕
事を全責任を持ってやり抜き、そしてまたその仕事を言われた通り
にやるだけでなく、その仕事の内容を改善し、より良くしていくこ
と、それが「武士道精神」に生きると言うことだと無法松は思いま
す。

 ですから、それが出来ていない人は口でいくら偉いことを言って
も、そのような人は「砂上の楼閣」であり、いつか消えていく人な
のです。

 そして、今、この様な自分の仕事に自覚の無い無責任な人が多く
なってきているので、我が国が可笑しくなってきているのではない
でしょうか。

 つまり、親の自覚の無い親、教師の自覚の無い教師、社長の自覚
の無い社長、平社員の自覚の無い平社員、国会議員の自覚の無い国
会議員、大臣の自覚の無い大臣、そして総理大臣の自覚の無い総理
大臣と、この平成の時代において、誠に残念ながらこの様な無自覚
人間が増えていっているのは厳然たる事実でありましょう。

 現に、国会の開始時間に遅れてくる大臣、遅れたのが政治家にも
関わらず、それをお役人達に責任を負わそうとし、日本政府として
の最終決断の出来ない総理大臣等が現れてきております。
(昔、三島由紀夫は東大が動物園になると言いましたが、今や東大
どころか、誠に残念なことではありますが、国会が動物園と言うよ
りフランケンシュタインや果ては宇宙人までいる妖怪ランドになっ
てしまいました。嗚呼、考えるだけでも日本の未来が恐ろしい!!)

■天下の無法松より一言■

 先週、戦艦大和を旗艦とする第2艦隊戦没将士洋上慰霊祭につい
てのお知らせを行いましたが、変更があっているようなのでここで
その変更点についてお知らせ申し上げます。

変更前  21日(日):洋上慰霊祭
            徳之島亀徳港20時頃着
            ホテル21時頃着
     22日(月):ホテル9時半発
            慰霊碑参拝及び徳之島島内観光
            徳之島亀徳港20時出航後、船中泊
     23日(火):鹿児島新港11時〜12時頃着

変更後  21日(日):洋上慰霊祭
            鹿児島新港18時〜19時頃着
            ホテル一泊(翌日朝食のみ付き)

 上記のように22日以降の日程が無くなり、全予算¥98,000
となったようです。申し込みの第一次予約は締め切りましたが、最
終は12日(金)だそうです。

 詳しくは下記にお問い合わせ下さい。

問い合わせ先:JTB首都圏法人営業千葉支店
TEL043―290−8210(直043−290−8247)
FAX043―290−8059
営業時間:土日・祝日を除く9:30〜17:30
担当者:小林・新井・川口


-----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://www.melma.com/mag/56/m00000256/
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/03/08

    日本人が目覚めますように。

    神の国の臣民として精進しましょう。