国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.1654 日本経済帝国の終焉(天下の無法松)

2010/02/15

■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル ■

      天下の無法松「21世紀の未来予測シリーズ」第2弾
                「日本経済帝国の終焉」
                                                  
■転送歓迎■ No.1654 ■ H22.02.15 ■ 9,224 部 ■■■■■■■


 今週は先週の「アメリカ帝国の終焉」に引き続いて、「日本経済
帝国の終焉」と題して述べたいと思います。

 そこで現在の我が国の経済状況ですが、昨年の暮れに豊田自動車
がこの様になると予想した人は居たでありましょうか。居なかった
とは言えないでしょうが、世の中と言うものは、特に巨大なる組織
は何れ崩壊する宿命を懐に抱えていると言うことを企業の経営者の
みならず、一般国民も常に心して置かなければならないことだと無
法松は思っております。

 勿論、豊田自動車が崩壊すると言っているのではなく、どのよう
な巨大な組織であれ、否、巨大であれば巨大である程、その組織は
崩壊していく宿命を巨大になった時点から持っているということを
自覚しておかなければならないと無法松は言いたいのです。

 そこで、豊田自動車の在り様ですが、正にこれは日本国の経済状
況を象徴している様に見えます。ついに、我が国の戦後の巨大なる
「日本経済帝国」は終わりを告げようとしているのであります。巨
大であった「世界に冠たる経済帝国」は今、正に終わりを告げよう
としているのであります。

 この事実を見たくない為に、左翼の人々どころか、保守と言われ
る人々さえもこの事実から目を逸らそうとしておられるように無法
松には思えますが、やはり事実は事実としてしっかりと把握しなけ
れば真の保守的人間とはならないと無法松は思いますので、ここで
敢えてこのことを全国の人々へ訴えたいと思います。

 先週のメールマガジンでは「アメリカ帝国の終焉」として日米同
盟について少しばかり考察致しましたが、日米同盟を考える際には
今回の「日本経済帝国の終焉」をも考えておかなければなりません。

 このような両国の状況の中で、我が国を経済的に追い抜いた(軍
事的には既に半世紀近く前に抜かれておりますが。)北京政府(シ
ナ大陸には国家は存在しないので共産党の専用物にしか過ぎない現
在のシナ大陸の政府を北京政府と呼ばさせて戴きます。)はその経
済力に裏付けられた軍事力でもって、アヘン戦争以来の全世界への
屈辱を晴らす為に今や、日本海どころか太平洋にまで出ようとして
おります。(と言っても今の北京政府も昔の清朝政府の末期と同様
ですが。)

 そして、その北京政府の横にはあの北朝鮮、朝鮮民主主義人民共
和国(この言葉遣いは懐かしいでしょう。日本反日協会(略称NH
K)だけでなくすべてのテレビジョン放送ではアナウンサーとか呼
ばれる人々が全員一人残らずこのように今の北朝鮮を最初の一度だ
け呼んでおられました。しかし、それもある一日を境として一人残
らず今では北朝鮮とだけ言っておられます。見事です。こんな時代
に我々は生きているのです。こんな時代に「三島由紀夫が生きてお
れば」何て言うこと自体が、もともと情け容赦の無い言葉です。)
があり、後ろには衰えたりとは言え、ロシア帝国が存在しているの
です。

 つまり、平成22年の現在は国際状況で言えば、「坂の上の雲」
の時代と非常に良く似た時代となっているのです。あの当時、「ア
メリカ合衆国」はまだ帝国となる前で、英国程の政治力・軍事力は
無く、またロシアは表向きには軍事力は世界一のように見えても内
実は崩壊寸前(ロシア革命が起きてロシアから王政が無くなってし
まったのはお子様でもご存じのことでしょう。)で、シナ大陸は当
時の日本と同じ程度か日本以上の軍事力と経済力・政治力を持って
いたものの、内実はロシアと同様でありました。何と今は当時と良
く似ているのでしょうか。似ていないのは当時の日本は「坂の上」
に向かってまっしぐらに上って行こうとしていたのが、今は「坂の
下」に向かってまっしぐらに落ちていこうとしているところです。

 なぜ、我が国がこのような国になってしまったのでありましょう
か。日狂組の人々は未だに日本は悪い国だと我が国の善良なる若人
達を洗脳しておりますが、無法松に言わせれば、戦後の日本は日狂
組の様な強靭(文字を間違えました)なる精神を持った組織を撲滅
できないどころか、今や政府の中枢にまで据え、未だに北朝鮮に拉
致された500人以上と言われている同胞を奪還できず、聖徳太子
様や松陰先生他西郷さんをはじめとして数限りない我が国のご先祖
様達に全く申し訳の立たない情けない国になってしまったと言いま
す。

 話がいつもの様に横道に逸れ感情的になってしまいましたが、こ
れからの日米同盟を考えるにはこのような我が国を巡る国際状況を
考慮しなければ絶対に間違ってしまいます。

 では今日はこれでおしまいにします。来週はこのような国際状況
のもとでどのように日米同盟を考えていくべきかを無法松なりに考
察していきたいと思います。

■天下の無法松より一言■

 今日の無法松の一言は我が国を救う若人達を紹介しようと思いま
す。その若人の一人に下記の様な現代の琵琶法師がおられます。

-この世とあの世の“あわひ”で薩摩琵琶を弾く-
今生きている私が薩摩琵琶でやるべきことは、背中の後ろにいる
「先人の思い」、「歴史の声」を未来へ語り伝えることだと強く感
じている。多くの先人を、土地を、琵琶の音で、声で、供養してい
く。その思いは、全国邦楽コンクール後、計り知れないほど大きく
なっている。 
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1147079.article.html
http://www.kumahou.com/outline/career/10_12.html#w12

(因みに最後の琵琶法師と言われた方のご逝去を下記にご報告致し
ます。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/350225/

他に、下のような若人達もおられます。
赤間神宮お祭り:
http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kanko/time_l/genpeinight/index.html
(前回お知らせしました、松陰先生の映画(やはり、戦後の映画な
ので「高須久」が主人公の映画となっていますが、若い人達にはご
推薦致します。)を放映する映画館を下記にご紹介しておきます。
http://blog.movie.nifty.com/hitoya/2010/01/test.html

 今の若い人達は大学で騒いだだけの全共闘世代の人達と違ってお
国の為にこのように頑張っておられます。

 昔の人は「今の若いもんは・・・・」(・・・・は「なってない」
と言う言葉でしょう。)と言っていたそうですが、大東亜戦争後の
時代は無法松に言わせれば「今の年寄りは・・・・」です。
 それと比べて「今の若いもんは素晴らしい」この一言を無法松は
全国の若人達へ捧げます。

 最後にこれは余計ですが日本反日協会放映の大河ドラマの実態に
ついてお知らせしておきます。その実態とは多くの人々も気づいて
おられることですが、大河ドラマは下にあるようにNHKの単なる
フィクションのドラマだったと言うことです。
(どおりで、松陰先生が金子重輔と下田で密航をしようとしている
時に龍馬が現れるはずです。こんな下らないドラマを見て小学生達
が歴史を知るかと思うと、胸が痛みます。皆で日本反日協会へ抗議
の電話を掛けましょう。この様な最低ドラマには岩崎弥太郎が創設
者の三菱の人達も怒っているそうです。これからこの最低ドラマは
益々下らなくなりそうです。竜馬ファンの人達も怒るべきです。

 この国おじさんの司馬遼太郎氏でさえも草葉の陰で、「わしでも
そんな下らない粗筋は考えんぞ」と言っておられることでしょう。)

 では日本反日協会からの無法松へのご返事を皆様へ下記にお知ら
せします。(龍馬が松陰先生と会うシーンは原作通りの様です。)
――――――――――――――――――――――――――――――
いつもNHKの番組やニュースをご視聴いただき、ありがとうござ
います。お問い合わせの件についてご連絡いたします。

弥太郎との江戸行き、松蔭と出会うエピソードはオリジナルストー
リーです。特に史料があっての事ではありません。

ドラマ「龍馬伝」は、歴史的な事実をもとにしたフィクションです。
歴史の忠実な再現を目指したものではないことをご理解いただけれ
ば幸いです。

今後とも、NHKをご支援いただきますようお願いいたします。
お便りありがとうございました。

NHK大河ドラマ「龍馬伝」担当
NHK視聴者コールセンター
――――――――――――――――――――――――――――――
(歴史的な事実をもとにしたフィクションとは何でしょうね。皆さん?
 事実はノン・フィクションでフィクションは事実ではありません。
 「歴史的な事実をもとにしたフィクションです。」と言う言葉遣い
 は自己矛盾した言葉遣いです。幼稚園児でもそのような言葉遣いは
 しません。そのような言葉遣いで今の幼稚な一般国民達を騙したつ
 もりでしょうが、無法松をはじめとしてこのメールマガジンの読者
 達は騙されません。

 民放では「不毛地帯」と言う、誰もが壹岐正が故瀬島龍三氏だと分
 かると言うよりも知っているようにノン・フィクションと言っても
 差し支えの無いようなドラマにはっきりと誰の目にも分かるように
 これはフィクションですとしつこいぐらいに字幕で説明しておりま
 すが、日本反日協会はこれとは逆に、明らかにフィクションをノン・
 フィクション(歴史的な事実をもとにしたとありますので)と言っ
 てこのフィクションのことを全く隠して字幕には一切出しません。
  これは犯罪です。報道機関としての犯罪です。これもこんな放送
 局をいつまでも日本国民が許しておくからです。怒るべき相手は民
 主党政権と言うよりも、このような政権の支持母体である日本反日
 協会を代表とするマスゴミです。皆さん、御免なさい、また感情的
 になってしまいましたことをお許し下さい。)


-----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://www.melma.com/mag/56/m00000256/
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/02/15

    中国共産党が騒ごうが左翼が騒ごうが、あと2年で地球劇場は終焉を迎えますから。