国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.1642 人類の行く末(天下の無法松)

2010/01/18

■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル ■

          天下の無法松「国家再建シリーズ」第7弾
                     「人類の行く末」
                                                  
■転送歓迎■ No.1642 ■ H22.01.18 ■ 9,216 部 ■■■■■■■



 新年ももう、幕の内を過ぎ、皆様方には如何お過ごしでしょうか。
 新年第一号は「近代化」というもの自体について述べましたが、
新年第二号として大げさなサブタイトルですが、「人類の行く末」
と題して述べたいと思います。

 その前に「人類はどこから生まれたのか。」という大問題があり
ます。これは人類がタイムマシンを発明しない限り、解決しない問
題ではあるものの、人類がそのアイデンティティを真に確立するに
は解決せざるを得ない大問題でもあります。

 この大問題に映画界から取り組んだのが、あの有名なSF映画
「2001年宇宙の旅」で、この映画の素晴らしい点は、その科学
的な考察のみならず、「人類はどこから生まれたのか。」という問
題に少なからず取り組んでいる点です。

 しかしながら、この大問題はこの映画でもそうですが、やはり、
今のところ「宗教的問題」とならざるを得ず、人類最大のこの問題
を解決するにはやはり、真の「宗教」を真に理解していなければな
りません。と言っても、「宗教」とは人類の心を取り扱うものであ
り、「心」とは人類にとって目に見えない量的に測定することので
きないもので、自然科学では取り扱うことの非常に難しいものです。
(「心」を自然科学的に取り扱う学問が「心理学」です。)
 よって、この大問題は人によって様々な取り組み方法があり、ま
た、その結果も人によって様々で、人類はまだこの大問題を解決し
てはおりません。

 と言うことは、今回のサブテーマの「人類の行く末」についても
当然といえば当然ですが、単に予想とならざるを得ず、その予想は
人類が文字を発明して歴史を記述することができるようになった有
史以来から現在までの歴史の流れと言うものから推測するより他は
無く、その歴史の流れをどのように掴むかによってその推測は人に
よって異なり、色々な「未来図」が描かれているのが現状です。

 今回は「人類はどこから生まれたのか。」と言う問題と、「人類
の行く末」と言う二つの大問題について、21世紀初頭の現状につ
いて触れるだけで終わりたいと思います。
 次回は無法松なりのこの問題の取り扱い方について、その思いを
述べ、近代化と前回の最後に触れた「ポストモダン」と言う言葉に
ついて触れようと思っております。

■天下の無法松より一言■

 皆さん、ご存じでしょうか。昨年、平成21年は「吉田松陰」先
生が安政6年(西暦1859年)に江戸伝馬町の獄において斬首刑
に処されて150年、そして今年の平成22年は「松陰」先生ご生
誕180年の記念する年であります。

 よって無法松は昨年、数年振りに松陰神社を参拝し、新しくなっ
た松陰神社宝物殿の「至誠館」を訪ねました。
 昔からある蝋人形を展示している資料館の方は変わりませんが、
「至誠館」は大変良く改装されており、是非とも今年は松陰神社を
参拝されることをお勧めします。松陰神社は萩だけではなく、東京
都世田谷区にもありますので、東京周辺の方は東京世田谷区の松陰
神社に行かれて下さい。

 また、今年には「松陰」先生の映画が全国で放映される予定で、
来月からは全国に先駆けて山口県と福岡県内で、先行ロードショー
が放映されます。映画館につきましては下記の映画公式HPをクリッ
クして見て下さい。

松陰神社HP: http://www.shoin-jinja.jp/
映画公式HP:http://hitoya.com/
予告編HP:http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id335795/

 松陰神社のHPによると今年は松陰先生のご生誕年の天保元年
(西暦1830年)と同じ庚寅歳(かのえとらどし)だそうです。

 昨年から始まった「坂の上の雲」(大河ドラマの「龍馬伝」はや
はり、NHKの大河ドラマの為か、画面は「坂の上の雲」風で、今
までの大河ドラマとは違って幕末の風情を表しているものの、どう
も岩崎弥太郎以外の役者やドラマの展開に今一つのところがあり、
無法松はがっかりしております。皆様は如何でしょうか。)と言い、
松陰先生の映画、「獄(ひとや)に咲く花」と言い、やはり、我が
国の精神的世情の底辺では日本国再建に向けて何か明るい動きが起
きているように無法松は感じております。

 どうか、皆様方も下世話な民主党政権などに囚われず、この国で
は無く、我が国の遠い将来を見つめて教養を積みながら「世の為、
人の為」に今年も元気に生きていって下さい。(何だか、龍馬風の
言葉遣い?になってしまいましたが、お許し下さい。)



-----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://www.melma.com/mag/56/m00000256/
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。