国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.437 真紀子“害”相と小泉総理の“苦悩”?

2001/12/10

 _/          _/  _/                      真紀子“害”相と
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/   小泉総理の“苦悩”?
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/                YoJirou
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H13.12.10 4,897部
 _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/         JOG Wing No.437
                                _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

============================================================
★★★  書籍版「国際派日本人養成講座」第4巻発売開始  ★★★
 開戦への罠、終戦への苦闘、終戦後の戦い、同胞を救え、、、
・千年紀書房 http://www.myciz.net/mmbook/jog.htm
============================================================

     田中真紀子外相は就任以来、その言動が話題、問題にならな
    い日はないと言えるほどの大臣だ。しかし、今回の発言は、小
    さなことのようだが、この外相の人物、識見を如実に示すもの
    である。いつまでこのような大臣を据えておくのだろうか。害
    はあっても何ら国益はないだろう。

        ◆「田中真紀子外相は7日午前、閣議後の記者会見で、5
        日の衆院外務委員会で「事務次官は天皇みたいなもの」と
        不謹慎な発言をした真意を聞かれ、「どこの役所も昔から
        事務次官は役所の最高ポスト。芸能界のプリンスとか財界
        天皇とかいう言い方をされるが、そういう意味で言った」
        と釈明した。

         ただ、記者団から「(象徴天皇制を規定した)憲法第一
        条に照らして大臣の発言は不適当だと思う」と指摘される
        と「コメントはしない」と拒否した。

         一方、これに関連して自民党の中川昭一広報本部長は7
        日午前の役員連絡会で、「天皇を国会答弁に持ち出すのは
        不穏当で不謹慎。何らかの措置を講じるべきだ」と真紀子
        外相を厳しく批判。大島理森国対委員長は「(答弁内容
        を)精査し、対応を考える」と述べ、事実関係を調査する
        意向を明らかにした」。(夕刊フジ 12.7)

■編集者・YoJirouより■

■真紀子外相 就任早々から馬脚

     YoJirouは田中真紀子氏が外務大臣就任直後の教科書
    問題や李登輝氏来日問題への発言に対してJOG Wingで次のよう
    なコメントをした。

        「まことに軽薄な発言である。元々思いつきをずばずば発
        言することで人気を得ている軽薄な女性という感じは受け
        ていたが、まさかここまでとは思っていなかった」

        「まったく大臣として無責任極まる愚かな発言である。要
        するに朝日新聞記事程度の入れ知恵で国の大事を判断して
        いるということを暴露したようなものだ。こんな人物を外
        務大臣にしたのは空前絶後の支持率を記録した小泉内閣の
        最大汚点となって歴史に刻まれることになる可能性もある。
        小泉首相にこの大臣を統御する識見と迫力があるかお手並
        み拝見というところだ」。(JOG Wing H13.5.07)

     あれから八か月経つが、ますますこのこのコメントが活きて
    きた感ありだ。

■「*** 天皇」という言葉

    「芸能界のプリンスとか財界天皇とかいう言い方をされるが、
    そういう意味で言った」という発言は、真紀子氏が大臣として
    はもちろん、ふつうの意味でも、いかに勉強をしていないか、
    識見のない人物かを如実に物語っている。

    「芸能界のプリンスとか財界天皇とかいう言い方」とは、ゴッ
    シプ週刊誌やスポーツ新聞、朝日新聞、筑○、久○などの教養
    と見識のないニュースキャスター、ワイドショー程度が使う言
    葉である。特に「財界の天皇」というような使い方は、「わが
    まま、好き勝手、暴君、手に負えない」というような、鬱陶し
    いものとしてのニュアンスで使われることが多いのは、見識の
    ある人間なら知っていて、軽はずみには使わないものだ。まし
    てや大臣ならなおさらだ。真紀子氏はこのレベルの入れ知恵で
    外務大臣をやっているということが自ずと暴露されたというこ
    とだ。このレベルだから余計「庶民受け」するとも言えるかも
    しれない。

     それにしても、「(象徴天皇制を規定した)憲法第一条に照
    らして大臣の発言は不適当だと思う」と面と向かって指摘した
    記者がいるとは見上げたものだ。どこの社だろう。それに対し
    て、「コメントはしない」と拒否した真紀子外相は、これ(ノ
    ーコメント)を乱用し続ければ、相手もギブアップして、何で
    も乗り切れると、大臣として国会審議で覚えたずるいコツなの
    だろう(世間はそんな甘いものではないが)。

■依然人気?のお荷物

         「世論、とくに主婦層に依然として人気のある田中外相
        を小泉首相は更迭できず、「小泉、外相をめぐってジレン
        マに直面」(英フィナンシャル・タイムズ紙)との見方が
        (外国メディアでは)一般的である。

         しかし田中外相に対する形容詞には、いまやJetti
        sonの表現もメディアで使われ始めた。緊急時に飛行機
        や船が運航の安定のために海中に投げ捨てる荷物の意味で
        ある。果たして田中外相が小泉内閣の投げ荷となる可能性
        は、ありやなしや」(産経新聞 11.29)

■小泉総理へのボディーブロウ

     一方、小泉総理も、「誰がなんと言おうと、8月15日に靖
    国神社に参拝する」と大見得を切り続けたあげく、コロッと転
    んだことを非常に悔やんでいるとも言われている。あのために
    大きく支持率が落ちるようなことはなかったが、ボディーブロ
    ウが効いてきている。靖国問題でコロんでしまって良かったこ
    とがひとつもなかったので、逆に意地になって、前言を翻すま
    いと気張りすぎ、経済問題等、非常に解決が難しい情勢になっ
    ているようだ。最近は、外国のメディアなどで、「小泉首相は
    NATOだ。No Action Talk Only (行動が伴わず、しゃべる
    だけ)」などと言われているらしい。これに真紀子外相が追い
    打ちのボディーブロウを仕掛け続けている。

【関連】
『田中外相の軽すぎる発言』 YoJirou JOG Wing No.333 (H13.05.07)
http://www.melma.com/mag/56/m00000256/a00000339.html
『田中真紀子外相への予想された失望』 YoJirou JOG Wing No.341
(H13.05.28)
http://www.melma.com/mag/56/m00000256/a00000347.html
『抜き打ち参拝の末路』 YoJirou JOG Wing No.382 (H13.08.20)
http://www.melma.com/mag/56/m00000256/a00000388.html

-----------------------------------------------------------
購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 
-----------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。