国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.432 イージス艦派遣妨害

2001/11/29

 _/          _/  _/                      ■イージス艦派遣妨害は日米友好
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/   を妨害し国際的信頼を失墜させた■
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/                グレアム・グリーン
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H13.11.29 4,867部
 _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/         JOG Wing No.432
                                _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

     イージス鑑派遣見送りが、アメリカ政府に大きな失望感を与
    えています。日本は、国際的信頼を失墜しました。

     米国政府はイージス艦派遣を「日本政府の公約」と受け止め
    ており、米政府幹部が、柳井駐米大使に早期派遣実施を求めて
    いた矢先だけに日本政府の対米信用を大きく損ないました。

     ケリー米国務次官補は記者団と会見で日本政府のイージス艦
    派遣の見送りについて、「イージス艦は他の支援国には期待で
    きない能力を備え、役立っていたのではないかと思う」として
    失望感を表明しております。

     また米国国防大学プリシュタップ教授は、イージス艦を派遣
    しないという日本政府の決定には不同意だとして「米国はイン
    ド洋方面でイージス艦を切実に必要としており、日本がそれを
    提供すれば同盟構造の強化に役立つ。」と日本の新聞との会見
    で述べています。
 
     アメリカの同盟国の中でも、イージス艦を持っている国は日
    本以外にはなく、日本政府の同盟貢献を米国並びに西側同盟国
    へ強調するためにはこれ以上ない重要な機会を日本は失いまし
    た。【野中/加藤の主張に対する反証】は文末参照。

     またもや自民党内の腐敗した中国利権エージェントの、橋本
    龍太郎、野中広務、加藤紘一等の妨害により日本政府の国際的
    信用と国際的名誉が大きく破壊されたのです。

     彼らは明白に日米友好を悪化させようとしています。これは
    米国民や米国議員の対日感情を悪化させ、米国内の反日親中国
    派政治家を有利にさせようと目論む中国政府の意向に基づくも
    のであることは明白です。日本が国際的に認められるような対
    応ができず、世界中からばかにされた湾岸戦争時の二の舞いを
    演じさせることが中国や北朝鮮の目論見であり自民党橋本派と
    加藤派がそれを後押ししている状況です。
 
     今回の対米支援は多くの実りと利益を日本国家にもたらしま
    した。例えば米国議会は日本の対テロ協力に配慮 政府は元捕
    虜の対日訴訟支援法案可決後に抹消しました。当然在米日本企
    業攻撃を米国民主党系議員を通じて工作してきた、中国、韓国、
    北朝鮮は日米関係を破壊するため野中などを通じて執拗に妨害
    を図って来たのでしょうが、許しがたい国家反逆行為です。
 
     また野中/橋本/加藤/後藤田などは先のテロ法案で自衛隊
    の原子力発電所や皇居、国会等の警備も妨害し廃案にしました
    が将に言語道断の反国民的、国家反逆的行為の極地です。まさ
    に北朝鮮や中国のテロ攻撃を意図的に招き入れる行為です。

     この2人の反米主義者の妨害行為は断じて許し難いものです。
    日本の未来のためにも、自民党内の反米集団、橋本派と加藤派
    は解体すべきです。

     また中国のエージェント野中達の主張は全く根拠の無いこじ
    つけ、事実歪曲であるにも関わらずこれを受け入れた、YKK、
    小泉政権の判断も同罪です。良識的な国民や政治家の横断的団
    結によりこうした橋本派や加藤派の国政からの排除を図りまし
    ょう。まさに自民党、民主党、自由党などの政党、会派や国民
    を越えた連帯が必要になってきています。

     また心有る橋本派、加藤派の国会議員の皆様は橋本派、加藤
    派から離脱し日本を守る新会派を構築すべき時です。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【野中/加藤の主張に対する反証】
●野中広務の主張
「イージスは米軍と情報を共有できるからだめだ」

→(反論)
     全くナンセンス。即ち米軍と情報を共有するデータリンク・
    システムを備えるのは他の護衛艦も全く同じであり(LINK
    11/LINLK14等は、自衛隊の護衛艦の殆ど、最近では
    小型高速ミサイル艇でさえデータリンクを装備)他の船と何ら
    変わるところはない。情報交換が武力行使につながるというな
    ら、イージス艦以外の護衛艦も全て派遣できないことになり、
    また高度の情報収集は、艦船の活動の安全確保と自衛のために
    も必要であり全く問題はない。また、平成十一年の周辺事態法
    審議の際、内閣法制局長官は「米軍への情報提供は憲法九条と
    の関係では問題は生じない」と答弁し、この問題はすでに決着
    している。

●野中広務の主張
「イージスはミサイルを搭載しているからだめだ」 

→(反論)
     今日の海軍ではミサイル装備は標準装備であり、搭載してい
    ない艦艇こそ珍しい。ハープーンミサイルや対空ミサイルは小
    型艇や米国沿岸警備隊ですら装備している。イージス艦であれ、
    それ以外の護衛艦であれ、万一、攻撃されれば、ミサイル防御
    するのは当然。イージス艦のミサイルは同時多目標の敵攻撃に
    対処できると言うだけで防空ミサイルの目的自体他の艦艇と変
    わらない。

●野中広務の主張
「情報収集のために派遣するというが、情報は米軍に渡し、戦闘と
一体化しないというのは相手側に通じるわけがない。」

→(反論)
     情報収集は「戦闘行為」ではない。情報まで戦闘に含まれる
    なら後方支援、輸送業務はなお更米軍と一体化している。戦闘
    行為を無理に拡大解釈歪曲した議論。

●野中広務の主張
 自衛隊機による救援物資輸送について「民間機をチャーターすれ
ば1日で自衛隊機の10倍の物資を運べるのに、それが本当に日本
のためになるのか」

→(反論)
     おそらくBoeing747を念頭に置いているのであろうが、これ
    は4000m級の整備された大型滑走路からしか離着陸できない。
    世界のどこの空港にでも離着陸出来て、荷下ろしが出来る訳で
    はない。自衛隊を含め各国がC−130のようなプロペラ機を
    使っているかといえば、短く荒れた滑走路に離着陸し、場合に
    よっては空中投下も出来る機体だからである。

     また軍用輸送機は、未舗装滑走路や攻撃による滑走路の損傷
    にも耐えられるべく車輪、脚を強化しており民間機とは全く能
    力が異なる。国家非常事態においては民間機を自衛隊が徴用し
    て物資人員輸送に活用することは有益だが、自衛隊機利用をさ
    し置いて民間機を海外派遣するのは本末転倒である。

     自衛隊輸送機がB747並に航続力輸送力を持てないのは反対政
    治家達の妨害によるもの。かつて国産C1輸送機を開発した際
    にも政治家の妨害で航続距離を削られた経緯がある。輸送力を
    拡大するならば米軍C17グローブマスターを緊急購入し空中
    給油機も大量調達すれば良い。

     それに丸腰の民間機がテロの標的にされたらどうするつもり
    なのか?許認可事業者の最たるものである航空会社の社員など
    は何人死んでも構わないと思っているのだろうか。国民不在の
    最低の呆れた無責任な主張である。

●加藤紘一の主張「派手なことはやめたほうがいい」

→(反論)
    全く情緒的な反論であり論理的議論に値しない。 
 
首相官邸
 http://www.iijnet.or.jp/cao/kantei/jp/comment.html

 福田官房長官.
 電子メール アドレス :
   g03872@shugiin.go.jp

 山崎拓 自民幹事長
 電子メール アドレス :
   yamasaki@taku.net

【イージス艦関係新聞記事見出し】

■日米共同世論調査:日本の対米支援対応について
  米国民の3人に2人がこれを評価。 
■イージス艦を派遣しないという日本政府の決定には
 不同意「米国はインド洋方面でイージス艦を切実に
 必要としている。」(プリシュタップ米国防大教授)
■元捕虜の対日訴訟支援法案可決後に抹消米議会
 日本の対テロ協力に配慮 
■「極めて心強い」日本の対米貢献策/米国務次官補

============================================================
★★★伊勢雅臣講演会「第7回21世紀国創りフォーラム」★★★
 「あなたは自分の国を語れますか?
         〜インターネットで伝える日本人のこころ〜」
 平成13年12月2日(日)午後2時〜4時半
 岐阜市鏡岩 せいらん会館(岐阜護国神社境内)
 参加費1,000円(学生500円)
 事前申し込み不要、問合せ: k.nohara@dream.ocn.ne.jp
============================================================
-----------------------------------------------------------
購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 
-----------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。