国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.381 ロシアの日本熱

2001/08/17

 _/          _/  _/                      ロシアの日本熱
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/   
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/     知世子さん(モスクワ在住)
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H13.08.17 4,5139部
 _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/         JOG Wing No.381
                                _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

     先週の土曜日、一日観光で7年間、チェーホフが住み、有名
    な「かもめ」を書いた別荘のあるモスクワ郊外のメーリホバに
    行ってきました。そのとき、ひょんなことから私が日本人だと
    いうことが、周りのロシア人に知られたのです。すると、あっ
    というまに数人の若い子に囲まれて、質問攻めになってしまい
    ました。

     そのうち、二人は将来的に、日本語をぜひ勉強したいと言っ
    ていて、どの子も、一生懸命日本のことを知りたがっているの
    です。彼らにすれば、まったく未知の世界で、しかも、なにか
    とても神秘的なようなのです。その中の一人は目を輝かせなが
    ら、非常に情熱的なトーンで言いました。

         日本語の響きは、とても美しいわ!
         ロシアのテレビ番組では、日本に関するものが4−5番
        組もあって、いつも楽しみにしているのよ。そのひとつの
        番組では、日本がいかに先進技術と伝統が一体化した素晴
        らしい国であるか、毎回いろんなところを見せてくれるの。
        いつかどこかで、日本語の発音は”世界で一番古い言葉”
        にとてもよく似ているって聞いたことがあるわ。

     私は彼女の言葉に一瞬、「あっ!」と思いました。ちょうど、
    先月帰国していたときに必死の思いで読んだ西尾幹二さんの
    「国民の歴史」の縄文時代辺りの記述に、なにか似たようなこ
    とが、書いてあったような、そんな気がしたからです。

     それはともかく、話題は短歌や俳句、「私は松尾芭蕉が好き
    なの!」とか、いろいろなことに及び、いかにロシアの若い世
    代が、日本に対する関心を持っているか、またしても、思い知
    らされたのでした。

     それとは対称的に、日本ではロシアに対する関心がそれほど
    ではなく、アメリカやヨーロッパの方が一般的に親しまれてい
    るので、そのことを言うのは、私には少し残念でした。もっと、
    ロシアの文化の深さ、面白さが分かれば、ハリウッド映画なん
    か、きっとつまらなくなるのになあ、と、私など思ってしまう
    のですが。

     また、若い世代はもちろんのことですが、ロシアの日本研究
    家もまた、非常に熱心に近年、日本関係の本を出しています。
    特に有名なのが、グルジア系の売れっ子小説家でもあり、三島
    由紀夫を多数翻訳しているボリス・アクーニン。このペンネー
    ムも、「悪人」から来ているというのだから、笑ってしまいま
    すが、きっとそれほどに日本語が気に入っているのでしょう。

     先日、本屋で偶然見つけた本は表紙絵が、牛若丸と弁慶の戦
    いで、題名がなんと、「日の出る国の騎士 ー サムライ」で
    す。著者は、A.Y.シニーツインという日本研究家。相当詳
    しい本で、内容的には神話時代まで遡って、日本の武士(戦
    士?)の歴史、由来、人物、風俗などを、非常に愛情を込めて
    書き上げています。

     この中の記述を読んでいて、驚きました。かなり「新しい教
    科書」を思わせるような部分があり、「黒船の来航」について
    も、まさに日本の立場に全面的に同情的であり、どちらかとい
    うと、その時代の日本人と感情を共にしているのです。彼自身
    は、もちろんロシア人なのですが。日本の武家社会に対する敬
    意は非常なもので、その敬意は、決して武力を突き付けて開国
    させたアメリカ人のペリーに対してではなく、サムライという
    誇り高い人々に払われているのです。まさに、こういう部分は
    本当に感動的でした。

     このような熱い日本への想いを持つロシアですが、実情は、
    かなり厳しいものがあります。今年の暖房すら、期待できない
    地域では、(シベリア一部、沿海州のサハリン、ウラジオスト
    ク、カムチャッカ等)今から、どのようにして長い冬を越すか
    それだけで頭が一杯なのに、さらに追い討ちをかけるように、
    ウラジオストクでは、大型の台風が来て、町の中を1m近い大
    水が流れるといった事態になっているようです。

     このような事態を目の当たりにすると、なんとかしなくて
    は・・・と思うのですが、なにせモスクワとウラジオストクの
    距離は、日本とモスクワの間とほぼ同じくらいなので、傍観す
    るしかないのが辛いです。とはいえ、できれば日本からロシア
    への援助をこういう災害に見舞われた地域に重点的に道路建設、
    公共の建築物の提供などに回せば、彼らとて、どんなに助かる
    ことかと思うのです。それにしても、これ以上、災害が大きく
    ならないことを祈るばかりです。

============================================================
★★★ 書籍版「国際派日本人養成講座」第3巻発売中 ★★★
・「一つ屋根」の理想を掲げて
   歴史の中の共同体、奉公の人、公と私と、現代と共同体、、、
・全員に電子ブック版総集編をプレセント
・A5判218ページ 定価1,000円(税込み)+送料他210円〜
・千年紀書房 http://www.myciz.net/mmbook/jog.htm
============================================================
-----------------------------------------------------------
購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 
-----------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 90 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。