国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

JOG Wing(Melma!) No.0344 硫黄島での高松宮殿下

2001/06/01

 _/          _/  _/                      硫黄島での高松宮殿下
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/   
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/                MoMotarou
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H13.06.01 4,276部
 _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/         JOG Wing No.344
                                _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

     JOG(191)「栗林忠道中将〜精根を込め戦ひし人」のお話を読
    み、その職務に忠実であった先人達に思いをはせ投稿いたしま
    す。

     中国が総理の靖国神社参拝に反対する気持ちがよくわかりま
    す。かのような日本人を顕彰する事は、日本人に自信を与え、
    中国外交にとっては大変マイナスになります。中国にとっては
    「悪うございました」と謝罪を繰り返す日本人が増える事こそ
    国益にかなうことであります。歴史教科書問題もこの延長線に
    あると考えられますが如何でしょうか。

        ***    ***     ***

     昭和二十四年三月、一機の海上自衛隊YS11が硫黄島に向
    かっていた。機上には元総理大臣橋本龍太郎氏(当時厚生政務
    次官)と高松宮殿下が乗っておられました。

     そこには新しく発見されて、まだ整理の済んでいない洞窟が
    あった。じかにありのままをごらんいただくのが一番良いと思
    い、何も説明せずに殿下を洞窟にご案内した。

     一眼みてハッと息つめられる気配があり、やがて正座して、
    両手を突き、首(かうべ)を垂れ、ジィーと瞑想状態に入られ
    た。同行の厚生大臣、政務次官、その他誰もが電気をかけられ
    たようになり、何も申し上げることも出来ず、ただうしろに立
    ち尽くしていた。大変長く思える時間が経過し、一言も言わず
    立ち上がられた殿下を次の壕にお連れした。先導の者に続いて
    入りかけた宮は、つと、靴を脱ぎ靴下をはづし、素足になられ
    た。島の自衛隊隊員に聞いてみると、素足で壕へ入っていた人
    なんかこれまでいなかったという話だった。。。
                     (「高松宮と海軍:阿川弘之」より抄録)

     ベトナム戦争で傷ついた将兵より、硫黄島での犠牲者の方が
    多かったそうです。

購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。