国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

JOG Wing(Melma!) No.0341 田中真紀子外相への予想された失望

2001/05/28

 _/          _/  _/                      田中真紀子外相への
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/         予想された失望
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/                YoJirou
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H13.05.28 4,276部
 _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/         JOG Wing No.341
                                _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

     田中真紀子外相が中国に、台湾の前総統、李登輝氏の再来日
    はないことを、独断で伝えていたそうである。私は田中株を高
    く買っていたのだが、これで“未来のサッチャー女史”の可能
    性はなくなったと思った。クールでないのである。

     当初は腐った外務省を掘り返して新しい空気を入れられる人
    と思っていたが、次々に墓穴を掘り、評価を下げ、ついには中
    国へのリップサービスを聞くにつけ、大いに興ざめしたのであ
    る。

     就任後の数カ月は失敗をしても我慢しなければと思っていた
    が、程度問題である。てんびんの基本的な使い方を知らない人
    が、国家の重さを量ってはいけないのである。

     その人なりの量り方が新鮮で拍手を浴びることもあるだろう。
    だが、基本をわきまえず、あるいは完全に誤った認識でなされ
    ては、国民が迷惑する。これだけ騒いで外務省の改革もできそ
    うもないとすれば、おいとまいただいても早すぎることはない。
    逸材と期待していたのに惜しいことである。(開業医)

                     (産経新聞 05.22 大原敬太郎氏投稿より)

■ 編集者・YoJirouより ■

     編集者・YoJirou担当のJOG Wing 前々号、前
    号で

         田中外相の今後の発言を注意深く見守りたいが、やっと
        愚鈍傀儡的河野外務大臣が辞任したと思ったら、今度は逆
        に余計に始末の悪そうな確信犯的田中真紀子大臣が台湾を
        無視し、中韓に更に深くコミットしそうな悲観的可能性が
        垣間見える。(5月7日号)

         彼女は父親(田中角栄氏)がアメリカの意向に逆らって
        強引に日中国交回復をしたため、アメリカの策謀で貶めら
        れ、悲惨な最期を送ったと思っている(確かにそういう説
        や可能性はある)のではなかろうか。それでかなりの嫌米、
        親中国(中国要人はいまだに義理堅く田中先生と恩義を表
        すから余計そうなるであろう)になっているとも考えられ
        る。今後の日本の存亡を大きく左右する対中関係と対米関
        係のあり方に田中外相がどう対応するか見守る必要がある。
        かなり危ういものを感じる。(5月14日号)

         要するに朝日新聞記事程度の入れ知恵で国の大事を判断
        しているということを暴露したようなものだ。こんな人物
        を外務大臣にしたのは空前絶後の支持率を記録した小泉内
        閣の最大汚点となって歴史に刻まれることになる可能性も
        ある。(5月7日号)

     どうもこの心配が本当になりそうな気配を感じる。我ながら
    よく予測したものだと思えてしまうこのごろの真紀子氏の行状
    である。

     大臣就任後間もない、5月7日の日中外相電話会談で台湾前
    総統、李登輝氏へのビザ発給を今後は認めないとの方針を勝手
    に示したということで、物議をかもしているが、つい最近また、
    やはり、同じ唐家セン(王へんに旋)中国外相との電話会談で、
    「新しい歴史教科書をつくる会」のメンバーらが執筆した教科
    書について「何らかの具体的措置を取る」と述べていたことが
    複数の関係者の証言で明らかになった。(読売 5.23)

     国会審議でも、外相は真偽のほどは明かさないが、内心は親
    中派であることがはっきりした。参院予算委員会で、外務省機
    密費をめぐる改革案に関連して、「次官がなかなかしっぽを出
    さない」などと、外務省の川島裕事務次官を名指しで言葉汚く
    批判している。これはこれで大いにやればよかろうが、川島政
    務次官といえば、李登輝前総統の訪日問題ではビザ発給に尽力
    した人物である。これに対する報復的な匂いを感じるのは単な
    る勘ぐりだろうか。
    
     また、李登輝氏訪日に強硬に反対したチャイナべったりで外
    務省内中国代表部と言われる槙田邦彦アジア太洋州局長を台湾
    へ飛ばそうとした人事を真紀子氏が握りつぶしたとも言われて
    いる(テレビニュースの映像で槙田局長の髭面が訪中の真紀子
    氏にべったり寄り添っていた)。また、彼女はさかんに「原点
    は日中共同声明」と繰り返す。父親の田中角栄氏が調印した同
    声明へは相当の思い入れがあるようだ。中国に対しては「深い
    反省の気持ち」を表したという村山総理談話もよく持ち出す。
    中国様のおっしゃるとおりとご機嫌を損ねず、仲良ししたいと
    いうのが最大目標と読める。

     国会審議では、唐家セン外相との電話会談で真紀子氏が勝手
    に示した李登輝氏問題、教科書問題への発言の報道を否定すれ
    ば中国を刺激するし、肯定すれば小泉首相との閣内不一致が露
    呈するという難しい局面に立たされている。

     前々回のJOG Wingで紹介した、「田中外相の発言が
    単純な外交的修辞やリップサービスに過ぎない、でないことを
    信じたい」「田中外相の意味ある発言が実践され、日本が責任
    のある国際社会の一員としての姿勢と位相を取り戻してほし
    い」(朝鮮日報 4.29)という韓国政府のスポークスマンの言
    葉と同じことが当然、中国からも突きつけられるだろう。あれ
    は間違いだったとは当然言えまい。電話会談内容の確認あるい
    は公式表明を迫ることも考えられる。(今回、中国側に、電話
    協議の内容を再確認したい意向があったことは確かだ。 毎日
    新聞 5.25)。しかし、せっかく可愛い飼い犬になりそうな真
    紀子外相を窮地に追い込むほどチャイナもバカであるまいから、
    一応怖いよと脅しておいて(これで日本は萎縮する)、案外サ
    ラッと流すかもしれない。またそれに恩義を感じて卑屈になり、
    ODAを弾んだりする。チャイナに思うがままに操られている
    情けない日本の政治家。

     「金正男」問題で、曾野綾子氏は「小泉内閣は48時間以上
    は(「金正男」の国外退去)決定までに時間があったのだ。こ
    れは明らかに小泉内閣が全責任を負うべき事件であり、田中真
    紀子外相は着任早々、大きな失策をしたと私は思う。このよう
    な投げやり・弱腰外交なら、政権交代は必要なかったのであ
    る」(産経新聞 5.24)と言っているが、「田中外相は翌5月
    2日午前、外務省で行われた幹部との協議の場で、興奮した様
    子で「どこの国でもいいから、とにかくマスコミに知られない
    うちに早く出しちゃいなさい」と主張した。出入国管理法に基
    づく手続きを経ずに極秘に4人を出国させようとの考えだった
    とみられる」(毎日新聞 5.24)ということのようだ。

     眉間に皺を寄せて怒鳴りまくる、粗忽で、気弱で(気弱は往
    々にして強面になるもの)、パニックになりやすい、普通でな
    いおばさんが国を左右する外交に携わってよいのだろうか。

     「田中外相が伏魔殿の魔物たちと闘うのは、さぞかし大変だ
    ろう、と思うが、閣僚のポストにいるのは、なりたくてなった
    人たちだ。いささかも同情することはないだろう」。(産経新
    聞 5.24 曾野綾子氏)

     「国家の「威信」と「利益」を損ねる外務大臣は、たとえ国
    内的な人気が絶大であっても、無用の存在なのである」(産経
    新聞 5.24 櫻田 淳氏『正論』)

     しかし、誰が外務大臣になっても彼女や河野程度の政治家、
    人材しかなさそうなのが敗戦国日本の悲しいところだ。国難に
    現れる人材は野に隠れているのだろうか?

購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 90 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。