国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

JOG Wing(Melma!) No.0336 日本に主権意識はあるのか?

2001/05/14

 _/          _/  _/                      日本に主権意識はあるのか?
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/   
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/                YoJirou
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H13.05.14 4,217部
 _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/         JOG Wing No.336
                                _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

     台湾の李登輝前総統の来日での優柔不断、教科書問題に関す
    る外国からの内政干渉への抗議さえせず、ただ無批判に追従し
    ている政治家を見て、果たして、この人たちは日本の国益、日
    本人としての誇りというものを持ち合わせているのか疑問に思
    った人は私ひとりではないだろう。

     さらに今回、偽造旅券を使って不法入国を企てた不法入国者
    を、本人の特定もせず、事件の背景も調査せず、最長六十日拘
    留し取り調べできるところを、わずか三日後、それも本人の希
    望通りに中国に送還したことは、明確に国益を損なっているし、
    法の適正な運用上の問題がある。

     官邸、外務省はこの不法入国者が、北朝鮮の金正日総書記の
    長男、金正男氏とみられるとしているから、政治問題化を回避
    するために今回の処置を取ったのだろう。

     小泉純一郎総理は、法に基づき適正な処置と主張するが、は
    れ物にでも触るような今回の処置は、多くの国民の納得できる
    ものではない。教科書問題でも外国の不当な干渉に政官あげて
    追従し、さらに今度は不法入国者も処罰できないということで
    は、わが国は独立国家とはいえない。

     国会議員諸氏に問いたい。皆さんは、わが国の主権、尊厳を
    いかに考えているのか。

     胸を張って「主権を守る」と、回答できる議員は、今回の処
    置に抗議声明を出した超党派国会議員をはじめ少数の人間であ
    ろう。ここに戦後日本の病理がある。
       (産経新聞 5.10 『アピール』 土屋敬之氏投稿より抜粋)

■ 編集者・YoJirouより ■

     上記のアピールをされている土屋敬之氏は民主党の東京都議
    ということである。民主党は右から左までのごた混ぜ政党だか
    ら氏のようなサムライもおられるようであるが、頭目の鳩山氏
    の頭の中はどうなっているか理解に苦しむ。これで選挙に勝と
    うと思っているのであろうか。インターネット掲示板の皮肉屋
    は鳩山は民主党を分裂解体するために動いているのだと言って
    いるが、そうとしか思えない。

     鳩山代表は韓国訪問中、韓国国内で反発の声が上がっている
    扶桑社発行の中学歴史教科書について、「歴史をわい曲して美
    化しようという姿勢が見られ、子どもたちが読むにはふさわし
    くない」、「各地域の教育委員会で採択され、どんどん使用さ
    れていくことは望ましいことではないと思っている」などと述
    べた。すでに検定制度の下で合格した特定の歴史教科書につい
    て、政党代表がその採択を妨げる趣旨の発言するのは、明らか
    に不当な政治的干渉だ(しかも外圧を借りようと外地で発言す
    るとは売国以外の何ものでもない)。これを与党党首が左傾教
    科書(日本の歴史教科書のほとんどがそうとも言えるが)に対
    して言ったら鳩山氏など大騒動を起こすことだろう。

     それに対して、先ほどごた混ぜ民主党にはサムライもいると、
    書いたが、

         民主党の教科書問題ワーキングチームの有志議員五人は、
        鳩山由紀夫代表が韓国を訪問した際に扶桑社の中学歴史教
        科書について「偏狭なナショナリズムに基づく」などとし
        て採択は望ましくないとの考えを示した問題で、鳩山代表
        に対し「極めて危険な外交態度と判断せざるを得ない」な
        どと抗議する文書を提出した。

         文書は、鳩山氏の発言について、「発言が韓国当局の教
        科書批判に、正当性の根拠を与えたとすれば、不適切との
        そしりを免れない」としている。

         五人は、鮫島宗明、大石尚子、牧義夫、松原仁、小泉俊
        明の各氏。
                                           (産経新聞 5.10)

     まさにごた混ぜ政党だ。鳩山氏は本当に頭が悪いのか、先の
    見えない単なるお坊ちゃま政略家なのか。多分両方だろう。国
    家主権などという意識は微塵もなかろう。あれば韓国訪問の醜
    態は考えられない。

     韓国も自国の子供の教育に対し他国がくちばしを入れるのは
    断るだろう。同じことで、日本も自国の子供の教育に向かって
    他国があれこれ指図するのは絶対に断る。それが独立国家であ
    り、主権国家であるからだ。ただそれだけのことである。
   (産経抄 5.9)

     次に、じゃじゃ馬おばさん、田中真紀子外相は韓国が教科書
    修正要求をしてきた8日の閣僚懇談会で、またまた「事実をね
    じ曲げていることを承知の上でつくった教科書を合格とするよ
    うな検定制度は問題だ」と発言したという。日本の教科書検定
    制度は中韓の国定教科書とは違い、原則自由な記述を認めなが
    ら、史実の誤りやバランスを失した記述には検定意見をつけ、
    修正を求める制度である。外相としてそれすらも問題だという
    のは、特定の歴史観や歴史認識を排除する思想検閲につながる
    ものである。この程度の認識さえないものが大きな顔して、越
    権的に根拠のない批判をするとは空恐ろしいものがある。しか
    も、外相就任当時の会見で「問題の教科書はまだ見ていない
    が」と言っていたが、その後読んだとも思えない。何せ、米国
    のアーミテージ国務副長官がブッシュ米大統領の特使として来
    日しているのに、会おうともしなかった言い訳に、多忙とやむ
    を得ざる私用を挙げるような外相である。問題の教科書に目を
    通しているとは到底考えられない。単なる中韓よりの思い入れ
    発言である。このおばさんも国家主権というような感覚は毛ほ
    どもなさそうだ。嗚呼!傾国日本!亡国へ向っているのか!

     ついでだが、田中外相は小泉首相にもブッシュ米大統領特使、
    アーミテージ国務副長官とは格が違うから会わないように進言
    していたという。彼女は父親(田中角栄氏)がアメリカの意向
    に逆らって強引に日中国交回復をしたため、アメリカの策謀で
    貶められ、悲惨な最期を送ったと思っている(確かにそういう
    説や可能性はある)のではなかろうか。それでかなりの嫌米、
    親中国(中国要人はいまだに義理堅く田中先生と恩義を表すか
    ら余計そうなるであろう)になっているとも考えられる。今後
    の日本の存亡を大きく左右する対中関係と対米関係のあり方に
    田中外相がどう対応するか見守る必要がある。かなり危ういも
    のを感じる。

     編集子は前号で、小泉首相に「この外相を統御する識見と迫
    力があるか、お手並み拝見である」という趣旨のことを書いた
    が、ある報道によると、首相は、恩を感じてか、迫力に負けて
    か知らないが、このじゃじゃ馬を御する迫力はないそうだ。ま
    た逆に、教科書問題などでどこに行くか分からないこのじゃじ
    ゃ馬を御せるのは小泉首相しかない、という政府部内の嘆きの
    声もあるとか。

購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 90 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。