国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

JOG Wing No.0316 by melma!

2001/04/05

 _/          _/  _/                      國民を護る国家
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/                     南十字星
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/    
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H13.04.05 4,150部
 _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/         JOG Wing No.316
                                _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

     久方ぶりに南十字星様の文章を掲載させていただきます。国
    家が国民を護るとはどういうことか、教えてくれる貴重なお話
    しです。タイトルは編集者がつけたものです。(伊勢雅臣)
   ---------------------------------------------------------

     北鮮による邦人誘拐問題はさっぱり進展しませんが、この点
    でも昔の日本の方がしっかりしてゐたものです。

     日本海軍は北洋警備−北洋漁業保護の為に、最旧式駆逐艦を
    以て編成する駆逐隊の一隊(定数四隻 司令は大佐または古参
    の中佐)を毎シーズン派遣しておりました。
 
     民族性なのでせうか、蘇聯は昔から露骨な國で、我が駆逐隊
    が漁業海域に到達し警備任務を開始するや、日頃横暴なる蘇聯
    艦艇も、途端に猫の如く大人しくなりました。
 
     だから駆逐隊は毎度漁民から熱狂的大歓迎を受けたものです
    が、必要に応じ、大艦隊を神速に派遣することも行はれたやう
    です。

     父の友人に樋浦丈作さんといふ越後人がありました。

     明治の御代に雪の越後を後にして、数多辛酸を嘗め、戦後は
    小金持になり、総武線沿線に櫻湯とふ銭湯八店舗など経営して
    世を終へられました。

     この御仁が、大正の末か昭和の初め、蟹工船に乗組んで北洋
    漁業に従事してゐた時の話です。

     氷濤の中、果敢に操業してゐた或日、突然蘇聯の警備艦艇に
    謂れ無く拿捕され、乗組員一同、浦塩に聯行、抑留されました。
    此処までは今日と同じです。

     取調べは惨たらしいもので、生きて再び日の目を拝めるか、
    と思った程ださうです。ありもせぬ犯罪事實の自白を強要され、
    半殺し状態で朝を迎へ、再び鐵格子の中から引き出されました。
    いよいよ殺されるかと半ば覚悟した途端、何故か赤魔官憲の態
    度が掌を返す如くに豹変し、捜査は打切り、無罪放免、露西亜
    紅茶まで振舞ってにこやかに釈放するではありませんか

     解き放たれた樋浦さん達は警察署だか獄舎だかの外へ出まし
    た。
    
     天然の港町なら大概、地形的に港へ向って傾斜し、海側の眺
    望が開けているものです 半信半疑の儘、ともかくも港へ向は
    うとふらつく脚を海へ向けました。その瞬間、何故、助かった
    かが判りました。

     沖には日本海軍の大艦隊が間近く展開し、旗艦たる巡洋艦以
    下、各艦砲身を陸に向け、砲門を開き、その強大な攻撃力は毎
    分幾百幾千發ぞ。陛下の赤子にかすり傷だに負はせなば、ウラ
    ジオストックそのものを消滅させんばかりの圧倒的武威を以て
    ソヴィエト社會主義共和國聯邦を威圧して呉れてゐたのです。
    旭日の軍艦旗の何と美しく、浮かべる城の何と頼もしかったこ
    とでせう。皆、感泣しました。鋼鐵の艦体に頬ずりしたい思ひ
    で‥‥

     舳(みよし)に菊の御紋を戴いた日之本の國の鎮(しずめ)
    に護られて、樋浦さんは無事、日本に帰りました。取るにも足
    らぬ漁舟の、僅かな人数の乗組員の為に、大國相手の戦争をも
    辞せず、瞬く間に艦隊を繰り出して救出してくれた祖國日本の
    親心に酬いる為にも、なほ一層仕事に励み、三代の御代を生き
    抜いて、二十年ほど前に亡くなりました。

     勤倹貯蓄、關東大震災の前の歳に買ったといふ革靴を、靴底
    だけ張替へ張替へして生涯穿き続けた一生でした。
    「贅澤をする金があったら海軍に献金でもせい!」

     國家國民が心から一体感を抱き、同胞愛に燃えてゐた時代の
    想ひ出を、聞いたままに記した次第です。

購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 
============================================================
★★★★  書籍版「国際派日本人養成講座」第2巻発売  ★★★★
・国際社会で自分自身を語れますか?
        〜わが国の歩みを辿りつつ、自分探しの旅に出かけよう。
・本日3/19までの予約者には、抽選で50名様に500円分の図書券、 
  全員に電子ブック版総集編(定価500円)をプレセント
・A5判188ページ 定価1,000円(税込み)+送料他210円〜
・千年紀書房             http://www.myciz.net/mmbook/jog.htm
============================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 90 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。