国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

JOG Wing No.0288 by melma!

2001/02/09

 _/          _/  _/                      人の生き方
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/                 天下の無法松
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/    
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H13.02.09 4,018部
 _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/         JOG Wing No.0288
                                _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

                      無法松の「皆で考えよう」シリーズ第5弾

     Momotarouさんに引き続いて無法松からも一言、二言。

     まだ皆さんの記憶に新しいあの新大久保のJR駅での死亡事
    故についてですが、これは韓国の留学生が亡くなった為か、大
    きく報道されましたが今から十数年以上前の昭和の終わり頃に、
    これも東京の新橋の駅のホームから今回と同じように落ちた人
    を助けようとした青年がその人とともにホームに入ってきた列
    車に巻き込まれて死亡するという事故がありました。

     この事故はその後、新聞の片隅に載った程度の報道で終わり、
    そのことを覚えておられる方は少ないと思いますが、無法松は
    この頃、東京に住んでいてよく新橋の駅を利用したことがあり、
    事故の後、自分だったらそのような場合はどのように行動する
    だろうかと考えていました。

     その為か今でもその事故のことを覚えていますが、この青年
    もまた死んではならない人だったのです。その青年は母親と子
    一人の青年で大変親孝行の青年であったと無法松は記憶してい
    ます。

     しかし、その時の青年もそして今回の二人の青年も駅に列車
    が来ることを確認せずに反射的にホームの下へ飛び込んだので
    す。

     ただ理性的に考えればホームに列車が来るのを確認してから
    人を助けるべきだと言う人もいるかもしれませんが、結局は人
    を助けるということは理性ではなく、とっさの本能的な行動で
    あるということではないかと無法松は思います。

     人と言うものはその漢字からもわかるように、お互いに人と
    人とが支え合って生きるものです。つまり、人が人を助けるの
    は本来は本能的なものであると無法松は信じます。

     そしてそのことは今から半世紀以上昔の我が国では当たり前
    のことであって、だからこそ多くの特攻隊の人々が己の命を祖
    国に捧げたのでしょう。

■天下の無法松より一言■

     今回の事故は大変悲しいことです。しかし、今回とは逆に人
    を殺害する人が増えている現在に於いては、今回の事故は人を
    助けると言うことがどういうことであるかを正に身を以て我々
    に考えさせるものとなったのではないかと思います。このよう
    な青年達の行動を他の人に強制することは決して出来ませんが、
    少なくとも我々はこのような行動を行った人々を表彰すること
    ぐらいはしなければならないと思います。 合掌

購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 
書籍版発刊 ★★★ 日本を考え、日本人に元気を与える ★★★
  税・送料込み\1,560円   http://www.hexnet.co.jp/jog.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。