国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

JOG Wing No.0282 by melma!

2001/01/31

 _/          _/  _/                      自己犠牲
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/              MoMotarou放送局
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/    
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H13.01.31 4,005部
 _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/        JOG Wing No.0282
                                _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

 ///////////////////////////
  
       JOKK-WAHAHA, こちらMoMotarou放送局です。

        みなさん、こんにちは。。。
        MOM放送局のMoMotarouです。

     1月26日夜半、東京新大久保駅にておきた三名の転落事故
    救助死は悲しい出来事でありました。

     一人の酔っ払いがホームから落ちたところを周りの二人の方
    がとっさに救助の為に線路に飛び降り巻き込まれたようです。
    一人は日本人でもう一人は韓国からの留学生(26)の方でし
    た。

     お二人の自己を省みぬ勇敢な行動をお称えし、また御両親及
    び韓国政府に対して深く哀悼の意を表したいと思います。

★「自己犠牲」

     今回の事故で思い出したのが1992年10月に山形県天童
    市で行われた「べにばな国体事件」です。

     天童市の県総合運動公園で行われた四日の開会式で、天皇陛
    下のお言葉の最中、過激派の活動家が警備のスキをついて競技
    場内に飛び出し、発炎筒をロイヤルボックス席めがけて投げ付
    ける事件[1992年10月21日 サンケイ新聞東京夕刊より]

     もしビデオをご覧になる機会がありましたら注意して見て頂
    きたいのです。陛下は開会の辞を読まれていて気付かれずおり
    ました。其の後ろの皇后陛下が暴漢が迫ってくるのを発見し、
    陛下の前に進まれ暴漢との間に入るような動きをされました。

     これは常日頃から、「何が一番大切なのか」と言う事を考え
    ていなければ出てこない行動であります。不肖 MoM太郎は大変
    感激してしまいました。以後皇后陛下を深く御尊敬申し上げ、
    写真が出ておれば、恥ずかしながら女性週刊誌までも店頭で読
    んでおりました。

     この皇后陛下の行動の源泉は何かと考えておりますと、先の
    インドでの「基調講演」に出会い納得しました。
   (http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/26ibby.html

     今回の事故で亡くなったお二人の「勇敢さと自己犠牲の精
    神」を表彰する事で、我が国の精神の覚醒を促すよう、誠に頼
    りない我政府に求めるものであります。森総理、宜しくお願い
    致します。

   それでは、また、ごきげんよう!JOKK−WAHAHA

    ///////////////////////////

購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 
書籍版発刊 ★★★ 日本を考え、日本人に元気を与える ★★★
  税・送料込み\1,560円   http://www.hexnet.co.jp/jog.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 90 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。