国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

JOG Wing No.0280 by melma!

2001/01/26

 _/          _/  _/                      過激派の夫と内縁関係の
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/                 衆議院議員?
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/    
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H13.01.26 3,981部
 _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/         JOG Wing No.0280
                                _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

                    大変なことが起きていますよシリーズ第5弾

     正月早々ですがまたまた大変なことをお知らせします。それ
    は社民党の辻元清美・衆議院議員には内縁関係の夫がいて、そ
    の夫が日本赤軍という噂が流れているのです。

     その男性は第三書館という出版社の社長の北川明と言う人物
    で北川氏は昭和50年、スウェーデンから強制送還され、旅券
    法違反で逮捕された日本赤軍のヨーロッパ担当兵ということで
    す。
    
     西ドイツの日本人商社員誘拐・身代金奪取作戦に参加予定だ
    ったのが未遂に終わったとのことで、公安調査庁がずっと動向
    を調査してきた要注意人物だそうです。

     北川氏が経営する第三書館の著作にはいかにも極左的・反体
    制的な題名のものが多くあり、辻元氏はそんな出版社から代議
    士として著書を数冊出しており、HPでもその本を広告してい
    ます。

     そして辻元氏の選挙区は大阪10区(高槻・島本)で、氏の
    地盤の高槻市はあの赤軍の重信房子が潜伏、逮捕された場所で
    周辺に日本赤軍の関係者・支援者が多い土地です。

     この他に社民党内には「元」過激派の活動家が相当入り込ん
    でいるそうで、例えば村山内閣の時の総理秘書には共産同戦旗
    派(荒派)が1名と社青同解放派1名がいたと伝えられていま
    す。

     社民党のみならず民主党では比例区の今井澄参議院議員が元
    過激派で、氏は共産同の大物活動家で東大全共闘を指導して安
    田講堂を占拠した人物です。これはあの歌手の加藤登紀子の夫
    も同様です。

     このように「元」過激派の活動家が議会政党の中に入り、合
    法的な政治活動や市民運動を行っている例は、少なくないので
    す。

     つまり、昔、ヒトラーがそのナチスの実体を国民の前に隠し
    てドイツ国民を騙して議会を乗っ取ったのと同じことを現在の
    日本国において行おうとしている人々がいるのです。

■天下の無法松より一言■

     この情報をどう思われますか。このような情報は新聞では絶
    対に得ることは出来ませんが、多くの国民がこのような世間の
    裏の情報を知らない内に世の中はおかしくなっていくのです。

     この情報を大変なことだと認識された方はより多くの人々に
    この情報を伝えていって下さい。

購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 
書籍版発刊 ★★★ 日本を考え、日本人に元気を与える ★★★
  税・送料込み\1,560円   http://www.hexnet.co.jp/jog.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。