国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

JOG Wing No.0268 by melma!

2000/12/27

 _/          _/  _/                      日本国こそ21世紀の
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/       世界の目標
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/                        無法松
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H12.12.27 3,963部
 _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/        JOG Wing No.0268
                                _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

                                    無法松からの年末特別号

     ついに後数日で21世紀となりますが、皆さん21世紀を目
    の前にして何か夢をお持ちですか。

     無法松はこの21世紀に日本国が本来の良き伝統を復活して
    蘇り、世界からその存在価値を認められる国になることを夢見
    ておりますが、それには前回のメールでお知らせしたように
    「日本国は悪い国である。」というように多くの日本人が洗脳
    されたままでは駄目です。

     先月より米国では大統領選挙が行われ、ようやく12月も中
    旬になってブッシュ氏が大統領に選ばれましたが、この選挙で
    は米国流民主主義なるものの欠陥を如実に表しました。その欠
    陥とは大統領制が常に民意を得ているとは限らないということ
    です。

     今回のように候補者のどちらが大統領になろうともおかしく
    ない事態になると、選ばれた大統領の正当性が薄くなり、国の
    統一が損なわれる恐れが出てきます。

     その点、世襲である君主制の国はその君主に歴史上の正当性
    がある限り、国は常に統一され混乱することはありません。こ
    れが我が日本国であり、この君主とは我が国では「天皇」です。

     皆さん、「皇室」という我が国の国柄を知っておられますか。
    今から55年以上前の日本人は皆、「皇室」を尊び、目上の人
    を尊敬するという良き日本人としての伝統を持っておりました。

     ところが戦後、この良き伝統が薄れてきて最近では子供が大
    人を尊敬するどころかその大人を殺す事態になってきています。

     これはやはり戦後の日本人が我が国の「皇室」という国柄を
    考えないようになったからだと無法松は考えます。どうか皆様
    にはこの21世紀に日本人として目覚められ、「御皇室」の存
    在に気が付いて戴きたいと願います。

■天下の無法松より一言■

     本年より皆様へメールをお送りしておりますが、私の拙い文
    章に対しまして数人の方から御返事のメールを戴きましたこと
    に感謝申し上げます。

     私も40の半ばになる身で世の中の厳しさを益々感じており、
    特に零細な中小企業で働く方からの御返事には私の方こそ励ま
    されました。

     どうか皆様も21世紀を前にして夢を持たれて少しでも日本
    が良くなるように頑張って下さい。

購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 
書籍版発刊 ★★★ 日本を考え、日本人に元気を与える ★★★
  税・送料込み\1,560円   http://www.hexnet.co.jp/jog.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。