国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

JOG Wing No.0238 by melma!

2000/10/23

 _/          _/  _/                      これ産経新聞の記事?
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/   
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/    
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H12.10.23 3,723部
  _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/        JOG Wing No.0238
                                 _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 
    ○日本共産党声明への3つの疑問 (9.4)
    
     「(ソ連共産党の)解体は当然」というのはそれなりに理解
    はできる。しかし、共に共産主義の理念を掲げてきた党(日本
    共産党)が、「もろ手をあげて」といった最大級の表現で解体
    を「歓迎」することに対しては、違和感を覚える人も多いので
    はないか。

     「8月革命」とまでいわれる今回のソ連の出来事は、人民の
    解放を掲げたロシア革命が民衆自身によって否定されたという
    性格をもっている。これは社会主義理論の根底を覆す背理とい
    ってもよい。にもかかわらず共産党の声明には、その深刻さが
    うかがえず、他人事のような響きがある。 (中略)

      歴史の節目に自己改革を怠れば、社会から取り残されるこ
    とは明らかだろう。

    ○ブレーンたち 若手遠のき学者・文化人は離反 (4.25)
      福島新吾専修大教授(60年安保の頃からのブレーン)

     私は気が長い方だ。しかし、30年以上いろいろ提言してきて
    も、一向に全党のものとしてくれない。近く定年なので、社会
    党との関係も定年にしたいくらいだ。今さら社会党以外へ行け
    ないから、死ぬまで「社会党」、「社会党」と言い続けるんだ
    ろうが、淋しいですね。社会党周辺に残っているのは僕らの世
    代だけ。若い人はだれも寄ってこないよ。

     戦後の一時期、「インテリの良心の代弁者」とさえ言われた
    ことさえある社会党だが、派閥抗争やソ連・東欧情勢のあおり
    で学者・文化人の離反が続く。

    ○理念喪失 「社会民主主義取り入れられず」 (4.27)

     「世界中が社会主義に失望し、胸を張って『社会主義』とい
    えない雰囲気になったのは確かですね」(元社会党国際局長 
    安井栄二)

     17日午後。訪日中のゴルバチョフソ連・大統領の国会演説を
    テレビで見た社会党ブレーンの一人はつぶやいた。「ソ連・東
    欧の変化を見ていると、われわれがやってきたことは一体何だ
    ったのかと考えてしまう。社会主義とまじめに取り組んだ人は、
    口にこそ出さないが、みんな同じ思いだろう」

    --------------------------------------------------------

     この記事を読んで、産経新聞の記事だろうと想像された方も
    多いのではないでしょうか。敢然と共産党や社会党に噛みつい
    ている。以前の日本ではこれは産経新聞の孤軍奮闘場面でした。
    しかし、驚く無かれこれが朝日新聞なのです。平成3年(1991)
    の記事です。記事タイトル横の( ) 内が日付。

■編集者・YoJirouより■

     10年ほど前、ソ連という共産主義の大きな後盾が崩れて、
    もはや反撃される心配のなくなった安心感か、あるいは負け犬
    に石をぶつけるとでもいうか、朝日新聞が共産主義(社会主
    義)に批判的なことを臆面もなく書き出した時期があったこと
    は、今ではすっかり忘れられている。当時全国紙の中では産経
    以外堂々と共産党、共産主義に批判的なことを書く新聞は無か
    った。それが突然のように朝日が産経新聞と見まごうような共
    産主義批判をし始めた。昔からそうであったような顔をして。

     朝日は親共、親社会主義新聞でずーっと通してきた新聞であ
    る。それが親元(ソ連)がおかしくなったとたんに離れ始めた。
    やはり、朝日は「歴史の節目に自己改革を怠って社会から取り
    残されるのは明らか」とみて社会党、社会主義(共産主義)か
    らジリジリと気付かれないように離れていたのだ。それが社会
    党の没落とも関係していたであろう。

     「とにかく朝日はいつでも時流に乗っての変身だから、いつ
    何時また変節するか知れたものではない」、と当時の編集子の
    日誌に書いているが、やはり、そうなった。昨今の朝日新聞の
    論調はまたまた異常になっているようだ。このことに関しては
    別に論じようと思う。

購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 
書籍版発刊 ★★★ 日本を考え、日本人に元気を与える ★★★
  税・送料込み\1,560円   http://www.hexnet.co.jp/jog.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。