国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

JOG Wing No.0237 by melma!

2000/10/20

 _/          _/  _/                      人間は社会の中で生きる動物
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/   
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/    
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H12.10.20 3,662部
  _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/        JOG Wing No.0237
                                 _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 
               「皆で考えよう」シリーズ第1弾

     10月8日(日)に福岡市内のあるビルであの小野田寛郎の
    講演会がありました。 この方は皆さんが御存知の通り、昭和
    49年にフィリピンのルバング島で発見された旧帝国軍人の方
    で、今回は「極限に生きる」と言う題目で講演されました。

     この御講演の中で小野田氏は「人間は社会の中で生きる動物
    であり、社会から離れては決して生きてはいけない生き物であ
    る。 であるからこそ我々は社会、つまり世の中に関心を持ち、
    少しでも世の中を良くしていこうと努力しなければならない。
    」という趣旨のお話しをされました。
    
     小野田氏は現在、自然塾という子供達を対象にした自然の中
    で子供達を鍛える塾を開いておられますが、その質疑応答の時
    間を含め2時間もの講演の間、78才の御高齢にも関わらず、
    ずっと立たれたまま素晴らしい笑顔でもって話され、その2時
    間はあっという間に過ぎました。

     やはり、人間というものは常に何かを考え、それを実行して
    いく時に生き甲斐を感じ、それが皆に認められた時に人間とし
    ての最大の喜びを得るのだと思います。皆さんも一人一人、世
    の中の為に何が出来るかを考えられて、それが実現されるよう
    努力して下さい。

■編集者・天下の無法松より■

     小野田さんは小柄な体格の方でしたが、演台では大変大きく
    見え、その笑顔が印象的でした。やはりその時その時を真剣に
    生きておられる方は正に魅力的で年を取ろうとも万年青年とい
    う感じでした。

     このような方に指導されている子供達は本当に幸せです。我
    々も小野田さんに負けずに世の中、人の為に頑張って生きてい
    きましょう。 (平成7年に「たった一人の30年戦争」とい
    う小野田さんが書かれた本が東京新聞出版局から出版されてい
    ます。)

購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 
書籍版発刊 ★★★ 日本を考え、日本人に元気を与える ★★★
  税・送料込み\1,560円   http://www.hexnet.co.jp/jog.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。