国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

JOG Wing No.0231 by melma!

2000/10/11

 _/          _/  _/                      羽田ーソウル間シャトル便
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/   
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/    
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H12.10.11 3,354部
  _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/        JOG Wing No.0231
                                 _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 
   ///////////////////////////
  
       JOKK-WAHAHA, こちらMoMotarou放送局です。

        みなさん、こんにちは。。。
        MOM放送局のMoMotarouです。

    「羽田ーソウル間シャトル便;深夜・早朝便」

    これで、韓国に行くには大変便利になります。日本政府は、羽
    田空港は国内便専用空港で、成田空港が国外専用という区分け
    をしてまいりました。

     今回韓国側に押し切られる形で、まさに「外圧」によって、
    原則を崩しました。サッカーのワールドカップ開催や韓国半島
    (大韓民国風)緊張緩和の為かもしれませんが大変重要な問題
    も含んでおります。

     それは、外国へ行く場合成田へ行くより、ソウル空港に出て
    そこから外国へ向かう方が便利になる可能性を持っているから
    です。東京から成田まで一時間は要しますから、その時間があ
    ればソウルまで行く事ができるのです。また、ソウルがハブ空
    港の用件を満たしていくならば、成田の国際空港としての価値
    も関西空港のそれも当然下がってきます。

    「航空法」には「以遠権」といって面白い概念・利権がありま
    す。将にその空港から次にどこまで行けるかという権利です。
    これは航空会社の路線・収益の問題に大きな影響を与えます。

    「鉄道の敷設権」。今、北朝鮮と韓国の間の線路をつなぐ作業
    が行われています。その昔、韓国・中国の鉄道敷設権が列強の
    間で争奪が行われました。ロシアが朝鮮半島の「鉄道の敷設
    権」をとれば釜山までシベリア鉄道で直行でき、英国艦隊によ
    る。制海権も弱体化します。日本も危なかった。

      事象・現象の中には一見してなんとも思わないような事で
    も将来大変な事に成る「種」を含んでいます。今回の「在日韓
    国・朝鮮参政権法案」も、地方だから、とか 共生だとか、、
    在日外国人だとか、耳障りのよい焦点をずらした説明をして導
    入の壁を低くしておりました。気を付けましょう!
    国会議員でさへだまされていたのですから。。。(-_-;)
    
    追申 在日の方々には個人的には何のわだかまりも持っており 
         ませんが、裁判所も警察も消防署もない国家間では別の 
         お話です。

     それでは、また、ごきげんよう!JOKK−WAHAHA

    ///////////////////////////

購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 
書籍版発刊 ★★★ 日本を考え、日本人に元気を与える ★★★
  税・送料込み\1,560円   http://www.hexnet.co.jp/jog.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。