国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

JOG Wing No.02 by melma!

2000/08/28

 _/          _/  _/                      自分の力の源泉は軍事力だ
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/   
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/    
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H12.08.28 3,327部
  _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/        JOG Wing No.0210
                                 _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

     北朝鮮の金正日総書記が韓国の新聞・放送社長団と会見で語
    った談話内容が明らかになった。日本との関係について「自分
    は自尊心をまげてまで日本と国交を結ぶことは絶対にしない」
    「日本に勝ち、36年間(被支配の)補償も受け取らねばならな
    い」と強調した。

     北朝鮮はこれまでも、日本に対して過去の植民地支配への補
    償が必要だと繰り返しており、今後の日朝交渉で最大の焦点に
    なるのは必至だ。また、日本人拉致問題を取り上げる日本に強
    い姿勢で臨むことも示している。

     プーチン・ロシア大統領が金正日総書記の話として伝え国際
    的に関心を集めた「条件付きミサイル放棄説」は金総書記の
    「笑い話」だったことも明らかになった。

     金総書記は「ロケット(ミサイルのこと)研究で数億ドルずつ
    (外国から)入ってくるのに、やめることができようか」と語
    り、ミサイル開発を続ける意思を持っていることもはっきりし
    た。

     さらにミサイル開発に関連しては「国が小さいほど自尊心を
    しっかり守り列強大国に対抗しなければならない。大国に卑屈
    だったりおべっかをつかっては絶対いけない」「米国は頭が痛
    いだろう」とも言っている。(ミサイル開発を止めるとしても
    しっかり見返りはもらうよ、ということ)

     今回の発言で注目されるのは、自分の力の源泉は「軍事力だ。
    外国とうまくやろうとしても軍事力がなければならないし、外
    国との関係でも力は軍事力から生まれる。外国と親しくしても
    軍事力は持っていかなければならない」とし、軍事独裁体制の
    維持に変わりはないことを明確にしている。
                                      (産経新聞 8.15 より)

■編集者:YoJirou より■

     北朝鮮の戦略は謀略ということを常に意識して行われている
    と見るべきだと編集子は考える。まず、頑ななイメージから、
    いきなり対話、柔和ムードを持ち出し相手を感激させて冷静な
    判断力を失わせる。そこでジワーッと対話への対価、見返りを
    求めてくる。相手が譲歩をし始めると、突然対話ムードを止め、
    一方的に難癖をつけて相手を非難し攪乱する。軍事独裁体制は
    結局は国をオープンにできない、すれば崩壊に向かう宿命にあ
    ることを一番知っているのは独裁者である。逆に言えばオープ
    ンさせて崩壊させる手もあるということか?

■リンク■
a. JOG(137) 金正日の共犯者
   核武装に突っ走る北朝鮮・金正日政権を育てた責任はアメリカ
  と日本にある
  http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog137.html

購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 
書籍版発刊 ★★★ 日本を考え、日本人に元気を与える ★★★
  税・送料込み\1,560円   http://www.hexnet.co.jp/jog.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。