国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

JOG Wing No.0206 by melma!

2000/08/11

 _/          _/  _/                      プラハより
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/   
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/    
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H12.08.11 3,276部
  _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/        JOG Wing No.0206
                                 _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

                               めぐみさん(チェコ在住)より

     2年ほどまえから、チェコ共和国のプラハで仕事を始めまし
    た。何故プラハか、といえば、日本で出会った彼がチェコ人で、
    3年程前にプラハに戻ってきていたのです。その彼を追いかけ
    るように、プラハにやってきて、ようやく仕事を見つけて今に
    至る次第です。

     当然のことながら、この国の言葉も歴史もなにも知らずにや
    ってきて、新生活を始めたのです。こちらでの生活に慣れるに
    つれ、友人も増えてきました。幸い、彼らは皆英語を話すので、
    いつも話しは英語でしていましたが、よく日本のことを尋ねて
    きました。
    
     しかし、私は何一つとして、正確に、胸を張って答えること
    ができませんでした。自分の国のことを知らなすぎるのです。
    それに引き換え、彼らは、自分の国の歴史、文化、言葉、習慣、
    全てのことにおいて、熟知しており、自分の国を大変誇りに思
    っているのです。正直言って、大変驚きました。

     ご存知のように、チェコ共和国という小さな国は、大変複雑
    な歴史を歩んできており、度重なる侵略や、不法ともいえる国
    の分断などに悩まされ続けていました。それもつい最近まで、
    プラハの春だ、ビロード革命だ、と不安定な情勢だったわけで
    す。

     私は日本人として、大変誇りを持っていたつもりでした。し
    かしそれは、あくまで今先進国である、恵まれた国である、と
    いうある種の片寄った優越感であったのかも知れない、と気づ
    いたのです。私は自分の国の歴史や文化に対し、誇りを持って
    いたわけではないことに気づきました。それに引き換え、彼ら
    は、確かにお金は持っていないかもしれません。でも、彼らの
    持つ自信、誇りから生み出される精神的強さは見習うべきもの
    であるのです。

     この国に来てから出会う日本人の多く、こんなことを言った
    ら語弊があるかも知れませんが特に一流企業と呼ばれる会社の
    方々は、この国を経済的理由から貧乏であると馬鹿にし、自分
    達の方がこんなにも優れているんだぞ、という行動をとってい
    ます。それは、同じ日本人から見ても、大変感じの悪いもので
    す。この国のことを何ひとず知ろうとせずに、自分達の尺度で
    こちらの人々を計っているのです。その尺度というのは、きっ
    と自分の国の文化、歴史にのっとた尺度ではないのです。以前
    の私がそうであったように。

     私が伝えたかったことは、一人でも多くの方々に自分の国の
    ことをもっと誇れるようになって下さい、ということなのです。
    我が国は歴史において、間違った行動もしてきたことも事実で
    す。その事実を素直に認め、その事実を知ることを恐れずに向
    き合って、それから全てを受け止めて欲しいと思います。
    そのためにも、もっともっと沢山のことを知る必要があるので
    す。日本のこと、世界のこと。

     そういう意味から言って、私はこの講座に全面的に賛成で、
    遠くから応援しております。頑張って下さい。
    
■編集長・伊勢雅臣より■

     応援ありがとうございます。我々が自分の国のことを大切に
    思うのは、先進国だから、とか、経済大国だから、という理由
    ではありません。我々の祖先が一生懸命支えてきた国だからで
    す。
    
     この点に気がつけば、どんな小さな貧しい国でも、その国の
    人々が自分の国を大切に思う気持ちを理解できるでしょう。ア
    メリカや日本のような大国の国民にはなかなか気づきにくい点
    ですが。
    
購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 
書籍版発刊 ★★★ 日本を考え、日本人に元気を与える ★★★
  税・送料込み\1,560円   http://www.hexnet.co.jp/jog.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。