国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

JOG Wing No.0205 by melma!

2000/08/09

 _/          _/  _/                      韓国軍の日本駐留
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/   
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/    
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H12.08.09 3,276部
  _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/        JOG Wing No.0205
                                 _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

                            匿名希望さん(東京都在住)より

     私の手元にある雑誌の記事に次のことが書かれています。

         それから間もない1950年朝鮮戦争が勃発し、米軍と
        韓国軍が北朝鮮軍に押され押されて一時は釜山まで攻め込
        まれた。その頃私は岐阜県の各務原飛行場および愛知県小
        牧飛行場(現在の名古屋空港)に行く機会があって、この
        中部地方の2つの飛行場に立ち入り、おびただしい米軍と
        韓国軍を目にした。あたかも戦場のようであった。滑走路
        の周辺には土のうを積み対空陣地があるかと思えば、爆弾
        が野積みにされていた。それに沢山のテントが張られ、歩
        兵と思われる韓国軍部隊が待機し、要所要所に銃を構えた
        韓国軍兵士が警戒していたのには驚いてしまった。

         近くを通ったら彼らは韓国語で話をしていたし、兵舎の
        中の消火器のところには、ハングル文字で使用方法が書い
        てあった。

         その頃、この飛行場に米軍以外の韓国軍がいることなど
        地元の市民も全く知らされてもいなかったし、新聞、ラジ
        オなどでこれを報ずることもなかった。その後飛行場近く
        に当時から住んでいる人に尋ねても、このことは全く知ら
        なかった。

         中部地方においてこれだから、西日本各地はさぞ韓国軍
        で埋まっていたものと思う。
        【樋口次之、「近くて遠い国を近くて親しい国に(1)」、
        近代消防 vol.467 平成12年5月号 pp.102-106】

     歴史に詳しくない私にとって、韓国軍が日本に駐屯していた
    というのは知りませんでした。韓国軍の日本駐屯は広く知られ
    ていることなのでしょうか?

     JOG(37)で紹介いただいた名越二荒之助氏の韓国国立墓地参
    拝に関し、同氏のホームページでは、国立墓地参拝をすませて
    帰ろうとすると衛兵司令に呼び止められて「墓地の中で日の丸
    を掲げたのはグレイト・ミステイク(大変な間違い)である。
    韓国動乱に日本は参加しなかつた。参加しない国の旗を掲げて、
    英霊の心が休まろうか。あなたたちがもし韓国動乱に参加した
    十六ヶ国の国民であつて、その国の旗を掲げるのなら別だが
    ・・・。」
    と言われたとあります。

     日本の主権が回復する以前の出来事なので日本政府の主体的
    判断ではないと言われればそのとおりなのでしょうが、「韓国
    動乱に日本は参加しなかつた。」とも言いきれないように思い
    ます。
    
■編集長・伊勢雅臣より■

     私もこのような話は初耳でした。米国の冷戦外交の理論的指
    導者ジョージ・ケナンは、アメリカは戦う相手を間違えて、日
    本を破ったために、対ソ防衛の課題をそっくり引き継がなけれ
    ばならなくなった、という見方をしています。
    
     日本を破ったために、朝鮮防衛の肩代わりをするはめになっ
    た米国に対してはともかく、北の侵略に対して身を挺して戦っ
    た韓国軍に対して、我々日本人はもっと感謝しなければならな
    いでしょう。現在の北朝鮮が釜山まで支配していたら、と思う
    とぞっとします。
    
購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 
書籍版発刊 ★★★ 日本を考え、日本人に元気を与える ★★★
  税・送料込み\1,560円   http://www.hexnet.co.jp/jog.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。