国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

JOG Wing No.0201 by melma!

2000/07/31

 _/          _/  _/                      東南アジアへの売春旅行は
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/    「侵略の反省」不十分?
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/    
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H12.07.31 3,277部
  _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/        JOG Wing No.201
                                 _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

     島川さんはロンドンで観光学を研究している方です。ある方
    の次のようなコメントに対して、専門家の立場から正確な事実
    を教えてくれました。(伊勢雅臣)
    --------------------------------------------------------

        >ドイツのおやじが日本のおやじのように買春旅行に出か
        >けたことはないはずです。日本のおやじが東南アジアの
        >女性を性の対象に見るようになったのはいつからか、そ
        >してもし「侵略の反省」があったのなら何故それが変わ
        >らなかったか自分の手で調べて自分の頭で考えてみてく
        >ださい。
    
    と言うくだりですが、タイのセックスツーリズムを撲滅するN
    GOであるECPATが調査した結果、ある年のセックスツー
    リズム関連での逮捕者総数で見ると、アメリカが40件でダント
    ツの1位、2位がドイツで28件、3位がオーストラリアで22件、
    あと英国が19件、フランスが10件と続き、日本は7件であった
    そうです。
    
     もちろん日本も6位なので偉そうなことは言えないのですが、
    世界に広がっている「セックスツーリズムといえば日本」とい
    う認識と現状は程遠いものがあります。

     なぜ、こういうことになったのか、よく調べてみると、観光
    学の研究者の中で、特にアメリカ人とドイツ人の研究者が日本
    のセックスツーリズムを強調しているのです。自国に都合の悪
    いデータは使わず、イメージを植え付けているのです。観光学
    に日本人の研究者がいないため、反論が無く、他のヨーロッパ
    の研究者も日本に罪をなすりつけてれば自国に非難が及ばない
    ことになるので、特に反論を試みないのです。
    
     もちろんセックスツーリズムは許されたものではありません。
    しかし、セックスツーリズムはもっと複雑な要因が絡んでいま
    す。この点では中国も登場してきます。長くなりますのでここ
    では省略しますが、日本が反省をしたからといってなくなる代
    物ではないのです。本当にアジアの発展を祈るのならば、バイ
    アスのかかっていない正しい情報を伝え、諸悪の根元を絶つこ
    とが重要だと思います。日本批判は、そのセックスツーリズム
    をより持続可能にするためのスケープゴートにされているので
    す。
    
■編集長・伊勢雅臣より■

     こんな所まで我が国はスケープゴートにされているのですね。
    
     外国で専門の観光学を研究しながら、我が国のゆえなき「汚
    名」をそそがんと努力されている島川さんに深甚の敬意と謝意
    を表します。
        
購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 
JOG Town: 自分のホームページを無料で
    http://www.simcommunity.com/sc/jog/jog_master/main

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。