国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

JOG Wing No.048 by CLICK INCOME

2000/03/29


 _/          _/  _/                       半世紀ぶりの恩返し
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/   〜インパール作戦の日本兵
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/    
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H12.03.29 3,076部
  _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/        JOG Wing No.0148
                                 _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

-------------------------------------------------------------[PR]---------
  ■無料メルマガ■ 「セカンドクラスの添乗員」(木曜週刊)
元添乗員が、お客様との攻防戦、添乗員の得意技「嘘も方便」の裏をお話し
します。「こんなことがあったの。笑うしかないでしょ」というお話です。
 登録: http://www07.u-page.so-net.ne.jp/bg7/taisho/ 
-------------------------------------------------------------[PR]---------

                                     産経新聞、H12.03.22より

     大東亜戦争末期、インド解放を目指したインパール作戦に従
    事した日本兵が、ミャンマー(旧ビルマ)で英国軍との戦闘で
    傷ついたが、現地人の手厚い看病で、九死に一生を得た。村の
    中は負傷した日本兵で一杯だったが、村の女性達はいやな顔一
    つせずに看病してくれた。
    
     「もし生きて日本に帰ることができたら、きっと恩返ししま
    す。」香川県坂出市の稲田吉徳さん(79歳)は、平成8年、
    49年ぶりにミャンマーを訪れ、首都ヤンゴンから約450キ
    ロ離れたタベイワ村を慰霊のために訪れた。「助けてもらった
    村は、場所も名も分からないので、この村の人に何かお礼がで
    きないか」、と学校建設を思いたった。
    
     年金や貯金、生活費を切りつめて300万円を捻出し、レン
    ガ作りの校舎2棟を新築。2月29日の落成式には、約千人の
    村民が参加、稲田さんは感謝状とミャンマーの絵画をプレゼン
    トされた。現地の小中学生約350人は「みんなで教室で勉強
    できる」と喜んだという。


■編集長・伊勢雅臣より■

     日本兵を助けた村の女性達の善行が、子どもたちに校舎をも
    たらしました。稲田さんの善行も、ミャンマーの子どもたちに
    親日感情を与え、将来の日本の子どもたちに何らかのプレゼン
    トとして返ってくるかもしれません。情けは人のためならず、
    我々の子孫のためです。

購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 
JOG Town: 自分のホームページを無料で
    http://www.simcommunity.com/sc/jog/jog_master/main


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。