国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

JOG Wing No.0144 by CLICK INCOME

2000/03/20


 _/          _/  _/                       中国になめられた
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/      クリントン外交
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/    
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H12.03.20 3,076部
  _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/        JOG Wing No.0144
                                 _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

     二月十九日付のニューヨーク・タイムズ紙は「米政府は対中
    関係が修復に向かっている、と断言している」という記事を掲
    載した。

     しかし中国政府は、米代表団が北京を去った六時間後、「台
    湾白書」を発表し、台湾が統一交渉を拒否し続けた場合、「武
    力行使を含むあらゆる措置をとる」と警告した。

     ニューヨーク・タイムズ紙は、今度はコラム欄で「北京の共
    産党指導者たちは最も非礼なやり方でクリントン氏への裏切り
    行為を働いた」と反発した。

     クリントン大統領は昨年七月、中国の一国二制度を承認し、
    李登輝総統の二国論に不快感を表明した。中国政府筋によると、
    大統領は昨年十一月、江沢民国家主席に対し、米国が二国論の
    撤回を含め台湾に影響力を行使すると約束したという。米議会
    調査局アジア専門官 ラリー・ニクシュ氏によれば、こうした
    中で発表された白書は、クリントン大統領が自分の任期中に台
    湾の新総統に圧力をかけ、中国との統一交渉に応じるよう仕向
    けたものといえる。

     中国政府の武力威嚇に、米議会は強く反発した。クリントン
    大統領は、対中政策が大統領選の争点になっては大変と、今ま
    で一年ごとに更新してきた最恵国待遇を、中国に恒久的に与え
    るという法案を、予定を繰り上げて議会に提出した。

1. 産経新聞、H12.03.10、「中国へ「恒久的通商」供与法案 米大
   統領繰り上げ提出 台湾白書への議会反発懸念」 東京朝刊 4
   頁 国際2面 
2. 産経新聞、H12.03.17、「中国の「台湾白書」本当の意味 /米
   議会調査局アジア専門官 ラリー・ニクシュ氏」 東京朝刊 4
   頁 国際2面

■編集長・伊勢雅臣■

   友好的にふるまえば、善意をうらぎらないだろう、という前提
  が通じない相手もいることを、クリントン大統領はもう分かって
  いるのでしょうが、それを認めたら、今までの外交が間違ってい
  たことを自ら認めたことになる。任期完了まで、しらを切り続け
  るのでしょう、例のスキャンダル事件でも見せつけたタフネスで。

購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 
JOG Town: 自分のホームページを無料で
    http://www.simcommunity.com/sc/jog/jog_master/main


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。