国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

JOG Wing No.00139 by CLICK INCOME

2000/03/08


 _/          _/  _/                       ラスト・ソング君が代
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/   
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/    
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H12.03.08 3,044部
  _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/        JOG Wing No.0139
                                 _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

                      台湾・陳絢暉さん

    (陳絢暉さんは、台湾に美しい日本語を残そうと8年前に結成
    された「友愛グループ」の中心人物で、関東日華親善協会の常
    務理事を努められている。)

     昭和10(1935)年4月21日の早朝6時すぎ、台湾新竹州南
    部から台中州北部にかけて、突然強烈な大地震が起きた。
     
     その規模は、明治39年3月17日の嘉義地方の烈震と同程
    度で、震源は浅いが、有感覚区域は殆ど全島を被い、さらに対
    岸の廈門、福州方面まで広がった。今ふうに言えば、マグニチ
    ュード7.5くらいではなかろうか? 震央近くの新竹、台中
    両州下では、死者3,276人、重軽傷者12,187人、全
    壊家屋20,709戸、半壊及び破損家屋62,314戸とい
    う甚大な災害を醸した。のみならず断層、陥没など顕著な地殻
    変動を生じた点で、全島民はすっかりパニックに落ち込んでし
    まった。

     この烈震に、当時公館公学校3年生だったセン(澹のさんず
    いなし)徳根(とっこん)が、たまたま外に出ていたところ、
    付近にあった廟宇の下敷きになった。瀕死の重傷を受けた彼は、
    生死の境を彷徨いながらも終始国語(日本語)を常用し、恩師
    の名を呼びつづけた。人づてに聞いて駆けつけた先生は、彼が
    臨終にさいし、あえかな声ではっきりと「君が代」を奉唱して
    から事切れたのを見て感涙にむせんだ。故に当時の人呼んで
    「君が代少年」と称賛し、記念に銅像を建てて校庭に飾ったが、
    今次大戦後はすっかり取り払われてしまった。
    
             岡山国民文化懇談会・倉敷文化懇談会発行
     機関紙「まほろば」第160号(平成12年3月1日)から
    
■編集長・伊勢雅臣■

     この恩師は日本人だったのでしょう。当時の台湾で教えた日
    本人教師は立派な人格の人が多く、その感化が今日の台湾の親
    日感情の源泉となっているようです。それにしても、陳絢暉さ
    んの御文章には「あえかな声で」など、美しい大和言葉が息づ
    いています。
    
     「美しい言葉と君が代」に対して、現代日本のダサい、キレ
    る、などという言葉の乱れと、反国旗国歌姿勢はちょうど対称
    的です。根はつながった問題なのでしょう。

★ JOG Wing No.0044 H11.07.16 尊敬する日本人教師
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jog/Search_JOGWING.htm 
から「台湾」で検索してください。

購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。