国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

JOG Wing No.0125 by CLICK INCOME

2000/02/04


 _/          _/  _/                      反日ハッカーの情報テロ
 _/          _/      _/_/_/      _/_/_/   
_/    _/    _/  _/  _/    _/  _/    _/    
 _/  _/  _/    _/  _/    _/  _/    _/      H12.02.04 2,952部
  _/  _/      _/  _/    _/    _/_/_/        JOG Wing No.0125
                                 _/     国際派日本人の情報ファイル
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   _/_/     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

             ほそかわ・かずひこさんよりの投稿

     わが国政府の中央官庁のホームページ(HP)にハッカーが侵
    入し、記載内容が書き換えられるなどの被害が相次いでいます。

     これは、反日的なハッカーによる、日本への情報テロです。
    日本国政府の行政を妨害する違法行為であり、またわが国政府
    のホームページを使って、日本人と日本民族を公然と侮辱する
    ものです。その背景には何があるのでしょうか。

◆現在までの事態

     24日科学技術庁のホームページにハッカーが侵入、内容が
    書き換えられていました。続いて、25日総務庁、26日再び
    科技庁、27日運輸省でも同様の事態が発見されました。

     書き換えられたページは、中国語で「このネットは書き換え
    た。日本政府が1937年の南京大虐殺を認めないからだ」な
    どと書かれ、次いで英語で「日本人が歴史の真実に向き合えな
    い民族であることはみな知っている。日本はアジアの恥だ」と
    の主張が含まれていたと報じられています。「日本人が…」を
    「大和民族が…」とした掲示も行われました。成人向けホーム
    ページへのリンクが貼られていた事例もあり、単に政治的主張
    ではなく、日本人を侮辱する意図が明らかです。

     さらに外務、郵政、文部省、秋田県などでも不正アクセスが
    判明しました。一部のホームページは休止を余儀なくされてい
    ます。被害は地方自治体・民間企業など、さらに広まる恐れも
    出ています。

◆背景は何か

     なぜ今、またなぜ南京事件なのか。そして、背後には何があ
    るのでしょうか。各通信社・新聞社の報道によると、以下のよ
    うなことが明らかになってきています。

    1.きっかけは、南京事件の真偽について、市民団体が23日
    大阪国際平和センターで「二十世紀最大の嘘(うそ)・南京大虐
    殺の徹底検証」と題する研究集会と見られます。この集会に反
    発して、インターネットを含む中国内外の中国語メディアが連
    日、集会を規制しなかった日本政府を非難する記事を大量に流
    していました。

    2.米国に本拠を置く中国反体制組織「中国民主正義党」が開
    設した中国語のHPに、日本へのハッカー攻撃継続を呼びかけ
    る内容の書き込みがあります。書きこみは、オランダで開かれ
    た中国人画家の作品展で、「南京大虐殺」をテーマにした作品
    が、日本からの圧力で展示中止になったとして反発しています。

    3.「日本のインターネット・サイトを攻撃しよう」と中国人
    に呼び掛ける中国語のホームページ(HP)が開設されていま
    す。「日本人はまた、しらを切った。行動を起こそう。いくつ
    かのネットを壊すだけではなく、日本本土をじゅうたん爆撃し
    よう」とアピールし、日本のネットへの情報提供も呼び掛けて
    います。

    (詳しくは、参考資料をご参照ください)

◆いかに対応すべきか

     ハッカーの侵入を許さないような技術的対応、犯人を国際的
    に捜査する警察の対応などが行われています。これらが必要な
    ことは、言うまでもありません。それと同時に、より重要なこ
    とは、南京事件に関する一連の日本攻撃に対して、日本国政府
    及び日本国民が、冷静かつ毅然とした対応をすることが必要で
    しょう。

     日本国政府は、情報テロと今後予想される外交的攻撃に屈し
    て、南京事件の「大虐殺説」をこれ以上安易に追認してはなり
    ません。

     また、事件に関する自由な研究・集会・報道等を封じるよう
    な、操作をしてはならないと思います。また、わが国民は、こ
    れを機会に、南京事件の真相に目を向け、歴史認識・国民意識
    を新たにすべきであると思います。

【参考資料】

産経新聞  1/27
◎またハッカー侵入 総務庁統計局
      …総務庁のHPにおける二十七日の「犯行声明」は中国語で、
    昭和十二年に起きた南京事件の真偽について市民団体が二十三
    日大阪国際平和センターで「二十世紀最大の嘘(うそ)・南京大
    虐殺の徹底検証」と題する研究集会を開いたことを強く批判。
    「日本の右翼勢力は歴史を改ざんしようとしている」などと中
    国外務省の見解にそった批判をしている。

Yomiuri On-line 1/27
◎米HPにハッカー継続あおる書き込み
    …書き込みがあったのは、米国内に開設された「中国民主正義
    党」の「論壇(フォーラム)」のページ。オランダ・アムステ
    ルダムで開かれた中国人画家の作品展で、「南京大虐殺」をテ
    ーマにした作品が、日本からの圧力で展示中止になったとする
    中国・広州市の地元紙記事を引用しながら、「南京大虐殺の絵
    画は封殺された。ハッカー英雄の皆さん、小日本(日本への蔑
    称)へのハッキングを続けて下さい」と呼びかけている。「大
    漢」の署名入りで、米国時間二十六日に書き込まれている。

     中国のインターネット事情に詳しい在京の中国人専門家は、
    大阪で二十三日に開かれた南京大虐殺を否定する集会をきっか
    けに、インターネットを含む中国内外の中国語メディアが連日、
    集会を規制しなかった日本政府を非難する記事を大量に流して
    いる事実を指摘。今回のハッキングは、官庁HPへの書き込み
    の内容などから、こうした動きに刺激されたハッカーの仕業で
    はないかと見ている。

     また、この専門家は、中国国内では、インターネットによる
    通信内容が当局に厳重に監視されているため、不正規のハッキ
    ングは困難とも指摘。高度な技術や表現内容などから、米国な
    ど先進国からの可能性が高いとしている。

時事通信社 1/28
◎「日本のネットを攻撃せよ」=中国語のホームページで呼び掛け 

     「日本のインターネット・サイトを攻撃しよう」と中国人に
    呼び掛ける中国語のホームページ(HP)が開設されているこ
    とが27日分かった。…このHPは、27日に運輸省のHPに
    侵入したハッカーが書き込んだアドレスの中国語HPからつな
    がるもので、「孤独な剣客の家」と名付けられている。この中
    で主宰者は「日本人はまた、しらを切った。行動を起こそう。
    いくつかのネットを壊すだけではなく、日本本土をじゅうたん
    爆撃しよう」とアピール。日本のネットへの情報提供も呼び掛
    けている。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ほそかわ・かずひこの<オピニオン・プラザ>
    http://www.simcommunity.com/sc/jog/khosokawa
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■編集長・伊勢雅臣より■

     いよいよ、インターネットの分野でも本格的にシナ人の反日
    テロ攻撃が始まったようですね。でも一番困るのは、旧社会党
    系の「良心的謝罪主義者」のセンセイ方ではないでしょうか?
     こうしたテロリストには、「誠意ある謝罪」などが通用しな
    いことは、誰の目にも明らかですから。

購読申込・既刊閲覧: http://come.to/jogwing Mail: jog@y7.net
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座 http://come.to/jog 
JOG Town: 自分のホームページを無料で
    http://www.simcommunity.com/sc/jog/jog_master/main


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。