資格

月刊「資格の国」〜宅地建物取引主任者編〜

宅地建物取引主任者の資格をこれから取得しようとしている人を対象にしています。宅建の基礎から学習方法、試験案内、演習問題、解答速報とその総評などをお届けしたいと思っています。

全て表示する >

〜宅地建物取引主任者編〜

2006/06/23


======================================================================

月刊「資格の国」 宅建検定編〜6月号〜 (ID:25404)
   第17号  2006/06/23 発行

======================================================================

====[ ▼PR ]==========================================================
  
特別企画
業界初 安心の返品制度!
受講申込する前、その講座が自分に合うか不安なものです。
そんな不安を吹き飛ばす100%返金返品制度です。
詳細は
 http://www.sikaku.ne.jp/blog/archives/cat305/
からどうぞ!資料請求ができます。

=========================================================[ ▲PR ]=====
  
 初夏の候、ますますご繁栄の事とお喜び申し上げます。
 蒸し暑い日が続いておりますが、お身体ご自愛下さい。 

----------------------------------------------------------------------

宅建学習も中盤戦、これからがライバルと差をつけるチャンスです。個々で頑張
って、宅建試験合格を目指しましょう!
今回は、法令上の制限の分野について学習していきます。 

------------------------------------------------------------------------

法令上の制限の分野は、主に6つの法令から構成され、毎年出題数10問の内訳
はおおむね次のとおりです。
都市計画法―――3問
建築基準法―――2問
国土利用計画法―――1問
農地法―――1問
土地区画整理法―――1問
宅地造成等規正法及びその他の法令―――2問
(「建築基準法」と宅地造成等規正法及びその他の法令)は、年度によって出題
数が異なります。)

出題内容は主に「どんな場合にだれの許可(届け出)を要するか」といったもの
です。ただし、その他の規制、用語の意味、手続きの流れなどについても問われ
ますので、まずは、出題数の多い都市計画法、建築基準法を中心に、浅く広く、
一通り学習するようにしましょう。

では、具体的にどう学習すればよいかというと、この分野についても宅建業法と
同様に、主に過去問題を中心に学習するのが最も効果的です。(ただし、あまり
古い過去問題は参考とならない場合があります。

この際、ただやみくもにたくさんの問題を解けばよいのではなく、ひとつの問題
を材料として、その問題の周辺のテーマを含めて学習することを心がけてくださ
い。

例えば、過去問題の中で建築基準法の用途地域にかかる問題が出題された場合に
は、出題された用途地域以外に、どのような用途地域があり、どのような用途に
使用されるかを覚えておいたり、農地法第○条が出題されていれば、それ以外の
農地法(出題されるのは主に第3条、第4条、第5条からとなります)の適用範
囲や目的を覚えたりする、といったことが挙げられます。

また、都市計画法をはじめとする各法令は、なかなか具体的なイメージがつかみ
にくく、また見慣れない用語が数多く使われているので、はじめは戸惑ってしま
うかもしれません。
しかし、繰り返し過去問題を解くうちに、使い慣れない語句や、回りくどい言い
回しにも次第に慣れてきます。

この分野は、応用力もさほど必要とされず、慣れれば安定した得点が得られる分
野なので、高得点を目指して確実に得点できるようにしっかりと学習しておきま
しょう。

      ☆資格取得に向けて頑張りましょう☆

========================================================================

===[ ▼PR ]========================================================== 
   
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
特別企画
業界初 安心の返品制度!
受講申込する前、その講座が自分に合うか不安なものです。
そんな不安を吹き飛ばす100%返金返品制度です。
詳細は
 http://www.sikaku.ne.jp/blog/archives/cat305/
からどうぞ!資料請求ができます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

======================================================================

月刊「資格の国」 宅建検定編〜06月号〜 (ID:25404)
   第17号  2006/06/23 発行

▼問い合わせ先-------------------------------------------------
 発行者:インターネットTV・キャリアUP学院
 〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉33-2成田山会館1F
            TEL&FAX:022-225-8655
 <http://www.kakuzuke.co.jp/> E-mail info@kakuzuke.co.jp
      問い合わせ時間・・午前9:30〜午後5:30
▼ご注意-------------------------------------------------------
 *本メールマガジンに掲載された内容を無断で転載することを禁じます。
 *本メールマガジンは著作権法によって保護されています。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-29  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。