トップ > コミュニケーション > おしゃべり > 週刊バリアフリーセックス

バリアフリーも、福祉も胡散臭い。優しくない。見た目だけだ。
街の段差はなくても、視覚障害者のぼくがナンパしたらみんな逃げた。
それが悲しい。
あなたも一緒に歩いてくれませんか?
本当のバリアフリー社会に向かって!

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



週刊バリアフリーセックス---第21号---☆クリーニング屋のおばさんとキス?☆

発行日:3/20

■■■■   クリーニング屋のおばさんとキス?   ■■■■
■■     (*。*)オヨ?               ■■


■■   週 刊 バ リ ア フ リ ー セ ッ ク ス
■■ 発行 川 田 隆 一
■■
■■ 通巻No.21 2006年3月20日(月) 不定期発行
■■
■■ バリアフリーセックス=バリアフリー社会の究極のゴールに向かって
■■ http://www.barrierfree-sex.com
■■ ブログ: http://plaza.rakuten.co.jp/barrierfree/
■■ E-MAIL: biton@barrierfree-sex.com
■■ キッシーちゃん・ママ立候補: kissy@barrierfree-sex.com
■■
■■ ----------------------------------------------------------------------
■■ このメールマガジンは、『melma!』 を利用して発行しています。
■■ http://www.melma.com/ (マガジンID: m00025030)
■■ 購読解除:http://www.melma.com/mag/30/m00025030/index_bn.html
■■ ----------------------------------------------------------------------
■■
■■ *前週までのブログの一部をピックアップしてお届けします。*
■■ ☆主な内容☆
■■  ・クリーニング屋のおばさん
■■  ・ついに新しいクリーニング屋を発見!!
■■  ・メール待ってまーす ―― お願いとお約束 ――
■■ ----------------------------------------------------------------------


■■ クリーニング屋のおばさん ■■

 ★2006年2月6日(月)の日記

 おはようございます。

 相変わらず、今朝も寒いですね!!
 東京の今日の最高気温は4度の予想。しかも、夕方にはやっぱり雪が降り始め
るのだとか!!

 こんな日はキスをして暖めあうのが一番ですね。5年間途絶えている
キッシーちゃん、どなたかお願いしまーす!!!!!

 ところで、昨日はとても残念なことがありました。

 糖尿太郎(ブログではそう名乗っております)がいつも行くクリーニング屋さ
んのおばさんが、自転車で転んでけがをしてしまったと言うのです。

 実は、私は、クリーニング屋さんにはとてもお世話になっています。

 目が見えない私には、洗濯をして十分に汚れが落ちていなかったとしても、そ
れを自分で見付けることが出来ません。

 街で見知らぬ人に助けてもらうことが多いので、「小汚い盲人」より
「身ぎれいな盲人」でいたいなと思っているのです。

 そこで、私だけの洗濯のルールを決めています。
 それは、下着や靴下など人目にふれないものは自分で洗濯機で洗い、その他の
体の表面に着るもの、つまり人目に付く衣類は全てクリーニングに出す、という
ことです。

 そして、クリーニングに出す衣類は、年に2回、衣替えの時に目が見える友人
に来てもらって、染みや細かい傷が無いかを確認してもらうようにしています。

 いつものクリーニング屋のおばさんも、そんな私のことを理解してくれていて
 「川田さん。このズボン、すそがほつれているから修理に出した方がいいです
よ」
 など、私が持ち込む衣類について気付いたことを率直に教えてくれるので、と
ても助かっています。

 昨日もそのクリーニング屋に行ったのですが、
 「けがをして、手と顔の骨が折れてしまったのよ。入院して手術をしなければ
ならなくなったので、新しいクリーニング品は預かれないの」
 と言いながら、先週預けてあったポロシャツを返してくれましたが、おばさん
は片手しか使えないため、衣類を袋に詰めるのがとても大変な様子でした。

 聞けば、店を終えて自転車で帰る時に転んだのだと言います。おばさんは何が
起こったのか覚えていないようですが、事故を見ていた人が、猫を踏んで転んだ
のだと教えてくれたそうです。

 私は、そんなおばさんのことをとても気の毒に思うと同時に、「どうしよう。
おばさんが入院している間、クリーニングをどこに持って行けばいいのだろ
う?」という心配が頭をよぎりました。

 5年前にここに引っ越して来た時、引っ越しを手伝ってもらった母に家の周り
を一緒に歩いてもらって見付けたのがそのクリーニング屋です。1軒知っておけ
ばいいだろうと思って、他のクリーニング屋は探しませんでした。

 そういえば、その引っ越しの時は、母と歩くだけでは周囲のことを十分に把握
出来るだけの時間がありませんでした。そこで、私のメルマガ(このメルマガで
す!)で募集した「引っ越し探検隊」のお姉さんにも、後日に家の周囲を一緒に
歩いてもらって、メモ代わりの小さなテープレコーダーを持って、大好きな
コカコーラやセブンスターの販売機も見付けてもらいました。

 けがをしてしまったおばさんは今月いっぱいには退院出来そうだと言います。
 そのくらいならクリーニングを貯めておいて、3月になったらまたあの店に行
けばいいかなと思うのですが、もしもおばさんの入院が長引いてしまったら、ど
うやって新しい店を探そうかな、と少し憂鬱になっています。

 大きな通りを渡れば別の店があるようなのですが、私は行ったことがありませ
ん。適当にその辺まで行って、歩いている人を捕まえて聞いてみようかな・・?

 とにかく、おばさんが早く良くなりますように。

 ブログ: http://plaza.rakuten.co.jp/barrierfree/


         <<< 生きることが、最大の愛 >>>
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃  自 由 診 療 保 険 『 メ デ ィ コ ム 』 誕 生  ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   〜 安心の度合いが違います。自由診療保険をご存知ですか? 〜

 [1] ガンと診断された際の給付金はもちろん、入院・治療に要した費用に
  相当する額の保険金を給付。自由診療の費用負担の心配もありません。
 [2] ガン治療に定評のある複数の医療機関をご紹介します。入院予約など
   各種手続きのサポートも行っています。
 [3] 担当医師の判断と患者等の了解のもと、公的医療保険の適用範囲外の
   手術・検査・薬剤・器材なども使用できる自由診療が受けられます。

▼世界水準のガン治療に専念できる自由診療保険「メディコム」資料進呈中!
http://af1.mag2.com/m/af/0000016743/001/s00000000496001/023


■■ ついに新しいクリーニング屋を発見!! ■■

 ★2006年3月19日(日)の日記

 こんにちは。

 本当に暖かくなりましたね。皆さんはお元気ですか?

 今、まさに日韓戦の真っ最中、やっぱり気になりますよね・・。

 私の方はと言えば、近く出版を予定している初めての著書の原稿が煮詰まった
ままです。大嫌いなボランティアのことを書き始めたからでしょうか。世の中を
だめにしている大きな存在の一つは、「自己満ボランティア」です。
ザーマスおばさんと窓際おやじが繰り広げる、障害者の迷惑を顧みない激しい
マスターベーション「ボランティアごっこ」です。
 
けれど、自身の思い入れが強い主題って、かえって読者には共感してもらえない
ことがあったりします。どうしたら読んでくれる人たちに私の思いを理解しても
らえるか、そんなことを考えているうちにもう10日も経ってしまいました。

 で、気晴らしというほどでもないのですが、ついさっき、新しいクリーニング
屋さんを探しに行ってみました。

 私の場合には、人から「目が見えないから汚い格好をしている」と言われるの
は絶対に嫌なので、体の表面を覆う衣服、つまり人目に触れるものは全て
クリーニング屋さんに出しています。

 ところが、いつもお世話になっているクリーニング屋さんのおばさんが自転車
で転んで腕を折って入院してしまったため、先月からずっと店をお休みしてい
るのです。

 きっと近々復活してくれるだろうと願って洗濯物を貯めていたのですが、今日
もまだお休みでした。

 さすがに1ヶ月以上にもなるとそろそろうっとうしくなって来たので、思い
切って新しい店を探しに行くことにしたのです。

 町田街道を渡った辺りに白洋舎があると聞いていて、この前、いつも行く弁当
屋のおばさんにだいたいの場所を教えてもらっていたので、取りあえず外に出て
みました。

 町田街道のその信号には青になったら教えてくれる音声が無く、日曜の午前
だったせいか、ほとんど人通りもありませんでした。私は意外と用心深い方な
ので、5分くらい待って、ほかの人が渡る足音を聞いてから横断しました。

 その先、左に行ったものか、右に行ったものか分からなかったので、通りがか
りの人に声をかけて尋ねてみました。

 町中で声をかけた時の相手の反応は、いろいろあります。今日は、最初に立ち
止まってくれた女性の二人組は、
 「この辺にクリーニング屋さんはありませんか?」
 との問いに少しとまどった様子で、
 「あっちの方です」
 と答えてくれました。

 目が見えないと、「あっち」とか「そっち」と指差してくれても、方向が分か
りません。
 
「前の方ですか、後ろの方ですか?」
 と改めて尋ねていると、別のおばあさんが
 「一緒に行きましょう」
 と言って、腕を取ってくれました。

 目指すクリーニング屋は、そこから1分もかからない所にありました。

 足下にバス停を示すテンジブロックが現れて、そこから16歩程歩いて右側の
階段を1段上がった所に白洋舎のドアがありました。

 初めて行く店での次の関門は、店の人が驚かずに目が見えない私を迎えてくれ
るかという不安です。

 コンビニやブランドショップなど、全盲の私が一人でやって来たことがよほど
驚きだったのか、何を尋ねても無視されたり、どぎまぎして満足に返事をしても
らえなかった経験は一度や二度ではありません。目は見えなくても、相手の戸
惑った表情がその言動から手に取るように分かって、とても辛いのです。

 けれど、今日の白洋舎のおばさんは、とても気さくで親切な方でした。
 私は初めてのクリーニング屋さんでは、いつも

 ・自分の洋服でも色柄などを全部覚えている訳ではない。引き取りの時に伝票
  があいまいで、衣類の特色を私に聞かれても分からないので、確実に伝票で
  管理してもらいたいこと。

 ・染みや汚れが落ちなかったり、破れている衣類があったら着ないように
  したいので教えて欲しいこと。

 をお願いしました。

 おばさんは二つとも快く了解してくれました。早速私が持ち込んだ洗濯物を丁
寧に確認して、
 「全部大丈夫ですよ」
 と教えてくれました。

 どうやら、今日の白洋舎は当たりだったようです。

 そうそう、この前ここにクリーニング屋のことを書いた直後に、
 「私は川田さんの近くの会社で仕事をしているので、よかったら新しい
クリーニング屋さんを一緒に探しに行きましょうか」
 と、メールをくださった方もいらっしゃいました。

 目が見えなくて悲しいことも多いけれど、そんなメールをもらったり、町中で
親切にしてもらったりすると、「ああ、人間って本当にいいな」と、しみじみ感
じます。
 やっぱり私は人間が大好きです。

 あっ!!日本が5点取っています。やった!!!

 ブログ: http://plaza.rakuten.co.jp/barrierfree/


*****★あなたの食べ物、本当に安全ですか?**************************
Oisix(おいしっくす)は「子供に安心して食べさせられる」をコンセプ
トに、独自の安全基準をクリアした食材のみをインターネットで販売・宅配し
ています。おためしセットが1980円(送料無料)!

Oisix(おいしっくす)のサービスは、

●入会金・年会費は一切無料!
●無農薬栽培のトマト1個からお届けいたします。
●土日の夜21時までお好きな日時にお届けいたします。

▼詳しくはこちら
http://af1.mag2.com/m/af/0000016743/001/s00000000488001/032 
****************************************************************


■■ メール待ってまーす ―― お願いとお約束 ―― ■■

 皆さんからのメール、寝ずにお待ちしています。

   1.メルマガやブログに掲載されたくない方は、書き添えてくださいね。
   2.特にご希望がない限り、本名やメールアドレスは掲載しません。
     忘れずにハンドル名を記入してくださいね。
   3.メールアドレスなどを掲載して欲しい場合は、そう書いてくださいね。

          E-MAIL: biton@barrierfree-sex.com
     キッシーちゃん・ママ立候補: kissy@barrierfree-sex.com

 それではまた。おやすみなさい!


■■ ----------------------------------------------------------------------
■■ 「週刊バリアフリーセックス」は、川田隆一が制作・発行しています。
■■ 掲載文章等、全ての内容の無断転載・引用、再配信、ホームページへの
■■ 掲載、点訳・音声訳など、著作権を侵害するあらゆる行為を禁止します。
■■  Copyright (C) 1996-2006
■■  by RYUICHI KAWADA
■■  All Rights Reserved
■■ ----------------------------------------------------------------------


          ヾ(^_^) byebye!!


最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. ヒヨコの仕事

    最終発行日:
    2012/02/19
    読者数:
    335人

    新規出版社ヒヨコ舎のメールマガジン。社内情報や新刊情報をいちはやく入手することができます。

  2. ≪ WEB 熱線 ≫≡アジアの街角から≡

    最終発行日:
    2011/12/23
    読者数:
    2641人

    中国やアジアの各地に暮らす人々が綴る、☆ビジネス情報☆ビジネスお助け中国理解情報☆息を抜けるお色気情報(?)☆中国三面ニュース噂話ーーーー硬軟混在、思わずニヤリとさせられる場面もたくさん!

  3. 霊的世界の実証

    最終発行日:
    2008/02/14
    読者数:
    633人

    その名のとおり霊的世界の実証に作家「大和武史」が取り組むメールマガジンです。霊的世界が本当にあることを納得してもらうために色々な角度から不思議な話や真理の言葉をお届けします。

  4. maldoror

    最終発行日:
    2014/11/20
    読者数:
    454人

    ロートレアモン、シュールレアリスム、舞踏、舞踊、演劇、イコン、フェルメール、美術などについて、情報や意見を掲載するメールマガジンです。 投稿を歓迎しています。 情報、舞台批評、質問などもお寄せください。

  5. 斎藤吉久メールマガジン

    最終発行日:
    2009/09/17
    読者数:
    502人

    日本人の精神史の語り部が、天皇・皇室、宗教、歴史に関するホットな話題を取り上げ、独自の視点で解析し、発信します。

発行者プロフィール

過去の発行記事