投資

西村信夫の「マネ−・ニュ−ス・コメント」

東京マーケットの頭脳集団が送る屈指のマネー・レポート「サイバノミクス・レポート」のダイジェスト版。株式・為替・金利など主要市場を立体的なアプローチで分析、高精度の相場見通しを提供します!


全て表示する >

西村信夫の「MNC」3月の株価予想

2009/03/05

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ETF、REIT、投資信託、FX取引に最適な投資情報!●  

 今や、資産運用の世界では、ETFなど「ファンド」の影響力が日々、増大し
 続けています。株式投資の基本は、個別企業の業績であることに変わりは
 ありません。ただ、ファンドの投資行動と緊密なマクロ・ミドルのマーケット
 を常にウォッチすることが一段と必要不可欠になっています。

 金融投資デイリー・レポート 『サイバノミクス・レポート』はETFや投信、
 REIT、FX取引等への投資と抜群の相性をもっている最適な投資情報
 メディアです! ぜひ、弊誌をご活用ください!!

 購読(年間)お申込メールアドレス→ nishi54@sepia.ocn.ne.jp 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■米景気刺激策とFRB/
 バーナンキ議長の頭の中に、禁じ手の政策オプション?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クレディ・スイス証券チ−フエコノミスト(マネージング・ディレクター兼経済調査
部長)の白川浩道さんはオバマ米大統領による米予算教書から、「景気回復
は金融政策の仕事」という方向性も一段とはっきりしたとして、FRBの動向に
ついて次のような見方を示した——。

ポイント:

オバマ政権が先週公表した米国予算教書では「所得再分配」の10 ヵ年計画
が打ち出された。基本コンセプトは高所得層から中・低所得層への所得移転
である。財政政策は「需要刺激策ではなく、所得再分配政策である」ことを改
めて確認した形であり、「景気回復は金融政策の仕事」という方向性も一段
とはっきりした。FRB は、金融システムの安定化が視野に入り次第、 インフ
レ・ターゲット等を導入し、景気回復に本腰を入れることになるだろうが、
短期的には、次回FOMC(3 月18 日)に注目したい。大手銀行の国有化を
否定したバーナンキ議長の 頭の中には、FRB が間接的に金融機関の不良
資産の買い取りを行うという、禁じ手の政策オプションが描かれている可能
性を否定できないからである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■危機続く生産動向/
 経済の縮小スパイラルを断ち切る対策が喫緊の課題!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東海東京証券チーフエコノミストの斎藤満さんは、日本の生産がまさに
“フリーフォール”の状況にあるとする半面、「滝壷」が見えてきたとして次の
ように語った——。

<フリーフォールの状況はとりあえず過ぎ去りつつあるが・・・>

わずか3ヶ月で四半世紀分の拡大を帳消しにしてしまった。生産予測指数
をみると、2月はまだ急落が続くが、3月以降に一服感が窺われる。昨年11
月から始まった「ナイアガラの滝」型の急落も、漸く「滝壷」が見えるようにな
った。もっとも、「滝壷」自体、どれだけ深くえぐられているのか、近づいて
みないとわからない面があり、生産が春に下げ止まるのかどうか、まだ
予断は許さないが、少なくともフリーフォールの状況はとりあえず過ぎ去ろ
うとしている。

生産予測指数でみると、2 月が8.3%の減少となったあと3 月には2.8%の
プラスに転じることになっている。もっとも、最近の実現率、予測修正率の
マイナスを考えると、3 月の数字が最終的にマイナスとなる可能性はある。
それでも、自動車などでの在庫調整に目処が立った、ということで春以降
増産を打ち出すメーカーが出てきているのも確か。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3月株価予想/
 氷河期を生き残る企業群のキーワードは「キャッシュ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大和総研・投資戦略部チーフ・ストラテジストの三宅 一弘さんは、「今後の
TOPIX は年央にかけて750 を中心とする展開が予想される」として、次のよう
に株価予想した——。

<3〜5月頃に下押し圧力=TOPIX 600台まで下がる危険>

世界同時「巣ごもり」現象の中で世界経済の悪化、下ブレリスクが高まって
おり、日本株は実体悪を織り込む逆業績相場の色彩が強まるとみる。
3月決算会社の08 年度本決算が発表される4月後半〜5 月前半頃には、
09年度業績予想の下方修正が進むとみられ、3〜5月頃に株価に下押し
圧力がかかりやすいと推察される。TOPIX はバブル崩壊後最安値を更新
し、600台まで切り下がる危険がある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今日の株価予想/引き続き、下への動きを警戒する必要がある
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
T&Cフィナンシャルリサーチ(代表取締役・吉田恒氏)は今朝、今日の株式
相場の見通しについて、次のように予想した——。

東京市場は前日終値を挟んだもみ合いの展開か。
米国株は小幅安だが、CME225先物が7065円から7050円の水準まで売られ
ており、日経平均はザラ場では下値を試す動きも考えられる。一方、年金買
いや政策期待が相場の下支え要因として期待される。今晩の米国ではADP
雇用統計や2月のISM非製造業景気指数などの発表が予定されており、
後場はそれを前に様子見ムードの強い展開が想定される。昨日逆行高とな
った野村HDやソニー、東芝など直近大幅に売り込まれた銘柄のリバウンド
狙いの買いが継続しそうだ。

<テクニカル分析>

日経平均のテクニカル面では、依然5日移動平均線を下回っている水準に変
わりなく、下への動きを引き続き警戒する必要がある。一目均衡表では今日
も転換線が7344円に下落する。ただ、先行スパンの動きからは足元株価が
持ちこたえれば月末にかけては横ばいの動きも想定されよう。上値メド、2月
26日高値7599円や基準線の7696円処、2月9日高値8257円など。
一方、下値メドは昨年10月28日安値の6994円である。変化しやすい日柄は、
3月12日や24日などが考えられる。

<話題の銘柄> 8031三井物産
 大和総研が大手総合商社セクターを「強気」に、同社をトップピック

大和総研が総合商社の投資判断についてレポートを作成。「短期的に(今後
2〜3ヵ月程度)強気を推奨、本格的な中期株価回復は想定していない」とし
ながらも、大手総合商社セクターに対する投資判断を従来の「中立」から「強
気」に引き上げた。短期で強気投資判断の理由として、「(1)第3四半期業績
によって悪材料(業績悪化懸念、株主資本毀損リスク)が株価にほぼ織り込
まれたと見られること、(2)短期的に資源価格のリバウンドが期待できること」
の2点を指摘。

短期強気としてのトップピックとして、資源価格への感応度が最も高い三井
物産を選定。三井物産については、「08年度第3四半期業績発表後に投資
判断を従来の『3』から『2』に引き上げた。08年度第3四半期業績はネガティ
ブ・サプライズであったが、逆に悪材料は相当織り込まれたと見られ、その
資源エクスポージャーの高さから、当社が想定する短期的な資源価格上昇
局面では最も株価上昇が期待できる銘柄だと考える。

08年度予想PBR0.93倍、当社が想定する悲観ケースの予想PBR1.07倍と、
予想PBRの水準は相対的に高い。悲観シナリオには、資源関連の減損とし
て▲300億円を織り込んだ。同社は大手総合商社の中で最も厳格な減損
ルールを採用しており、過去2年間は新規の資源関連投資には消極的な
スタンスであった。したがって、加持されている株主資本額に対する信頼性
は、大手総合商社5社の中で最も高いと評価できよう」と指摘。今2009年3月
期連結当期純利益2970億円(EPS163.1円)、来2010年3月期1880億円
(EPS103.2円)、2011年3月期2280億円(EPS125.2円)を予想している。
トレーダーズ・ウエブ: http://www.traders.co.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ドル高・円安相場/上値滞空が、ここまで長いのは理解しかねる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
AIAの堀内昭利社長は昨夜、為替相場について概ね次のようにコメントした。

しかし、よくまあドルをここまで買うなあ。資金の流れなのだろう。ドル円につい
ては、ちょっとここまで上値滞空が長いのは理解しかねる。102円目指してい
るなら、さっさと買えと思うのだが、下がるわけでもなし、煮え切らない。

なんだかドルスイスみたいに上がっても下がっても元に戻るというような感じ
になってしまうのを恐れるよ。つまり、つまらなくなるってこと。参加者は激減し
ている印象があるね。需給が薄い。全通貨にわたって。株式市場の影響は
甚大だと思う。(3月4日。ひな祭りの次の日。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■FXレンジディール/
 ドル円=96-98円台、ユーロ円=120-125円台辺りを想定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マットキャピタルマネジメント代表取締役CEOの今井雅人さんは昨夕から今朝、
FX相場の動向について次のようにコメントした——。

3日はRBA(豪中銀)が政策金利を据置きました。予想は0.25%の利下げだっ
たので少々驚いています。相場のほうも予期していなかったようで、豪ドルが
買われ、その他のクロス円も一緒に上昇しています。

ただ先週までの円安は、今までたまっていた円買いポジション解消の動きで
した。その円買いポジションはかなり整理されてしまっているので、ここから一
段と円売りが進むのは難しいでしょう。しかし円高方向に相場を推し進める勢
いにも乏しいのが正直なところですから、結局レンジを形成する動きになるの
ではないかと考えています。ドル円は96−98円台、ユーロ円は120−125円台
辺りを想定して、レンジディールに徹しましょう。売り買いどちらからでもいい
と思いますが、焦って行動していて、高値で買ったり、安値で売ったりすること
には気をつけましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今日の債券相場/手掛かり材料に欠け、株価睨みつつもみ合う公算大
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日興シティグル−プ証券会社・金融商品本部チ−フストラテジストの佐野一彦
さん は今朝、債券相場(長期金利)予想について、概ね次のようにコメントした。

<本日の想定レンジとコメント> 

昨日は株価が下げ渋り、買いの強い理由を失ったが、10 年入札は良好。
米市場は株、債券共に小幅安。米10 年国債利回りは2.88%と前日比2bp
上昇(6時36 分現在、ブルームバーグ)。したがって、本日の相場は手掛か
り材料に欠け、株価を睨みながらもみ合う公算が大きい。カーブ上は多少、
明日の30 年入札の準備が見られるかもしれない。10 時半から須田審議
委員の講演がある(会見は2時より)。市場を動かすことはないが、社債買
入れに反対した同委員であり、今後の緩和手段などについては若干、
興味がある。(AM6:45、佐野さん)

本日の筆者の想定レンジ(長国先物3月限) : 139円02 銭〜139 円30銭

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今日の長期金利/ 今日も日経平均株価をにらみながらもみ合う
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三菱UFJ 証券・デットリサーチ部チ−フ債券ストラテジストの石井純さんは
今朝、長期金利(債券相場)見通しについて、概ね次のようにコメントした。

<予想レンジ>
・  長期金利(#299) 1.280%〜1.310%
・ 債券先物(3月限) 139.00円〜139.40円

<シナリオ>
長期金利は、今日も日経平均株価をにらみながらもみ合う。



(続きは・・・、『サイバノミクス・レポート』の購読をお申込みください。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◇投資情報レポート『サイバノミクス・レポート』(有料)◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ☆★ 高度の相場的中率とスクープで定評!★☆
                                ↓
       『サイバノミクス・レポート』配信契約お申込みを!
         年間配信契約料金(個人)=¥2万4,000円 
          1ヶ月間、お試し配信もできます!   
                             ↓      
                         【お申込み方法】
     (1)お名前(フリガナ)、(2)メールアドレス、 (3)連絡先(tel・fax)、
     (4)お仕事を明記の上   → nishi54@sepia.ocn.ne.jp 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◇『サイバノミクス・レポート』=学割特価(年6,000円)開始!◇ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★学生の皆様に朗報!!
 『サイバノミクス・レポート』で、<学割特価(年6,000円)> 開始!

お申込み条件は、
(1)現役の学生であること、

(2)自分のメールアドレスがあること、の2点。

お名前、学校名、学部名、メールアドレス、電話を明記の上で、
下記のメールにてお申込みください。
  → nishi54@sepia.ocn.ne.jp 



See you! (^o^)  
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
編集長&発行人 : 西村信夫 (C)Copyright1999−2009
編集協力  : (有)サイバノミクス社(CyberNomics.Inc.)
本誌ホームページ: http://www.yen-dokki.com/
お問い合わせ等 :  nishi54@sepia.ocn.ne.jp 
------------------------------------------------------------------
配信協力: Melma!     http://www.melma.com/
       まぐまぐ  http://www.mag2.com/
       E-Magazine   http://www.emaga.com/
       メルマガ天国 http://melten.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□本誌「マネ−ニュ−ス・コメント」の転載・再配布・引用等の場合は事前
 に発行者まで、ご連絡ください。
-------------------------------------------------------------------
□免責事項
本誌は投資等の勧誘を目指したものではありません。投資の際の判断につい
ては、読者ご自身の自己責任においてされますようお願い致します。また本誌
は情報の提供により生じた損害につきましては一切、その責任を負いません。
■@■.■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-12-15  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。