国際情勢

シオンとの架け橋・イスラエルニュース

イスラエルの政治・宗教・社会・和平などに関して、日本国内では報じられない現地ニュースを中心に週2回配信します。3日分のニュースが5分で読めます。

全て表示する >

シオンとの架け橋・イスラエルニュース

2019/09/25

◆◆◆◆◆◆◆
|||||||  シオンとの架け橋
_\\|//_    イスラエル・ニュース
__\|/__
___土___  http://www.zion-jpn.or.jp

「エルサレムの平和のために祈れ」 詩 122

本紙の発行は、原則として毎週火曜と金曜です。
=====【今号のポイント】================================
★(22日)国会の第一党は青と白党に
★(23日)アマゾン社がイスラエルへ
★(24日)二大政党に協調を呼びかけ
****************************************************
2019年 9月22日(日)
****************************************************
*中央選挙委員会が先週末に発表した「ほぼ最終結果」はガンツ氏の青
  と白党が33議席、ネタニヤフ氏のリクード党が31議席。最終集計
  は25日に、リブリン大統領の承認を受けた後で発表される。(P)

*リブリン大統領は今日午後から、各会派の意見を聴き政権構築を任せ
  る人物を決める。アラブ系政党の合同会派は、イスラエル史上初めて
  ユダヤ人である青と白党のガンツ氏を推薦する可能性も。(P,H,Y)

*リクード党のエルキン氏が青と白党のガンツ氏にネタニヤフ首相との
  直接会談を呼びかけ。挙国一致型の大連立政権を構築するため。(Y)

*米国のグリーンブラット中東特使がネタニヤフ首相と会談。両国の大
  使も同席した。特使はガンツ氏を含む各党党首とも会談へ。(H)

*14日の石油施設への攻撃がイランから行われたのなら戦争行為だと
  サウジアラビアの高官が発言。しかし、平和的な解決方法を模索して
  いると説明した。現在、国際調査団の調査を準備している。(P,Y)

*共和党のグラハム氏が、パレスチナ自治政府に7500万ドルを支援
  する提案。自治警察がイスラエルと協力してテロを防ぐため。(H)

*アラブ首長国連邦のアブダビに、初の公認シナゴグを設置へ。3年後
  にオープン予定。2月の教皇訪問時に計画が発表された「アブラハム
  家族の家」という3つの一神教の複合宗教施設の一角になる。(P,Y)

*アウシュビッツに送り込まれた最初のオーストリア人、フィンゴール
  ド氏が106歳で死去。同氏は5年間に4つの強制収容所を回ったが
  生還。解放後はオーストリアでユダヤ人帰還事業を支援した。(P)

****************************************************
2019年 9月23日(月)
****************************************************
*リブリン大統領は連立政権構築のための各党との話し合いを開始。大
  統領はリクード党と青と白党の代表に、共同で連立政権を構築するよ
  う依頼したが、どちらが首相になるかについては指示せず。(P,H,Y)

*入植地指導者のディルモンティ氏は、ヨルダン渓谷の一部を併合する
  とのネタニヤフ首相の約束を果たすよう要求。選挙前に首相はヨルダ
  ン渓谷部分の併合を約束したが、選挙で過半数を取れなかった。(P)

*西岸地区の電気代未払いを受けて、イスラエル電力が電気供給量を減
  らすのは「集団的処罰」だと自治政府が非難。パレスチナ人の生活に
  影響が出ると主張。しかし、電気代滞納の住民は処罰へ。(P,H,Y)

*ポンペオ米国務長官が、ペルシャ湾地域に軍を増派すると発表。イラ
  ンとの戦争を避ける抑止と防衛が目的だと説明。もしイランが攻撃を
  続けるなら、トランプ大統領は必要な措置を取ると警告した。(P)

*7月にホルムズ海峡でイラン軍が拿捕していた英籍のタンカーを解放
  するとイラン政府が発表。しかし、いつ解放されるかは不明。(P)

*イスラエル代表の野球チーム「青と白」が来年の東京オリンピックに
  出場へ。南アフリカ共和国代表との試合に勝ち出場権を得た。(H,Y)

*米国で誘拐などの疑いで起訴されたユダヤ教超正統派のレブ・タホル
  の6人のメンバーが先週、イラン政府に政治亡命を申請。ユダヤ教超
  正統派の一部は、現代イスラエル国家の建国に反対している。(Y)

*アマゾン社がイスラエルでサービスを開始。まずは英語で、ヘブライ
  語対応は数週間後。イスラエルの様々な企業はアマゾン経由で物品の
  販売を開始している。アマゾン経由での北米への輸出も可能。(P)

****************************************************
2019年 9月24日(火)
****************************************************
*リブリン大統領が各党と政権協議。アラブ政党はガンツ氏を支持、イ
  スラエル我が家は誰も支持せず、誰も過半数に達しない状態。(P,Y)

*リブリン大統領が、ネタニヤフ首相、青と白党のガンツ氏を呼び「国
  益を最優先にして欲しい」と統一政権の形成を呼びかけ。約30分は
  2人だけでの会談も行われたが、会談の内容は公開されず。(P,H,Y)

*ネタニヤフ首相の3件の汚職疑惑について起訴前聴聞会が2日に行わ
  れるが、首相は「自分は無実」との書面を提出しただけで詳しい抗弁
  書を提出せず。聴聞会はネタニヤフ首相の弁護士が出席する。(H)

*米国のグリーンブラット中東特使が、ガンツ氏と米大使館で会談。特
  使は中東和平案の発表後に辞任する考えを表明しているが、和平案の
  発表が遅れる可能性を示唆。発表後しばらくは職に留まるとも。(P)

*トランプ米大統領が国連総会での気候変動会議を欠席へ。総会演説で
  は、世界各地でのキリスト教徒への迫害についても語る予定。(Y)

*国連総会に集まった英独仏米の首脳が別に会合を開き、サウジアラビ
  アの石油施設への攻撃はイランが行ったと断定。イランを非難。(P)

*イランのザリフ外相がCNNのインタビューで、制裁解除を条件に、
  ロウハニ大統領がトランプ大統領と会談する可能性を示唆。(P)

*東エルサレムのイサウィヤ地区で未成年者を含む25人のパレスチナ
  人を警察が逮捕。爆発物や石を警察や市民に投げた容疑。この地区は
  ほぼ毎日、衝突が続き3か月で約350人が逮捕されている。(H)

------------------------------------------------------------
 関連用語データベース・1999年10月以降の記事の全文検索は
  http://www.zion-jpn.or.jp/p0404.htm へどうぞ
-------------------------------------------------------------
[情報源略号表]
 P=エルサレム・ポスト  http://www.jpost.co.il/
 H=ハアレツ       http://www.haaretz.com/
 7=アルツ7       http://www.israelnationalnews.com/
  I=イスラエル・トゥデイ http://www.harvesttime.tv/israel_today/
 Y=イディオット・アハロノット http://www.ynetnews.com/
 ( )内の記号が情報源。メディアにより掲載日が異なる場合もあり。

[転載・引用・再配布について]
 教会活動等の非営利目的ならばOKです。ユダヤ人および
 各宗教教派に批判的な文脈での引用はしないで下さい。
============================================================
発行:「シオンとの架け橋」  http://www.zion-jpn.or.jp/
編集:石井田直二 naoji@zion-jpn.or.jp
============================================================
★購読解除は  http://www.zion-jpn.or.jp/kaijo.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-12-10  
最終発行日:  
発行周期:火金  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • エルサレム・ストーン2019/09/27

    ・貴メルマガによれば、イスラエル代表の野球チーム「青と白」が来年の東京オリンピックへの出場権を得たとのこと。「赤と白」サムライ日本とのベースボールは、様々な意味で楽しみだ。アジア極東の日本とアジア極西のイスラエルが、東の京、オリンピックを舞台に野球であいまみえる(ベースボール・大地を駆け巡る白球をともに追う両国選手の姿に期待が高まる)。日本国旗「日の丸」、日章旗は、神聖、無垢、純粋を象徴する白地に、純愛と情熱、已むに已まれぬ大和魂を体する赤の、日輪が中央に輝く。イスラエル国旗「青と白」ダビデの星は、同じく神性を徴する白地に、静謐、知性、高貴を示す青の、不撓不屈のユダヤ魂のシンボル、ダビデの星(六芒星・ヘキサグラム)がど真ん中に据えられている。2つの正三角形が組み合わされるイスラエルのダビデの星。象徴学的に見れば、完全、完成を意味し、また男性と女性の結合、完成した人間の姿をも表している。一方、日本の日の丸は、円形、球体であり、特定の一点を強調することのない平等と普遍、始まりも終わりもない永遠と完璧、生命の循環、自然のサイクルを表している。ともに単純なれども高潔なる精神を内包する国の旗を掲げる日本人とユダヤ人。さらに国歌に注目すれば、日本国国歌『君が代』の、「キ」は男性を、「ミ」は女性をそれぞれ言い表している、あるいは「陽」と「陰」、「神」と「人」とを表す等の説がある。「キ」と「ミ」の世、男女が一心同体となって、あるいは神々(自然)と人間が共にしあわせで平和な世界、人間精神のさらなる昇華とその永続、その祈りが歌詞に込められているともいわれる。昔訪ねた千鳥ヶ淵戦没者墓苑で見た「さざれ石」。様々な大きさ、形の石が寄せ集まっていた。このさざれ石が、先に旅した五島列島・奈留島、あの千畳敷のような巌(いわお)となり、そこに苔がむすまで、とは?つまり「永遠」「永続」が歌い祈られている。イスラエル国国歌『ハティクバ』は、ずばり「希望」である。離散の地で凄まじき艱難辛苦を嘗め尽くし、異端審問や魔女狩り、ポグロム、ホロコーストの惨害をその身に刻まれ、今も戦争やテロ、反ユダヤの不条理な憎悪、殺意に苦しむユダヤの民が、決して失うことなくこれからも抱き続ける強固で強烈な「希望」。「約束の地」「シオンの丘」への望郷、帰郷の念、自由への渇望、シャローム(平安・平和)の希求、そしてメシア到来、永遠の御国への願い。ぎっしり詰め込まれ、世代を越え歌い継がれている。

     約9000Km離れている日本とイスラエル。遠くにあるほど近い、この不思議なる両民族が出会い誤解と偏見を越え、魂の融合を果たす、その時。いったい何が起きるのか?来年のオリンピックへのイスラエルチーム参加といい、エルアル航空日本直行定期便就航といい、日本イスラエル投資協定・防衛協力といい、何か次元の違う見えざる「力」「意志」「仕組み」、動き始めてる。そんな気がする。今、宇宙的破局を含む地球環境大激動のこの時代、人間は相も変らぬ戦争と競争、憎悪と収奪に明け暮れる。が、異邦人の完成のなるとき「こうしてイスラエルは皆救われる」。福音の奥義成就、神の人間救済計画のグランドフィナーレへ向け、最後の最後、劇的ビッグ・サプライズとしての日本とイスラエルの融合、ダビデの星と日輪の会合、予定調和的に設定されているのかもしれない。そう思うとワクワクする。

     ただ、かつての過ち、もう二度と繰り返してはならないだろう。戦前、この日本に二度の大きな霊的覚醒(リバイバル)をもたらした中田重治監督。その中田牧師さえもが陥ってしまった日本特殊論(聖書より見たる日本の使命、東方天使説、再臨時期特定等)や日ユ同祖論等、悪魔の誘惑、陥穽、罠に決して嵌ってはならないのだ(日本人はイエス・キリストの十字架の血潮で罪(Sin)贖われる必要がある異邦人の罪びとに過ぎず、ユダヤ人でもなければ東方の天使でもない。また天孫民族でもなければ支配種族でもない。仮に「ユダヤ人」だとしても、罪の贖いと永遠の命に至るにはキリスト・イエスの十字架、「イエスは主」信仰告白が必要不可欠、必須である。それでも、もし日本人が「日系ユダヤ人」「失われた10支族」「ホンモノのユダヤ人」だというのなら、シオンの丘、約束の地に帰還(アリヤー)しなければならない。それが神の御命令、御計画であるからだ。ただし、いわゆる「日ユ同祖論」は、ある意味「置換神学」よりもより悪質な霊的天一坊、邪悪な「ユダヤ人」なりすまし、「選びの民」乗っ取りである。が、ユダヤ人になろうとしたヒビ人の末路、「ユダヤ人ではないのにユダヤ人を名乗る悪魔の会衆に属するもの」への裁き、肝に銘ずるべきだ。日本人はユダヤ人ではないし、ましてや天使でもない。人間であり、異邦人の罪びと、である)。「イエスは主!」異邦人もユダヤ人も心で信じ口で告白し、主にある「新しいひとりの人」へ日々新生、創り変えられてゆく。間もなくのラッパの祭の如く、やがて「世の終わりのラッパ」鳴り渡るとき、われらは一瞬で変えられる。その不思議な音によって、ある者は栄光の身体に聖化、栄化され、またある者は悪魔の、ヘビの如く醜悪な姿に変り果てる。天国か、地獄か?永遠の分水嶺、やってくる。とにかく、まだ時があるうちに、ラッパが鳴る前に、十字架による日本人の精神性の回復、霊的覚醒と、ユダヤ人の霊性の回復、福音化、ともに祈り願ってまいりたい。イスラエルの神は全宇宙を統べ治める生ける真の唯一の神であり、ユダヤ人にとっても日本人にとっても天の父なる神、愛なる神である。十字架の死から3日目に蘇られたイエス・キリストは100%神であり100%人間(ユダヤ人)であり、ユダヤ人にとっても唯一のメシアであり、日本人にとっても唯一の救い主である。アーメン。

    イスラエルに平安を、ユダヤ人に福音と祝福を、エルサレムに平和を。心から祈りつつ。