国際情勢

シオンとの架け橋・イスラエルニュース

イスラエルの政治・宗教・社会・和平などに関して、日本国内では報じられない現地ニュースを中心に週2回配信します。3日分のニュースが5分で読めます。

全て表示する >

シオンとの架け橋・イスラエルニュース

2019/09/06

◆◆◆◆◆◆◆
|||||||  シオンとの架け橋
_\\|//_    イスラエル・ニュース
__\|/__
___土___  http://www.zion-jpn.or.jp

「エルサレムの平和のために祈れ」 詩 122

本紙の発行は、原則として毎週火曜と金曜です。
=====【今号のポイント】================================
★(4日)自治政府がC地区奪還を宣言
★(5日)首相がヘブロンで式典に出席
★(6日)総選挙の期日前投票が開始
****************************************************
2019年 9月4日(水)
****************************************************
*イランの宇宙関連機関を標的とした制裁を発動したと、米財務省が発
  表。宇宙開発とミサイル開発は事実上同じであるため。(P,H,Y)

*シリアとイラク国境付近に、イランが大型軍事基地を建設していると、
  米国のTVが報道。数ヶ月前から建設中で完成は数ヶ月後か。(P,Y)

*ヒズボラがレバノンのベカー高原で誘導ミサイル製造の専門工場を作
  っていると国防軍が発表。イスラエルに察知されて、空爆を受けるの
  を免れるため、重要機器はベイルートの住宅地に移送中。(P,H,Y)

*総選挙が迫っていることを理由にネタニヤフ首相がインド訪問を中止
  した事について、インド政府は理解を示した。首相は今年2月にも総
  選挙を理由にインド訪問を中止しており、中止はこれで2回目。(P)

*西岸地区でイスラエルが行政を行うC地区での居住拡大を進めると、
  自治政府が発表。「C地区を奪還する」と自治体責任者は宣言。(P)

*マンデルブリート司法長官は、大学院の入学者を男女別にする事を承
  認する構え。超正統派の要請を受けた措置だが女性団体は反発。(H)

*イスラエルとレバノンの国境をまたぐガジャル村では、ヒズボラの侵
  入を防ぐため国防軍が門を閉鎖。住民の生活に影響が出ている。(H)

*ハーバード大入学が決まっていたのに、米に入国を拒否されていたパ
  レスチナ難民のアジャウィ君が、関係者の努力で無事に入国。(Y)

*ユダヤ系のキリスト教神学者ジョンソン博士が、インタビューに答え
  「ユダヤ教もキリスト教福音派も共に、終末的戦争とメシア来臨が迫
  っていると見ている。誰がメシアかで意見が違うだけ」と説明。(P)

****************************************************
2019年 9月5日(木)
****************************************************
*1929年に67人のユダヤ人がヘブロンで虐殺された事件の90周
  年式典がヘブロンで行われ、歴代首相として初めてネタニヤフ首相が
  出席。「ヘブロンは民族浄化の地にはならない」と宣言した。(P,Y)

*イランは昨日、核合意に反するウラン濃縮をさらに進めると発表。し
  かし、EUに合意維持のために2か月の猶予期間を与える。米国はイ
  ラン制裁を強化しつつも、EUに交渉の余地を残す構えか。(P,H)

*ネタニヤフ首相はインド訪問を中止した後、近日中にロシアを訪問す
  ると発表。首相は、米、露、イスラエルの三国高官会議をエルサレム
  で開催する考え。シリアからイラン勢力を一掃するのが狙い。(P)

*ネタニヤフ首相は今日、ロンドンでジョンソン首相や米国のエスパー
  国防長官と初の会談へ。中東問題とイラン情勢などを話し合う。(P)

*カナダが米国の了解のもとに10万人のパレスチナ難民を受入れる方
  針だとレバノン紙が報じたが、カナダ政府は全面否定した。(P)

*イスラエルは単独でイランの核施設への軍事攻撃を目指しているが、
  トランプ米大統領はそれを容認する構えだと米紙が報道した。(H)

*イスラエルの会計検査院は、ネタニヤフ首相が汚職事件の弁護士費用
  約57万ドルを、米国の実業家パートリッチ氏から借りる事を許可。
  パートリッチ氏も贈賄の容疑を受けて、証言した経緯がある。(H)

*トランプ米大統領は、次の国連総会でイランのロウハニ大統領と会う
  可能性があると発言。「彼らは問題を解決したいと考えている。我々
  はそれを24時間で解決できるだろう」と記者会見で語った。(Y)

****************************************************
2019年 9月6日(金)
****************************************************
*米政府で中東和平案の作成を担当するグリーンブラット中東特使が辞
  任すると、米大統領官邸が発表。イスラエルの総選挙後、トランプ大
  統領が和平案を公開するまで在任、その後の動向は不明。(P,H,Y)

*トランプ米大統領がイランのロウハニ大統領と国連総会の際に会談す
  る事について、ネタニヤフ首相は反対しない考えを表明。(P,H,Y)

*ネタニヤフ首相が英国でジョンソン首相と会談。パレスチナ問題とイ
  ラン問題などが議題に。ネタニヤフ首相は米国のエスパー国防長官と
  も会談予定。訪英中の米ペンス副大統領とも会談する可能性。(P,Y)

*米ニューヨークにある正統派ユダヤ教の2つの学校で、約40年前に
  虐待を受けたとして数人の元生徒の男性が学校を訴え。当時両校で勤
  務したローゼンフィールドが、虐待を行っていた容疑は濃厚。(P)

*米国とイスラエルがイランの核施設で諜報活動を行うのに、オランダ
  の諜報機関の協力を得たとの報道で詳報。オランダの諜報機関は優秀
  だが、小国でマークされにくいことが成功の要因だとの分析も。(P)

*トルコのエルドアン大統領が、シリア東部に「安全保障地帯」を確保
  すると主張。認められなければ難民百万人をヨーロッパに送り込むと
  脅迫。トルコはロシアと米を手玉に取り影響力を強めている。(P,Y)

*最新の選挙予想では、リクード党と青と白党が約32議席で伯仲。ネ
  タニヤフ氏の右派ブロックが過半数に届くかは微妙な情勢。(H)

*17日の総選挙を前に、米国のイスラエル領事館で期日前投票がスタ
  ート。領事館、ユダヤ機関、エルアル航空などの職員が対象。(H)

------------------------------------------------------------
 関連用語データベース・1999年10月以降の記事の全文検索は
  http://www.zion-jpn.or.jp/p0404.htm へどうぞ
-------------------------------------------------------------
[情報源略号表]
 P=エルサレム・ポスト  http://www.jpost.co.il/
 H=ハアレツ       http://www.haaretz.com/
 7=アルツ7       http://www.israelnationalnews.com/
  I=イスラエル・トゥデイ http://www.harvesttime.tv/israel_today/
 Y=イディオット・アハロノット http://www.ynetnews.com/
 ( )内の記号が情報源。メディアにより掲載日が異なる場合もあり。

[転載・引用・再配布について]
 教会活動等の非営利目的ならばOKです。ユダヤ人および
 各宗教教派に批判的な文脈での引用はしないで下さい。
============================================================
発行:「シオンとの架け橋」  http://www.zion-jpn.or.jp/
編集:石井田直二 naoji@zion-jpn.or.jp
============================================================
★購読解除は  http://www.zion-jpn.or.jp/kaijo.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-12-10  
最終発行日:  
発行周期:火金  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • エルサレム・ストーン2019/09/10

    ・貴メルマガによれば、インタビューに答えたユダヤ系キリスト教神学者ジョンソン博士が「ユダヤ教もキリスト教福音派もともに終末的戦争とメシア来臨が迫っていると見ている。誰がメシアかで意見が違うだけ」、そう説明されたという。異なる意見もやがて一つになる。「イエスは主」それが答えだ。ユダヤ教タナハ(旧約聖書)とタルムード(サンヘドリン)が示す「贖いの日」10の前兆、そして主イエス・キリストが提示、啓示、黙示された「世の終わり」その前兆(新約聖書・黙示録)。またイスラム教(コーラン)における「最後の時」、その前兆。それら一つ一つが今まさに露わになっているといえる。すさまじき大戦争と大地震、大災害、底なしのはびこる不法・不義・不道徳、宇宙的破局等をも内包する未曾有の「終末」。儀式化形式化した伝統的宗教に限らず、世に蔓延する種々の新興、新々興、新々々興宗教においても程度の差こそあれ、それぞれの「終末」が示される。破局と救済、そのヴァリエーションを様々に変えることで目新しさを演出、人々の関心を引き寄せ、自分たちが作り出した「教祖」や「神々」、自称霊能者、自称超能力者、自称○○の生まれ変わり等への帰依、隷従を誘導している。

     「食べれば必ず死ぬ」そう警告されていた禁断の実を口にした人間。神ではなくサタンに従った人間が作り出した世界は、まさに戦争と飢餓、核兵器と放射能、公害と難病、差別と迫害、不義と不正、不条理に満ち溢れる死の世界だった。地球を、人間を、生物を、すべてを、もう何百回、何千回も絶滅できるほどの核兵器を頂点とする人殺しと破壊の兵器体系。その牢獄の中、顔も知らない誰かがボタンを押せば5分以内に死を迎えざるを得ない極限で、人を人とも思わずただひたすらに「数字」を追い求め互いに憎しみ合い競い合って刹那の勝利に酔いしれたり落胆する、憐れで有限なる存在、われら人間。この狂気の世界でいかに正気に生きるのか?あのあどけない微笑みも、真っ直ぐな優しさも、正義の元なる同情心も、うそを許さぬ良心も、屋根まで飛んだシャボン玉の如く跡形もなく消え去り、権謀術数と呪怨、エゴ、情欲の塊と化してゆく。いったいこの人間の「罪」(“Sin”神を神として認めぬ「我」、自己中心)、この四つの非(非言、非行、非恩、非望)を、どう解決するのか、始末をつけるのか?これこそが、この地上生涯で人間に与えられた課題、宿題である。それはまさにこの地上生涯を終えた後、魂の振り分け、行先を選別する考査、テストでもある。何をもってその答えとするか?物言わぬ偶像か?自らの業績、勲章、学歴学位、財産、資産か?積善隠匿徳の数、量か?清貧貞淑か?八百万の神々、先祖霊、天皇のミイツ、カルト教祖か?自分自身か?あるいは「メッタにないからメタノイヤ(生ける真の唯一の神の御前で自我を砕き回心、悔い改め)」に基づき、十字架にある罪の贖いと永遠の命の希望を拝受し、「イエスは主!」心で信じて口で告白する信仰を、神への賛美とともに謙ってお捧げするのか?あのカルバリの丘、二人の罪人のうち、どちらの道を選ぶのか?その選択、決断のボタンは、常にわれらの前に置かれている。今、時は満ち、神の国は近づけり。悔い改めて「イエスは主!」十字架の信仰をもって「終末」を迎えたい。天地万物を創造されご支配されるイスラエルの神は唯一の神であり、愛の神である。生命(いのち)を創造された神は、人間をお創りになり、ひとり子をお与えになるほどに愛してくださっている。やがて来る「終末」は恐怖と破壊、絶望の終点ではなく、新しい天と新しい地、そして新しい生命への起点である。

     これからますます終末へ、人類歴史のグランドフィナーレへ向け、予定調和的な動きが加速してゆく。国際情勢も日本社会も益々混迷と混乱を深め極め、愛は冷えきってゆくだろう。しかし、キリスト・イエスを信じる者は死んでも生きる。十字架の言葉は滅び去るものにとっては愚かであっても、救いを得るわれらにとっては神の力である。アーメン。今、聖書預言成就の目に見える証ミラクルランド、イスラエルは、世界にとっても希望である。

     イスラエルの神はユダヤ人にとっても異邦人にとっても唯一の神であり、イエス・キリストはユダヤ人にとっても異邦人にとってもすべての人間にとって唯一の救い主である。

     イスラエルに平安を、ユダヤ人に福音と祝福を、エルサレムに平和を。心から祈りつつ。

  • エルサレム・ストーン2019/09/08

    ・貴メルマガによれば、オランダの諜報機関が米国とイスラエルによるイラン核施設での諜報活動に協力した件につき、オランダの諜報機関は優秀であることに加えマークされにくかったのが成功の要因との分析がなされているという。「イスラエルを地図から消す」「テルアビブとハイファを地上から消し去る」そう宣言し反米ならず者国家仲間の北朝鮮と一緒になって核兵器・弾道ミサイル開発に突っ走るイラン。今やJCPOAを完全に無視、突破し、核開発無制限、濃縮ウランの総量、濃度とも上限突破、兵器級プルトニウム製造に突進せんとす。このまま事態が推移すれば、もうまもなくイランは自国製核兵器を完成させるだろう(既に完成?北朝鮮製核兵器やネオナチ経由で入手済み?)。イランが1発でも核兵器を持てば、核兵器を背景に米国や欧州、イスラエルへの脅迫外交を一層あからさまにし、サウジアラビア等スンニ派湾岸諸国にイラン式イスラム革命を輸出、王制転覆、シーア派革命政権を樹立するだろう。また、世界へ公言しているとおり、呪いの言葉とともに核兵器によるイスラエル殲滅を謀るかもしれない(ヒズボラやハマス、イスラム聖戦等による核自爆テロ、ガザ地区に運び込んだ核兵器を地上で炸裂させハマスもろともイスラエル殲滅、核兵器搭載無人機によるカミカゼ核アタック、ズバリ核ミサイル発射・・・?)。日本の四国ほどの国土面積しかなく、そのうちの約60%が荒野であるイスラエル。万一、国土の40%部分都市部に1発でも核兵器が炸裂すれば、まさにイスラエル滅亡、ユダヤ人絶滅の国家的民族的危機となる。悪夢である。が、イスラエルが核兵器で壊滅し、神の選びの民ユダヤ人が核兵器で絶滅するという聖書預言は存在しない。むしろ、『アブラハム契約』の適用を受けるイランにペルシャ・ハマンの繰り返しの末路が訪れることになる。イラン指導者は一刻も早く十字架の御前に悔い改め、「反イスラエル」を核兵器や弾道ミサイルもろとも完全に廃棄廃絶すべきである。イスラエルはイランにとっても希望である。



     思えば昨年5月8日、米国トランプ政権によるJCPOAからの脱退宣言がなされる前。貴メルマガ既報のとおり、イスラエル諜報機関によるイラン核開発に関する膨大な秘密文書・資料・証拠(約6万枚の文書、約200枚のCD等)の入手とその分析(イランが核合意の前も後も変わらずに核兵器開発を続けている事実の判明)がなされていた。「正しい政策は、正しい情報から」昔も今も変わらない歴史の鉄則である。今、世界の危険国家イランとの間で「伝統的友好関係一層強化」「イラン核合意一貫支持」などと親イランの国家的立場を対世的に鮮明にしている日本。はたしてイランの核開発の実態、核兵器製造の進捗状況について、正確な情報を入手しているのだろうか?多元的多角的に情報を分析、評価しているのか?情報収集・分析・評価のフィードバック、通達、配布に抜かりはないのか?ただただイラン政府による公式発表だけを鵜呑みにし盲信しているだけではないのか?あのアベ総理がイラン最高指導者ハメネイとの会談中なされた日本向けタンカーテロ攻撃。日本政府(外務省、外事警察、防衛省等)はそのテロ実行犯の特定、背景、使用武器、命令系統、攻撃意図等明確に正確に掌握しているのだろうか?いまだにイランとの「伝統的友好関係」を「外交資産」としイラン指導者との再会談を所望、米国提唱の「有志連合」への参加を見合わせている惨状から、何も把握できてはいないのだろう。「まあ、よかろう」何らの具体的な情報収集、情勢分析もなく漫然とインドシナ半島進駐を決定強行し、「ハルノート」からの日米戦争を招来、「真珠湾騙し討ち」宣戦布告を攻撃開始後一時間以上遅延して米国に通告したあの時と何も変わっていないのでは?首相側近に潜入したゾルゲスパイ団に最高戦争指導会議(御前会議)の内容までもが筒抜けで、英米に対日参戦を密約していたスターリンに講和の仲介を依頼していたあの頃と同じでは?今、イラン核開発に関する情報もまるでなく、チープで薄っぺらな亡国外交がにぎにぎしく展開される。日本も今、オランダに倣って「伝統的友好国」でマークされにくい立場を利用、イランへの諜報活動で米国やイスラエルへ協力すべきである。出でよ、レイワの明石大佐、ペルシャの日本版ロレンス。期待したい、が・・・。

     先日のロシア、ウラジヴォストークでの日露首脳会談。報道によれば、アベ総理が毎度のほっこり顔、優しい方のプーチンさんの面前で、いきなり突飛で珍妙なポエムを朗読、披露し、世界の失笑を誘っていたという。「云々デンデン」「願って・い・ません」に続く大技、『おねしょのラブソング』ならぬ「ウラジミールへのラブソング・平和条約へばりつき芸」か?もうすべりまくり、おろかにもほどがあろうというものだ。もうわが国固有の領土北方四島は戻らない。それどころか、スターリンの当初の野望、北海道が狙われるだろう。アベ総理が言及したプーチン大統領との「同じ未来」「ゴール」とは?ロシアによる北海道占領、ロシアによる日本占領、併合、日本民族絶滅ではないのか?過去の日本の先達の顔にドロを塗り、現在及び将来の日本国民を裏切り、故郷(ふるさと)を、祖国をロシアに献上せんとする。今、ヘビ総理、同胞(?)たる日本人を捨て置きプーチン大統領と2人でとんでもない裏切り街道を駆け抜ける。まるで「シンゾールゲ裏切りの地獄のランナー」のようだ。間もなくの内閣改造。報道によれば、「恥を知りなさい」じゃじゃ馬ならし元アイドル議員が入閣し、あの共産中国赤い美魔女とツーショット、ニタニタ・デレデレ溶けかけアイスクリーム顔を自撮りした外交責任者がなんと「防衛大臣」に横滑りする予定とのこと。なんでも韓国相手に居丈高に振舞いバッシングする姿勢が「評価」されたという。確かに記憶に新しいあの韓国艦船による日本海対海上自衛隊機攻撃用レーダー照射(ロックオン)事件を「なかったこと」にした人物は酷かった(えっ、なかったことって?日本を守る大切な人、自衛隊員を死の危険にさらし、見殺しにするのか?なんという邪悪!裏切り!)。もはや北朝鮮の死間国家と化した感のある韓国は、次には対自衛隊機スクランブル発進、対自衛隊機ロックオン、警告射撃、ミサイル発射等仕掛けてくるかもしれない。竹島沖海戦が勃発するかもしれない。北朝鮮工作機関による日韓分断、日韓対立、日韓戦争の策謀にはたして靖国ナチス・メルヘンポエム内閣はまともに対処、対応できるのか?それともあえてキレやすい人物を防衛大臣を据え、対韓軍事攻撃指令、狙っているのでは(殿御乱心「初めの一発」アオリ狙い作戦?デンチューでゴザル刃傷し掛け工作か?)?およそ指導者に恵まれない国家、組織は滅び去る運命(さだめ)。そして、今、泣きっ面にハチ。東京直撃台風襲来。隅田川、荒川、多摩川、利根川・・・、あの明治43年大水害、再来か?広大な地下街、地下鉄網、高層ビル群、電子社会、IT社会・・・、直面する未知の危機。未曾有の水害被害に追い討ちをかける消費税増税。日本もまた国家的危機を迎える。悪夢である。が、これすらも「神の仕業」「ユダヤの陰謀」とでもいうのか?今、反イスラエルのイランにシンパシーを送り、「ヒトラーの正しい動機」「ナチスの手口を学ぶ」日本にも、『アブラハム契約』厳粛に適用される。



     日本もまた、まだ時があるうちに十字架の御前に悔い改め、改心、回心するべきだ。揺れ動く地にありて、なお十字架は輝けり。日本に神の憐れみを。もう祈るほかない。

     イスラエルの神は日本人にとっても唯一の神であり、イエス・キリストは日本人にとっても唯一の救い主である。イスラエルに平安を、ユダヤ人に福音と祝福を、エルサレムに平和を。心から祈りつつ。

  • エルサレム・ストーン2019/09/08

    ・貴メルマガによれば、シリアとイラクの国境付近にイランが大型軍事基地を建設中とのこと。また、イランの支援を受けるヒズボラがレバノンのベカー高原で誘導ミサイル製造の専門工場を建設するも、IDF(イスラエル国防軍)による空爆をおそれ重要機器をベイルートの住宅街に移送しているという。「イスラエルを地図から消す」「テルアビブとハイファを地上から消し去る」そう宣言し反米ならず者国家仲間の北朝鮮と一緒になって核兵器・弾道ミサイル開発に突っ走るイラン。CBRN兵器搭載弾道ミサイルとテロ・ゲリラ戦を戦略の二本柱とするイランが、今、対イスラエル攻撃用の大型軍事基地やミサイル製造工場をイスラエル北部を睨む地域に建設し、ガザ地区のハマスやイスラム聖戦、そしてイラン本土からの攻撃をも加え、四方八方からイスラエルを包囲殲滅せんとする。が、『アブラハム契約』はイランにも当然に適用される。なによりもイスラエルを見守るお方はまどろむこともなく眠ることもないお方である。イランがイスラエルに謀った害悪がそっくりそのままイラン自身に降りかかることになる。そして「二度とホロコーストの悲劇、起こさせない」堅い決意でイスラエルを率いるネタニヤフ首相が、イランによる第二ユダヤ人ホロコーストを座して待つことなどありえない。時来れば、イスラエル国防哲学「ベギンドクトリン」、その発動に躊躇も遅疑逡巡もないだろう。

     それにしても、なぜイランは、空爆ターゲットをせっせとこしらえているのだろう?誘導ミサイル基地を造りつつ重要機器を住宅街に移送、住民を人間の盾にしてまでイスラエル攻撃を目論むのだろう?「核合意」も破り、濃縮ウランやプルトニウムをせっせと作り核兵器開発を急ぐのだろう?なぜあのペルシャ・ハマンの轍(わだち)に自ら進んでガッチリはまっているのだろう?なぜそんなに慌てて死に急ぐのだろう?もはやイラン指導者のうなじを、あのエジプトのパロのごとくかたくなにされているのは、神御自身かもしれない。イスラエルが対峙対決せざるをえないイランとの戦い、それは「主の戦い」になっているのではないか。もうイランが、シリア領内やイラクとシリアの国境沿いに、アフガニスタンやパキスタン、トルコとの国境沿いに、あるいはカスピ海海底に、イスラエル攻撃用の軍事基地やミサイル工場、核兵器工場、核実験場等をいくら造ったとしても、それらはみな速やかに無害化、破壊されるだけだろうに。それは人智を超える「何か」(地獄の火・神の怒り)かもしれないし、世界最大最強の軍事諜報超大国米国等有志連合による「誰も見たこともない炎と怒り」かもしれない。「マサダの悲劇、二度と起こさせない」無敵のIDFによる「不可能を可能にする」防衛的軍事対応かもしれない。仮にIDF部隊が動くなら、その遥か前方には抜き身の剣を持つ主の軍の将が進まれる。世界は、イスラエル殲滅を野望するイランがこれから辿る悲惨な末路を目の当たりにし、今も生きておられるイスラエルの神の御存在を確認することになるだろう。

     やはり、まだ時があるうちに、イラン指導者らは十字架の御前に悔い改め、反イスラエルの邪念、憎悪とともにCBRN兵器も弾道ミサイルもすべて廃棄・廃絶するべきだ。手遅れにならないうちに。イスラエルはイランにとっても希望である。

     イスラエルに平安を、ユダヤ人に福音と祝福を、エルサレムに平和を。心から祈りつつ。