国際情勢

シオンとの架け橋・イスラエルニュース

イスラエルの政治・宗教・社会・和平などに関して、日本国内では報じられない現地ニュースを中心に週2回配信します。3日分のニュースが5分で読めます。

全て表示する >

シオンとの架け橋・イスラエルニュース

2019/05/31

◆◆◆◆◆◆◆
|||||||  シオンとの架け橋
_\\|//_    イスラエル・ニュース
__\|/__
___土___  http://www.zion-jpn.or.jp

「エルサレムの平和のために祈れ」 詩 122

本紙の発行は、原則として毎週火曜と金曜です。
=====【今号のポイント】================================
★(29日)日本の仲介をイランが歓迎
★(30日)史上初めて連立交渉が失敗
★(31日)日本との直行便が来春就航
****************************************************
2019年 5月29日(水)
****************************************************
*ネタニヤフ首相が政権を組む期限は今日の夜12時まで。政権が組め
  ない場合は9月17日に再選挙へ。鍵を握るイスラエル我が家党のリ
  ーバーマン氏は妥協を拒否しており、再選挙の可能性も。(P,H,Y)

*超正統派政党のいくつかは、再選挙があった場合でもネタニヤフ政権
  に同じ条件で参加すると発表。ラビらは再選挙に反対を表明。(P,H)

*クシュナー上級顧問ら米和平チームはネタニヤフ首相が連立政権を構
  築した後、30日にエルサレム入りし、バーレーンの経済会議で発表
  する和平案について協議する予定。他の中東諸国も訪問へ。(P,H,Y)

*イランの副首相が、カタールの外相と会談し、中東の緊張状態への懸
  念で一致。悪化を防ぐため湾岸諸国と対話の用意があると発言。(Y)

*米国とイランの間を仲介すると日本の安倍首相が発言した事を、イラ
  ンが歓迎。安倍首相は6月イランを訪問し、大統領と会談予定。(H)

*ドイツのバイエルン州の国内諜報局が5月に出した報告書に「イラン
  は大量破壊兵器の開発を推進している危険国家」との記述。(P)

*ヘブロンのパレスチナ人実業家のジャバリ氏が、バーレーンの会議は
  「米和平案の一部ではなく経済会議だ」として出席すると宣言。(P)

*同性愛者であると公表したため、米国の神学校でラビに認定されなか
  ったアトウッド氏が、エルサレムでラビに認定された。ユダヤ教はL
  GBTに寛容な方向に変化しているが、同性婚は認められない。(H)

*昨年11月、米国発のエルアル航空便が悪天候で遅れ、安息日を満足
  に守れなかったとして、宗教派乗客53人が航空会社を提訴。(P)

****************************************************
2019年 5月30日(木)
****************************************************
*ネタニヤフ首相は昨日中に連立政権を組む事が出来ず、9月の再選挙
  が確定。再選挙はイスラエル歴史上初。リーバーマン氏は「超正統派
  とユダヤ法に支配された政権には参加しない」と語った。(P,H,Y)

*国会が解散と再選挙を議決した後、首相は「リーバーマンは左派に転
  向した」と非難。超正統派の徴兵法案の妥協案は、リーバーマン氏の
  要求に合わせて作られたのに、拒否するのはおかしいと非難。(P,Y)

*国防軍が新たなヒズボラの侵入トンネルを発見し破壊。昨年にも数本
  のトンネル破壊作戦が行われたばかり。トンネルはレバノンの村から
  1キロ以上掘られ、イスラエル側に数十メートル入っていた。(P)

*米和平チームのクシュナー上級顧問らは、モロッコ、ヨルダンを訪問
  後、昨夜イスラエルに到着。今日はネタニヤフ首相と会談予定だが、
  政権が構築できていない状況の中、大きな成果は期待薄。(H,Y)

*イランのロウハニ首相は「制裁を解除するなら米と交渉する」と語っ
  たが、ハメネイ師は「米国との再交渉の余地は無い」と一蹴。(Y)

*ハマスの内務省が、20年以上ガザで発行されてきたファタハ系の新
  聞を発禁処分に。理由は「不満の爆発を扇動している」ため。(P)

*3月17日にアリエル交差点で発生し2名が犠牲になったテロの際の
  現場指揮官を免職に。コハビ参謀長は、兵士らが精神的にも作戦的に
  も任務を果たせる状態にはなかったと、指揮官を非難した。(P)

*ギリシャ正教会、カトリック、アルメニア正教会が27日、聖墳墓教
  会の改修工事を共同で行う事で同意。工費は約1千万ドルの見通しで、
  ヨルダンも出資予定。カトリックは50万ユーロを拠出する。(H)

****************************************************
2019年 5月31日(金)
****************************************************
*ネタニヤフ首相がクシュナー上級顧問ら米和平チームと会談。米国の
  努力に感謝を表明した。クシュナー氏は、イスラエルで史上初めて連
  立政権が組めなかったことについては、特にコメントせず。(P,H)

*メッカで行われた緊急会議で、サウジアラビアのサルマン国王が石油
  タンカーへの攻撃についてイランの「軍事的拡大」だと非難。米国も
  石油タンカーへの攻撃はイランの策謀だと非難している。(H,Y)

*ハマス指導者のシンワルがエルサレム記念日を前に「トランプ米大統
  領はエルサレムをシオニストに売ろうとしている」等と非難。当日は
  ガザ境界フェンスでの暴動に多くの人を集めると宣言した。(P,Y)

*緊急世論調査で国民の3分の2は再選挙に不満。責任はリーバーマン
  氏にあるとの意見が46%、ネタニヤフ氏だとの意見が35%。(P)

*イスラエル、米、露の3国安全保障担当者会議が6月にイスラエルで
  開催されると発表。イランのシリア進出が議題になるもよう。(P)

*英国エセックス大学が、講師のアリ氏を解雇。2月にユダヤ人組織が
  学内に設けられる事になったことに反発し、反ユダヤ的な発言を行っ
  たため。同氏は以前からホロコースト否定論者だったという。(H)

*イスラエル国営エルアル航空は29日、テルアビブと成田空港間の直
  行便を来年3月から就航させると発表。週に3往復を予定。(Y)

*今月ロサンゼルスで、パレスチナ人のタクシー運転手が、イスラエル
  人に乗車拒否。手配会社のウーバーは運転手との契約を解除。(P)

------------------------------------------------------------
 関連用語データベース・1999年10月以降の記事の全文検索は
  http://www.zion-jpn.or.jp/p0404.htm へどうぞ
-------------------------------------------------------------
[情報源略号表]
 P=エルサレム・ポスト  http://www.jpost.co.il/
 H=ハアレツ       http://www.haaretz.com/
 7=アルツ7       http://www.israelnationalnews.com/
  I=イスラエル・トゥデイ http://www.harvesttime.tv/israel_today/
 Y=イディオット・アハロノット http://www.ynetnews.com/
 ( )内の記号が情報源。メディアにより掲載日が異なる場合もあり。

[転載・引用・再配布について]
 教会活動等の非営利目的ならばOKです。ユダヤ人および
 各宗教教派に批判的な文脈での引用はしないで下さい。
============================================================
発行:「シオンとの架け橋」  http://www.zion-jpn.or.jp/
編集:石井田直二 naoji@zion-jpn.or.jp
============================================================
★購読解除は  http://www.zion-jpn.or.jp/kaijo.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-12-10  
最終発行日:  
発行周期:火金  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • エルサレム・ストーン2019/06/03

    ・貴メルマガによれば、来年3月からイスラエル国営エルアル航空がテルアビブと成田間の直行便を就航させると発表、週3往復を予定しているという。日本とイスラエル間の人的交流が飛躍的、爆発的に増大、深化拡大するだろう。期待が膨らむ。以前、イスラエルを訪問した際。成田からバンコクへ、そこでエルアル航空に乗り換えての長旅だった。今度は成田からテルアビブへ、乗り換えなし、直行12時間で行ける。再び主イエスが歩かれた奇跡の地、永遠の愛の顕現地、神がユダヤの民にお与えになった「約束の地」イスラエルへ、エルアル航空直行便で行ける日を楽しみにしたい。確かにセキュリティのチェックには定評がある。が、逆に旅の安全、安心を担保してくれる。“Do you know KOZO OKAMOTO?”タイでの搭乗手続き、エルアルの係官に尋ねられた。“Absolutely No! ”“He is an evil Terrorist!”そう応えたものだった。47年前、あのロッド空港でユダヤ人無差別大量殺人事件を犯した日本赤軍、3人の日本人(奥平剛士、安田安之、岡本公三)は、日本の恥であり、永遠の不名誉である。一説によれば、この邪悪な日本赤軍による犯行の背後にも北朝鮮がいたともいわれている。これから日本、成田空港からエルアル航空の直行便でイスラエル、テルアビブの、ベングリオン空港(旧ロッド空港)に降り立つ日本人は、まずその犯行現場で黙想し犠牲となられた方々に鎮魂と謝罪の祈りをしてからイスラエルに入国してほしい。自分も前に伺ったときは、心に留めながらも止まったままの石の時計を見い出すことあたわず、空港でコーヒ飲んだだけ。それができぬままであり、次の機会には是非そうしたい、願っている。

     

     今もナチスと変わらぬ「ユダヤ陰謀論」やアラブ過激派受け売りの「イスラエル悪玉論」に毒され汚染されている日本の大手メディアが垂れ流すイスラエルの姿は、反ユダヤ・反イスラエルの邪悪な意図で醜くゆがめられている。実際のイスラエルは、思った以上に緑が多く、体感的安全度は東京以上であり、夜でも安心して歩けた。通りの真ん中で楽器を演奏する若者たちがいたり、孫と一緒に歩くお年寄り、若いカップルもいれば家族連れも普通に歩いていた。百聞は一見にしかず。そしてなによりも『聖書』の世界に時空を越えて飛び込んだような、リアル4K福音体験、まんまVR活ける使徒行伝体験、できる。エルアル航空飛行機の、タラップからイスラエルの大地に一歩足を踏み出したときの、あのなんともいえぬ「懐かしさ」、イスラエルの空気を肺一杯吸い込んだときの、身体をふわっと包み込む安堵感。イスラエルを訪れる多くの日本人の皆様も、是非体感、体験してほしい喜び、恵みである。「よく来たね、お帰りなさい」主イエス・キリストがそう語りかけていてくださるような、至福の瞬間でもある。異邦人の、日本人(メシアニック・ジェンタイル、メシアニック・ジャパニーズ)の「わたし」ですらそう思うのであれば、ましてや神の民ユダヤ人が帰還(アリヤー)した時の喜び、いかほどだろう。今、世界中の離散の地におられるユダヤの民が、一刻も早く「約束の地」「父祖の地」「唯一の祖国」イスラエルに帰還されますように。祈るほかない。いずれにせよ、日本とイスラエルの空の架け橋、空の千畝ルートが日本人とユダヤ人の血肉の絆、心と魂の友愛を固く広く強く深く結締することだろう。あの日本の大恩人ルツ・カハノフ大使が築かれた日本とイスラエルの交流拡大の土台。今、その上に、ヤッファ・ベンアリ大使が協働と繁栄、信頼と友誼の大きく太い柱を打ち立てられる。エルアル航空、定期便の安全と繁栄、祝福を心から祈ります。イスラエルは日本にとっても希望であり未来である。



     今、イランを訪問するというアベ総理。イスラエルを裏切らないでほしい、絶対に。あの「日本とイスラエルの新しい包括的パートナーシップ構築に関する共同声明」を発し、固く握手を交わしたネタニヤフ首相を絶対に裏切らないでほしい。テヘランでロウハニやハメネイに会うとき。面と向かって正々堂々、「ハショアー・レオラム・ロー・オッド!」(二度とユダヤ人ホロコーストを起こしてはならない!)はっきり真っ直ぐ伝えてほしい。「イスラエルの生存権確認」「ユダヤ国家イスラエルとの国交樹立」「核兵器・弾道ミサイル完全廃棄」「ハマスやイスラム聖戦、ヒズボラ、フーシ派への支援即刻中止・武装解除・解体」「ホルムズ海峡安全航行宣言」「ガザ地区の完全非武装化」「シリア領内イラン革命防衛隊完全撤収」「反米ならず者国家改め親米親イスラエル国家宣言」「北朝鮮の核兵器・弾道ミサイル無害化及び北朝鮮による日本人拉致被害者解放へのイラン協力宣言」・・・、勝ち取ってほしい。アベ総理の仲介により、東京で米国トランプ大統領とイラン・ロウハニ大統領とがにこやかに握手し、「東京宣言」イラン核危機が完全に除去されるなら。アベ総理はノーベル平和賞を受賞し、歴史に名を残す大政治家になれるだろう。が、ただ行って終わり、言いっ放しで終わりの格好づけ、ポーズだけなら世界の失笑とイランの恨みをもろに買い、アベ総理のみならず日本の国際的地位も貶められるだけだろう。はたしてどうなるか?米国が、イスラエルが、北朝鮮が、中国が、ロシアが、全世界が注目する、テヘラン日本イラン首脳会談・・・。

     今、報道によれば、間もなくのどれかの「大安」、衆議院7条解散、衆参W選挙突入の風向きだという。いかに「伝統的友好関係にある」とはいえ、イラン訪問、どうもスジが悪く、桁違いの国際謀略戦に巻き込まれ、何かとんでもない重荷を背負い込むかもしれない、罠だ、政治的直感で嗅ぎ取ったアベ総理が、イラン訪問前に突如衆議院解散、それを理由にドタキャンかますかも。それはそれで日本の国益とアベ総理の名誉を守る正しい判断といえるだろうが・・・。同様に、7月の衆参W選挙投開票日直前、選挙対策用北朝鮮平壌電撃訪問も思いとどまってほしい。「ナチスの手口」あのヨーゼフ・ゲッベルスのプロパガンダ手法を承継する広告宣伝会社の企画に乗るような政治・外交、本当にもういい加減にしてほしい。今、アベ総理が行くべきは、テヘランでもなく平壌でもない。イスラエル、エルサレムである。ネタニヤフ首相と胸襟を開き、腹を割ってイランの脅威に立ち向かう日本とイスラエルのパートナーシップ具現化をこそ協議し合意し、実行すべきである。

     中東唯一の民主国家にして、テロの海に毅然と屹立、邪悪なテロや不条理な殺意に勇敢に立ち向かい勝利する、聖書預言成就のミラクルランド(奇跡の国)イスラエルは、現実世界においても日本の希望である。

     イスラエルに平安を、ユダヤ人に福音と祝福を、エルサレムに平和を。心から祈りつつ。

  • エルサレム・ストーン2019/06/03

    ・貴メルマガによれば、ドイツ・バイエルン州の国内諜報局が5月に出した報告書に「イランは大量破壊兵器の開発を推進している危険国家」そう記載しているという。あのアドルフ・ヒトラーが一揆を起こし、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)の発祥の地、忌まわしいナチズムの首都「ミュンヘン」を州都とするドイツ・バイエルン州の諜報機関が警告するイランの本性だけに、重く受け止めるべきである。また、あの悪夢の1972年「ミュンヘン事件」(アラブゲリラ「黒い九月」によるイスラエルオリンピック選手団皆殺し事件)の現場でもあり、イランが策謀している欧州での大規模テロ計画やイランの大量破壊兵器開発の具体的情報(例.ナチスSS残党組織やネオナチ組織との連携、闇市場でのCBRN兵器購入計画)など詳細でも掴んだのだろうか?ドイツ警察公安当局は、あのミュンヘン事件の悪夢を決して再現させることなく、危険国家イランの動向を完全掌握、欧州でのテロ事件を完全防圧し、イランの大量破壊兵器開発を粉砕、阻止してほしい。あのユダヤ人ホロコーストを犯した消えない罪過の償いとして、イスラエル(ユダヤ人)を守り支え続けるドイツであって欲しい。イスラエルはドイツにとっても希望である。



     今、かつて日本が同盟したナチス・ドイツの、ユダヤ人ホロコーストを犯したナチズムの発祥の地ミュンヘン、バイエルンの情報当局でさえも「危険国家」と断ずる、この世界危機の大本命イランを、なんと日本のアベ総理が訪問するという。北方領土も実質主権放棄で取り戻せず、北朝鮮に拉致された日本人の少女一人でさえも救い出せぬ、この日本政府(外務省)が「米国とイランの仲介役」って???「米国・イランの橋渡しで、中東和平に汗をかく日本、アッピールできまっせ!」「米国とイランの緊張緩和で、ノーベル平和賞、いけるんちゃいまっか!」「実際問題、米国とイランがどーなろうと知ったこっちゃありませんがな。ただテヘランでスマイル写真さえ撮ればええんちゃいまっか!」「とにかく行くことが大事、行けば100万票上乗せカタイんちゃいまっか!」ヘビ総理の耳元で囁いたり、やれ「日本民族の独立を!」「アメリカの言いなりになるな!」「一神教より多神教!」怒鳴り散らすパフォーマンスをかましたり、お涙頂戴の三文芝居を演じたりする「自称・熱い愛国者」「正真正銘の裏切者」「現代版ゾルゲ機関」が蠢いているのでは。いつものようにヘラヘラ・ニタニタ・ニヤニヤの作り笑顔のアベ総理が、テヘランでロウハニやハメネイらイラン指導者とにっこり笑って堅い握手を交わし、いったい何を語るのか?まさか「イスラエルを地図から消す」「テルアビブとハイファを地上から消し去る」「アメリカは大悪魔」、ロウハニやハメネイらと一緒になって宣言するのか?もう酒をがぶ飲み、ベロンベロン酔っぱらってヘベレケになって、北朝鮮やイランとともに「アメリカと戦争する!」戦争暴言かますのか?日本製欠陥原発をイランに輸出、イラン核開発を後押ししたり、イラン原発深刻重大事故でイスラエル殲滅、ユダヤ人ホロコースト完結を目論むのか?疑念がわく。いずれにせよ、「イランに組する日本」「親イラン反米ならず者国家日本」「反イスラエル反ユダヤ国家日本」「ヤバイ国・危険国家日本」、そんなレッテル張られ、日米離間・離反で国際的に孤立化する日本、いつか来た道へ戻るのでは?悪夢である。いったい誰が得をする?



     それにしても、日本の情報収集ユニット、イランに関しどのような情報を収集し、どのように分析、評価しているのだろう。ドイツ情報機関のように「危険国家イラン」と正しく認定しているのだろうか?正確な情報(イラン核開発の実態、テロ支援の仕組み、北朝鮮との協力関係・・・)を収集、把握し、アベ総理ら政権幹部に正しくあげているのだろうか(あげてもこれか) ?テヘランでのアベ総理の言葉、態度、動向、その答えとなるだろう。



     今、混迷を深める世界情勢の中、聖書預言成就の目に見える証、ミラクルランド(奇跡の国)イスラエルは、日本の希望である。イスラエルの神は日本にとっても唯一の神であり、イエス・キリストは日本人にとっても唯一の救い主である。

     イスラエルに平安を、ユダヤ人に福音と祝福を、エルサレムに平和を。心から祈りつつ。

  • エルサレム・ストーン2019/06/02

    ・貴メルマガによれば、イラン大統領ロウハニが「制裁を解除するなら米国と交渉する」そう語る一方、イラン最高指導者ハメネイは「米国との再交渉の余地はない」一蹴したという。「イスラエルを地図から消す」「テルアビブとハイファを地上から消し去る」「アメリカは大悪魔」そう宣言し、反米ならず者国家仲間の北朝鮮と一緒になって核兵器・弾道ミサイル開発に突っ走るイラン。今、イラン核危機を巡り、イラン指導者らがいくつもの顔や舌を使い分け、イラン指導部への内外からの批判を分散、撹乱、緩和させようとしているのだろう。が、イランが核兵器を手に入れれば、もう宗教的熱狂、興奮の中、呪いの言葉とともに躊躇なく対イスラエル核攻撃に使用するだろう。そして、核兵器を背景にサウジアラビア等湾岸諸国やアラブ諸国家、のみならず世界中にイラン式イスラム革命を輸出するのでは。石油価格も核兵器を背景にイランが恣意的に決定するようになるだろう。悪夢である。

     勿論、「ユダヤ人ホロコーストを二度と起こさせない」「イスラエルの敵を絶対に許さない」堅い決意でイスラエルを率いるネタニヤフ首相が、イランによる第2ユダヤ人ホロコーストを座して待つわけがなく、「ベギン・ドクトリン」遅疑逡巡することなく発動されるだろう。「マサダの悲劇、二度と起こさせない」炎の誓いを忠実に果たすIDF(イスラエル国防軍)は、サムソンの覚悟で不可能を可能にする対イラン無害化作戦を完遂、成し遂げられることだろう。今、ネタニヤフ首相はじめイスラエル国家指導者の皆様に神のご加護とお導きとがありますように、IDF将兵おひとりおひとりに神のミラクル(奇跡的な助け)と慰め、平安と祝福がありますように。心から祈ります。

     そして“In GOD We Trust!”を国是とし、イスラエルを支える世界最大最強軍事諜報超大国の米国も、最終的な軍事力行使を躊躇しない「トランプ・ドクトリン」を発動、「誰も見たことがない炎と怒り」がイラン全土で炸裂、圧倒的飽和集中攻撃でイラン秒殺だろう。悪夢である。イラン指導者らはまだ時があるうちに十字架のみ前で悔い改め、核兵器も弾道ミサイルも全てのCBRN兵器も完全に廃棄廃絶し、イスラエルの生存権を認めイスラエルを愛し支えるべきである。手遅れにならないうちに・・・。イスラエルはイランにとっても希望である。

     

     今、報道によれば、日本のアベ総理が今月中旬このイランを訪問し、ロウハニやハメネイらイラン指導者と会談するとの正式発表がなされたという。世界危機の大本命、イランに何らの具体的仲介案も持たぬアベ総理が空身で乗り込む大愚。間もなくの衆議院解散、衆参W選挙へ向けての「平和姿勢偽装政治パフォーマンス」「トンチンカン変態錯乱カミカゼ外交」「ベリーダンス見物千夜一夜ヘイワやってますアリバイ工作外交」、「会って終わりのデオチギャグ的言いっ放し糸電話の糸外交」で、およそ何らの成果も全くないだろう。勿論、イラン政府もそんなことは百も承知。ただ、今後米国とイランの対立が激化した場合、「仲介役日本の責任」としてすべての責任と結果を日本に負わせる算段ではないのか?万一、米国等有志連合軍による対イラン総攻撃が始まったり、サウジアラビア等による対イラン懲罰戦争が始まった場合。世界からもイランからも怨まれるのは、ほかならぬ日本、アベ総理であろうに・・・。



     今、残念ながらテヘランでロウハニやハメネイと会うというアベ総理。せめて「ハショアー・レオラム・ロー・オッド!」(二度とユダヤ人ホロコーストを起こしてはならない!)力強く、正々堂々と宣言してほしい。エルサレム、ワシントンで宣したあの時のように・・・。そして、今、ローマ法王フランシスコ教皇が世界に配布された、あの『焼き場に立つ少年』を始め、広島、長崎、原子爆弾被爆地の、原子爆弾犠牲者の、その悲惨な写真、映像、資料、証言をロウハニやハメネイらイラン指導者にしっかり見せつつ、核兵器の恐ろしさ、きちんと説明、イラン核完全廃棄を強く迫ってほしい。唯一の被爆国として・・・。



     いずれにせよ、アベ総理のイラン訪問、それが日本の「これから」、運命を決める。やがて目の当たりにするであろう絶望の画。テヘランでイラン国旗と日の丸が林立する中、ニヤニヤ・ヘラヘラ・ニタニタ笑う日本のヘビ総理とロウハニやハメネイらイラン指導者が満面の笑顔でガッチリ握手する様を。それはまるで、あのベルリンでハーケンクロイツと日の丸の旗の波の中、アドルフ・ヒトラーやヘルマン・ゲーリングらナチス幹部と笑って握手していた松岡洋右外相のようだ。未だに戦争無反省で靖国ナチス路線を突っ走る政治が、その本音、本心において「反米」「反ユダヤ」「反キリスト」「反聖書」「反GOD」のままであること、イランが日本の邪悪、本性を暴きだす照魔鏡となる。そして「アブラハム契約」、日本にも適用される、厳粛に・・・。



     今、同盟国米国に加え日本外交の軸足を置くべきは、中東唯一の民主国家にして聖書預言成就のミラクルランド、イスラエルである。アベ総理が行くべきはテヘランではなくエルサレムである。この行き先の違いが、日本の運命を決定付ける分水嶺となってしまった。残念だった。日本に神の憐れみを、もう祈るほかない。

     

     イスラエルに平安を、ユダヤ人に福音と祝福を、エルサレムに平和を。心から祈りつつ。

  • エルサレム・ストーン2019/06/01

    ・貴メルマガが報じる日本のアベ総理の米国・イラン仲介、本当にうまく行くのか?まさに開戦前夜、のっぴきならぬ厳しい状況に陥っている米国とイラン両国の仲介。あのキッシンジャー博士でも難しいであろうこの世紀の難題を・・・。100%無理、では?今、対露ではわが国固有の領土北方四島の主権実質放棄、0.0000000000000000000000001ミクロンたりとも戻ることあたわず、ただ巨額資金のみ飲み込まれて終わりの惨状。あの対ロシア宣戦布告「戦争暴言」には知らぬ顔の半兵衛を決め込み、衆参W選挙直前6月29日、毎度のほっこり顔のぷーちんさんとにこやかに握手、日露友好親善を演出、擬態し選挙用小道具に利用しようとしたり、対米ではトランプ大統領と一緒にご馳走食べたり大相撲観たりゴルフしたり、1機100億F35、100機1兆円爆買で「日米の絆」をチープに演出するも、日米共同声明もなく貿易交渉での譲歩も一切なく「価値観の共有」など到底おっつかず、ただの食い逃げ、散々な有様(ザマ)であり、隣国韓国からはあの対海上自衛隊機ロックオン事件を「なかったこと」で突っぱねられ、徴用工を巡る日本企業への財産差押さえすら阻止することあたわず、「反日」いよいよ激化するままであり、今「前提条件なしに会う」北朝鮮独裁者に額づいての懇願も空振り、「拉致問題」をただただ選挙利用するだけの姿勢がいよいよ日本国民にも明らかになりつつある、この日本政府(外務省)、アベ総理が、世界最大最強の軍事諜報超大国「同盟国」米国を「大悪魔」呼ばわりして対立対決を深めるばかりの、日本と「伝統的友好関係にある」この世界脅威の大本命イランとの「橋渡し」、いったい何が出来るというのだろう?世界注視の中、テヘランでアベ総理が語る一言半句、一挙手一投足を、トランプ大統領はじめ米国政権幹部も米軍将兵も米国民も、そしてイスラエルのネタニヤフ首相始めイスラエル国家指導者、IDF将兵、イスラエル国民も、世界中のユダヤ人も、耳をそばだて固唾を呑んでライブで見つめることだろう。永田町仕込み日本流二枚舌、本音と建前の使い分け、ハラゲイ外交など全く通用する余地もない、このガチンコの修羅場で、いったい何を語り、合意(密約)し、行動するのか?毎度の作り笑顔でヘラヘラ、ニヤニヤ、ニタニタするだけのヘビ総理が・・・。「立証すんの、むずかしいですよぉ」かつて北朝鮮による日本人拉致被害者家族に冷たく言い放ったというその傲慢、冷酷、侮蔑が、砂漠の一神教を信奉するイラン指導者らに通用するのか?無理だろう。あのエルサレムでは、靴型の器に甘いデザートが添えられていた。が、今度行くというテヘランでは、怒りと侮蔑、軽蔑と失望、憎悪と呪怨がぎっしり詰まった本物の靴が顔面めがけて飛んでくるのでは?悪夢である。

     今からでも遅くはない。アベ総理のイラン訪問、即刻中止すべきだ。日本にとって何の成果もメリットもない。それどころか、逆にとんでもない「負」を背負うことになる。米国等国際社会の軽蔑と冷笑を浴び、イランからは深い恨みと憎悪を受けるだけ。勿論、裏切りにあったイスラエルの怒り、そしてイスラエルの神からの報い、覚悟せねばならなくなる。将来に禍根を残すだけのアベ総理テヘラン訪問、即刻中止すべきだ。それが国益にかなう。善は急げ、正式発表していない今ならまだ間に合う。

     今、このイラン訪問を提案し、アビ総理の耳元で囁く人間の、その背後に蠢くグループの、その正体をこそ喝破すべきだ。日本をして「イランに組する国」「反米ならず者国家(もどき?候補?)」に貶め、日米離間、反イスラエル・反ユダヤ、日本孤立化を画策する、その邪悪を(それともヘビ総理自身、そうなのか?)。誰が得する?今、アブ総理が訪問するというイランが、日本の本音、実相、素顔、本性、実態を露(あらわ)にする照魔鏡と化す。

     とにかく「イスラエルを地図から消す」「テルアビブとハイファを地上から消し去る」そう宣言し、核兵器・弾道ミサイル開発に突っ走り「第2ユダヤ人ホロコースト」を目論むイランと、そのイランと「伝統的友好関係」にある日本にも、「アブラハム契約」は容赦なく厳粛に適用されることになる。



     まだ時があるうちにアベ総理ら政治家の皆さんも、日本政府幹部や日本のエリートの皆さんも、『聖書』を紐解き『福音』に触れ、「イエスは主」心で信じて口で告白し、“In GOD We Trust!”同盟国米国との魂レベルでの「絆」を結締し、聖書預言成就のミラクルランド、イスラエルを愛し支える「千畝国家」へ。今こそ十字架の下、新生すべきである。イスラエルは日本にとっても世界にとっても希望である。イスラエルに平安を、ユダヤ人に福音と祝福を、エルサレムに平和を。心から祈りつつ。

  • エルサレム・ストーン2019/05/31

    ・貴メルマガによれば、日本の安倍総理による米国とイランの仲介をイランが歓迎、6月にイランを訪問する安倍総理はロウハニ大統領と会談予定とのこと。既にイスラエルでも報じられ、日本イラン首脳会談、安倍・ロウハニ会談に関心が寄せられているようである。「イスラエルを地図から消し去る」「テルアビブとハイファを地上から消し去る」「アメリカは大悪魔」そう宣言し、反米ならず者国家仲間の北朝鮮と一緒になって核兵器・弾道ミサイル開発に突っ走るイラン。はたして日本のアベ総理、テヘランでロウハニやハメネイらイラン指導者たちとヘラヘラ笑って握手して、「イランとの伝統的友好関係を一層発展させる」「イラン核合意を支持する」オウム返しの繰り言と先日会ったトランプ大統領のメッセンジャーボーイとしての役割、糸電話の糸の役目を果たすだけなのか?それとも、テヘランでイラン原油とのバーターで日本製欠陥原発輸出合意文書署名、米国による対イラン経済制裁をわやにし、イラン核開発促進、イラン製核兵器・イラン原発重大深刻事故による高濃度放射能汚染でイスラエル殲滅を目論むのか?もうベロンベロンに酔っぱらって靖国ナチス本音ぶちまけ、憲法変更、ナチスと同盟していた頃の政体国体・超戦前回帰の決意表明、イランや北朝鮮と一緒になってアメリカと「戦争する!」「第二ユダヤ人ホロコースト完結する!」鼻息荒く喚き散らすのか?悪夢である。せっかくテヘランへ行くというのなら、安倍総理には、あのエルサレムとワシントンでなした宣言、「ハショアー・レオラム・ロー・オッド!」(二度とユダヤ人ホロコーストを起こしてはならない!)、イランの首都テヘランで正々堂々、力強く宣してほしい。ロウハニやハメネイに直接、こう伝えてほしい。「イスラエルの生存権確認」を、「ユダヤ国家イスラエルとの国交樹立」を、「ガザ地区の完全非武装化」を、「ハマスやイスラム聖戦、ヒズボラの武装解除・解体」を、「イラン核開発・弾道ミサイル開発の完全廃棄」を、「イランによるテロ支援即刻中止」を、「シリア領内イラン革命防衛隊の即時撤収」を、「イエメンフーシ派によるサウジアラビア攻撃支援即刻中止」を、「米国の新中東和平案への賛同協力」を・・・。世界注視のアベ総理テヘラン訪問。デオチギャグ的一発芸平和外交アリバイ工作テヘラン訪問珍道中、その結末とはイカに・・・?



     今、報道によれば、あの世界注視のハノイ第二回米朝首脳会談でチープなウソでトランプ大統領を騙しにかかるも、逆に超極秘核施設群の存在を暴露され全CBRN兵器の完全廃棄を要求され、経済制裁ビタ一文解除されることあたわず「ノーマネーでフィニッシュです」大恥かいて平壌の穴倉に逃げ帰った北朝鮮独裁者が、世紀の外交詐欺失敗の全責任を部下に丸投げ、毎度の「対空機関砲ズタズタ・火炎放射器噴射・犬喰わせの刑」に処したという。「犬喰って 犬に喰われて 犬のクソ」北朝鮮独裁者の側近が辿る電車道的末路である。もう「側近」といわれる人間は誰もおらず、昭和天皇方式(自分は何も知らなかった、部下が自分の意に反して勝手にやった)による延命は無理筋ではないか?果たして北朝鮮独裁者の運命とは?あのスターリンやアドルフ・ヒトラーのような最期か?逃亡途中で捕まり逆さ吊りにされたムッソリーニか、即席裁判で死刑判決、夫婦もろとも銃殺されたチャウシスクか、民衆に殴り殺されたカダフィーか?それとも絞首刑になったサダム・フセインか?やはり北朝鮮独裁者もまだ時があるうちに、十字架の御前に悔い改め、「イエスは主!」心で信じ口で告白、罪の赦しを神にも人にも乞うべきだろうに・・・。すっかり改心、回心し、真人間になったなら、今度はならず者国家仲間のイラン指導者らにも『福音』を伝え、十字架の御前での改心と回心を勧めるべきだ。本当にもうこれ以上、北朝鮮の普通の人々を苦しめないでほしい。北朝鮮独裁体制崩壊。その時こそ、北朝鮮の人々はもうおなか一杯、山盛りのまっ白いご飯とジュージュー焼肉をたらふく食べることができるだろう。もう保衛員や秘密警察、密告者の目を気にしないで、心から笑い、怒り、冗談を言い、おしゃべりができるようになるだろう。核兵器も弾道ミサイルも、CBRN兵器も独裁者一味も丸ごと全部無害化されるなら、既にトランプ大統領ご指摘のとおり世界最貧国の北朝鮮も「経済大国」になれるだろうに・・・。「前提条件なしで会う」今、アベ総理が秋波を送ることで北朝鮮独裁者は勢いづき、北朝鮮民衆の解放は遠のくことになる。テヘラン訪問の次は平壌電撃訪問か?いったい誰が得するのか?よくよく考えるべきだ。その正体を・・・。



     あの北方領土、国後島、「日本人とロシア人の友好の家」で、なんとロシア相手に「戦争する!」宣戦布告大暴言を吐き、「女を買う!」大暴れ事務局職員の人間の盾を突破、外へ飛び出そうと企てた日本国国会議員。なぜこのような人物をあえて北方領土ビザなし訪問団に加えたのか?その背景、底意、思惑をこそ喝破すべきだ。本気の本気で超軍事大国ロシアとの戦争を望んでいたのか(私戦準備)?今、ロシアの態度を硬化させ、北方領土返還拒否の口実、大きなカードを与え、「国連憲章旧敵国条項」発動による対日軍事攻撃の危険を招き(外患誘致)、それによるアベ内閣倒閣運動、革命運動でも成し遂げようとしたのか?本人からの説明がない今、日々疑念が募る。が、官邸は沈黙したままだ。立法府、国会の問題として知らぬ顔の半兵衛を決め込むばかりである。それも謎である。いったい誰の差し金だったのか?勿論、KGB出身プーチン大統領は完全に把握しておられるだろうが・・・。報道によれば、6月29日、大阪で日露首脳会談が行われるという。その頃にはもう衆議院解散(靖国ナチス野党殲滅バンザイ突撃解散)がかまされ、衆参W選挙の選挙運動真っ盛りの時期ではないか?優しい顔のぷーちんさんとにっこり笑って握手して毎度の日露友好を演出、北方領土カエルカエル詐欺で与党圧勝への選挙用小道具に使うつもりだろう。が、もし怖いほうのプーチン大統領、ホンモノさんが「戦争暴言」にカンカンになって怒鳴り込んできたら。アベ総理や外務省、与党はテンヤワンヤの大騒ぎ、こんなはずじゃなかった夏祭り開催か?

     いずれにせよ、アベ総理のテヘラン訪問が、日本のこれからを固めてしまうだろう。「アブラハム契約」はイランにも、イランと伝統的友好関係にある日本にも厳粛に適用される。ますます混迷を深める国際情勢のただ中にあって、ハイテク超先進国にして中東唯一の民主国家イスラエルは、日本外交が軸足を置くべき絶対的安定要因、頼もしいパートナーである。安倍総理は今からでもその行く先をテヘランではなくエルサレムに変えるべきだ。イスラエルは日本にとっても希望である。イスラエルに平安を、ユダヤ人に福音と祝福を、エルサレムに平和を。心から祈りつつ。