国際情勢

シオンとの架け橋・イスラエルニュース

イスラエルの政治・宗教・社会・和平などに関して、日本国内では報じられない現地ニュースを中心に週2回配信します。3日分のニュースが5分で読めます。

全て表示する >

シオンとの架け橋・イスラエルニュース

2019/04/12

◆◆◆◆◆◆◆
|||||||  シオンとの架け橋
_\\|//_    イスラエル・ニュース
__\|/__
___土___  http://www.zion-jpn.or.jp

「エルサレムの平和のために祈れ」 詩 122

本紙の発行は、原則として毎週火曜と金曜です。
=====【今号のポイント】================================
★(10日)双方が選挙戦の勝利を宣言
★(11日)労働党が惨敗し1桁に転落
★(12日)月面探査機が軟着陸に失敗
****************************************************
2019年 4月10日(水)
****************************************************
*昨日夕に投票が終了し、各メディアが出口調査の結果を発表。リクー
  ド党が勝ったとの報道と、青と白党が勝ったとの報道が流れ双方が勝
  利を宣言。しかし青と白党は連立政権を組むのが困難な状況。(P,Y)

*青と白党の指導者ガンツ氏は党本部で勝利宣言。「私は全国民のため
  の首相となり一致を目指したい。責任は重大だ」と語った。(P,H,Y)

*ネタニヤフ首相は「驚異的な勝利の夜だ」と勝利宣言。市民が自分を
  信頼してくれたと主張し、次の4年間の政権運営に自信。(P,H,Y)

*超正統派党のシャス党とUTJ党は、出口調査の結果が発表されると、
  早々とネタニヤフ首相の右派ブロック政権を支持すると宣言。リブリ
  ン大統領に、政権構築はネタニヤフ氏を指名すべきだと推薦。(P,Y)

*エジプトのシシ大統領が3日間の訪米を開始。昨日はトランプ大統領
  と会談した。トランプ大統領はシシ大統領を「友人」だと称賛。(P)

*アルジェリアでは、長期支配のブーテフリカ大統領の辞任を受け、議
  会がベンサラ氏を暫定大統領に選出したが市民らは抗議。憲法の規定
  通り90日以内に次期大統領選挙が実施できるかどうかが焦点。(P)

*ニューヨークの超正統派ユダヤ人250人以上が、はしかに感染。市
  当局は緊急事態を宣言し、ワクチン未接種の市民に、三種混合ワクチ
  ンを強制接種へ。従わない場合は1千ドルの罰金となる。(P,H)

*民泊大手のAirbnb社が、西岸地区のユダヤ人の民泊情報を削除
  するとの決定を撤回。米国系ユダヤ人が集団訴訟を起こしていた。西
  岸地区では、民族に関係なく全ての民泊情報を掲載する。(P,H,Y)

****************************************************
2019年 4月11日(木)
****************************************************
*開票はまだ進行中だが、リクード党と青と白党はほぼ同数。だが、政
  権構築が可能なのはネタニヤフ氏のみだと確定した。青と白党のガン
  ツ氏は敗北を宣言したが、健闘できたことに満足を表明。(P,H,Y)

*3.25%以下しか得票できない党は議席が得られないため、リブニ
  氏は落選。労働党はわずか1桁に転落する惨敗。2つに分裂して選挙
  に臨んだアラブ政党、ベネット氏の新右翼はまだ当落線上。(P,H)

*トランプ米大統領は、総選挙で勝利したネタニヤフ首相に「ビビ・ネ
  タニヤフ、おめでとう。早すぎるかもしれないが」と祝辞。(P,Y)

*米国はサウジアラビアで、アラブ諸国にアラブ版NATOであるME
  SAへの参加を呼びかけ。しかしエジプトは参加を見合わせる。トラ
  ンプ政権の今後が不透明な中、イランとの緊張悪化を懸念か。(P)

*米上院外交委員会で、ポンペオ国務長官がイスラエル−パレスチナの
  二国家共存を明言せず。近く発表する和平案が問題を解決する事を期
  待する、とだけコメントし、具体的解決策の説明は避けた。(P,Y)

*レバノンのヒズボラ指導者ナスララが、米国がイラン軍をテロ組織認
  定した事を非難。「中東における米政策は失敗した」と発言。(H)

*パレスチナ人の村で、25台の車にダビデの星などの落書きがあり、
  タイヤがパンクさせられる被害。最近、類似事件が続発しており、ユ
  ダヤ人の民族主義者らよる犯行と見て警察が捜査している。(H)

*昨年、米国のピッツバーグで発生し、11人が死亡したシナゴグ襲撃
  事件の追悼式典が行われ、議員やシナゴグのメンバーらが参加。(Y)

****************************************************
2019年 4月12日(金)
****************************************************
*選挙の最終結果は、リクード36、青と白35、シャス8、UTJ7、
  労働党6、イスラエル我が家5、右派連合5、メレツ4、クラヌ4、
  アラブ系ではハダシュ=タアル6、バラードが4だった。(P,H,Y)

*ベネット氏とシャケド氏の新右翼党は、当選基準の3.25%をわず
  か0.1%下回り落選。両氏は表の再集計を要求している。(P)

*月探査機ベレシートは、昨夜月に着陸する予定だったが、失敗して月
  面へ落下。原因調査はこれから。ネタニヤフ首相は「何度もやればよ
  い。イスラエルの探査機は必ず月に着陸する」と述べた。(P,H,Y)

*米国が、反イスラエル活動家のバルグティの入国を拒否。ベングリオ
  ン空港発、米国行きの飛行機に搭乗を拒否された。アラブ人団体の招
  待で米各地の大学を訪問、娘の結婚式にも参列予定だった。(P,H)

*1990年代からスーダンで長期政権を率いたバシル大統領が辞任。
  市民の抗議を受け軍が介入したもよう。アルジェリアに続き高齢の大
  統領が辞任に追い込まれる事態に。再び「アラブの春」か。(P,H,Y)

*ニューヨークのユダヤ人に対して、市当局が三種混合ワクチンの強制
  接種を命令したところ、親達が反対して裁判に訴えることに。(H)

*民泊大手の会社が西岸地区では人種に関係なく情報を掲載すると決め
  た事を、パレスチナ自治政府のエレカット氏が非難。同社はイスラエ
  ル政府と共謀し、パレスチナ人の権利を侵害したと主張した。(H)

*2月に19歳のユダヤ人女性をエルサレムの森で強姦・殺害した犯人
  の自宅を破壊する事に。テロ犯家族の訴えを最高裁が却下。(Y)

------------------------------------------------------------
 関連用語データベース・1999年10月以降の記事の全文検索は
  http://www.zion-jpn.or.jp/p0404.htm へどうぞ
-------------------------------------------------------------
[情報源略号表]
 P=エルサレム・ポスト  http://www.jpost.co.il/
 H=ハアレツ       http://www.haaretz.com/
 7=アルツ7       http://www.israelnationalnews.com/
  I=イスラエル・トゥデイ http://www.harvesttime.tv/israel_today/
 Y=イディオット・アハロノット http://www.ynetnews.com/
 ( )内の記号が情報源。メディアにより掲載日が異なる場合もあり。

[転載・引用・再配布について]
 教会活動等の非営利目的ならばOKです。ユダヤ人および
 各宗教教派に批判的な文脈での引用はしないで下さい。
============================================================
発行:「シオンとの架け橋」  http://www.zion-jpn.or.jp/
編集:石井田直二 naoji@zion-jpn.or.jp
============================================================
★購読解除は  http://www.zion-jpn.or.jp/kaijo.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-12-10  
最終発行日:  
発行周期:火金  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • エルサレム・ストーン2019/04/15

    ・貴メルマガによれば、米国がサウジアラビアでアラブ諸国にアラブ版NATOであるMESAへの参加を呼びかけたところ、エジプトは参加を辞退したという。まもなく発表されるであろう米国による新しい中東和平案。対イランを軸にした「ビッグ・ディール」になるのでは。今、「イスラエルを地図から消す」「テルアビブとハイファを地上から消し去る」そう宣言し反米ならず者国家仲間の北朝鮮と一緒になって核兵器・弾道ミサイル開発に突っ走り、対イスラエルテロ攻撃をし続けるハマスやヒズボラを支援、シリア領内にはテロ組織イラン革命防衛隊を配置する脅威の本命イラン。湾岸アラブ諸国家にとっても脅威となっている。例えば、イエメンのフーシ派やサウジアラビア内のシーア派を用具化、先兵と化し、王制打倒、イラン式イスラム革命(イスラム・シーア派革命)を輸出せんとする。イスラエル及びアラブ諸国共通の脅威イランに対抗し、イランを封じ込めるイスラエル・アラブ平和条約締結を伴う包括的な中東新和平案、イラン発シーア派三日月を遮断する包囲網(拡大版MESAで担保)になるのでは?ゴラン高原・ガザ地区・ユダヤサマリア地区を正式に併合するユダヤ国家イスラエル、独立を果たすクルド人国家、そしてユダヤ人の「約束の地」イスラエルに寄留していたアラブ人による旧難民国家・・・。「イスラエル一国屹立論」に基づく新しい枠組み、中東グランドデザインが提示されるのかも。国際政治のど真ん中、今も『聖書』は生きている。イスラエルの平和、心から祈ります。



     かつてナチス・ドイツの同盟国にして、敗戦後はロッド空港無差別大量殺人事件を犯した日本赤軍を生み、今も「ヒトラーの正しい動機」「ナチスの手口を学ぶ」政治が、ナチスと同盟していた頃の国体政体を野望する残念極まりない国、日本。先に来日したイラン要人とにこやかに懇談、「イランとの伝統的友好関係を一層発展させる」「イラン核合意を支持する」親イランの国家的立場を鮮明に宣明したアビ総理。果たして会談の場で「イスラエルの生存権確認」「イラン核開発の中止」「テロ支援中止」等、強く訴えたのだろうか?それともテヘラン電撃訪問、イラン産原油と日本製ポンコツ原発のバーター取引調印式の段取りでも詰めたのだろうか?不安と疑念が膨らむ。仮に世界の大勢に抗い日本がイランを支援、イラン核開発を推進させようとする(放棄も中止もさせない)、その底意、本音とは?ズバリ「イスラエル殲滅」ではないのか?かつてユダヤ人徹底差別、迫害、虐殺をしていたことを十分に知りながらナチス・ドイツと同盟した日本(ある学者の主張、「ユダヤ人ホロコーストの事実は戦後になって明らかになったものであり日本は知らなかった」というのは詭弁である。日独文化協定、日独伊三国防共協定、日独伊三国同盟締結の段階で、すでに「わが闘争」アドルフ・ヒトラーの真剣な狂気も、ニュルンベルク法(反ユダヤ法制)も、水晶の夜虐殺事件も、ゲットー群の存在も十分知っており、その帰結(ユダヤ人ホロコースト)も知りえたはずだからだ(時系列・ナチス賛美の新聞論調・内閣情報局等政府機関の反ユダヤ・親ナチス姿勢等々))。今度はイランを後押し用具化することで「ユダヤ人第二ホロコースト」、ヒトラーの野望「ユダヤ人絶滅」を完結せしめようとしているのではないか?悪夢である。「アブラハム契約」は今も有効であり、日本にも適用される。日本がイランの核(イランに輸出する日本製ポンコツ原発の重大深刻事故に伴う放射能汚染や日本の核技術を用いたイラン製核兵器)によるイスラエル殲滅の間接正犯となるのなら、同じ方法(核兵器・放射能汚染)でイランともども日本も滅亡するだろう。



     まもなく始まる「昭和第二章:レーワ」。「戦後」をリセット(ゼロゼロ・レイワ・0○)、昭和のやり直し、せんとする。が、新元号「令和」は、あの五畿七道巨大地震「仁和」に通じる。仮に東海、東南海、南海、3連動M9.2巨大地震が起きれば、待ったなしで波高36m巨大津波が太平洋岸に押し寄せる。震度7の激震とあわせ、その犠牲、被害は予想もつかない。運転停止中とはいえ、あの震源直上、浜岡原発が巨大津波の衝撃と回折でブラックアウト、原子炉及びプール内の核燃料棒メルトダウンなら、既に米国国防総省想定のとおり東日本は壊滅的被害を受けるだろう。御前崎(浜岡)以東には「強制避難命『令』」が出されるかも。もう既にそれ見込んで西日本にシフトし始めているのかも。「天皇」を退位したヘイセイ上皇もやがて京都へ引っ越し、政府中枢機関も新しい「都」へこっそり移転するのかも。その時、日本は「東日本国」と「西日本国」の2国に分裂、「良き隣人」として二国家共存することになるのかも。そのように考えるなら、先日辞任した閣僚の、「復興よりも当選」その発言の先、真意が見えてくる。つまり「復興」は東北被災者と日本国民を欺くスローガンに過ぎず、その本音は被災地(東日本)切り捨て、西日本国(仮称:令和皇国)樹立へ向け政治勢力結集を謀る、ということではないのか。が、いくら西日本に逃げても、現在廃炉作業中断中の「もんじゅ」はじめ、再稼働中のものを含めた原発群が原発銀座には犇いている。「アブラハム契約」からは逃れられない。また、今、第2回米朝首脳会談決裂で国内外で追い詰められる北朝鮮独裁者が破れかぶれの対日核攻撃を仕掛けてくるかもしれない。さらには将来、日本が自主核武装した場合、日本の自国製核兵器が日本国内で誤爆したりテロに使われるかもしれない。どれもこれも悪夢である。やはり、日本もまだ時があるうちに十字架の御前で改心、回心し、世界の脅威イランと対峙対決し、同盟国米国とともにイスラエルの側にしっかりと立つべきだ。「千畝国家・日本」イスラエルは日本にとっても希望である。イスラエルの神は日本にとっても唯一の神であり、イエス・キリストは日本人にとっても唯一の救い主である。

     イスラエルに平安を、ユダヤ人に福音と祝福を、エルサレムに平和を。心から祈りつつ・・・。

  • エルサレム・ストーン2019/04/14

    ・貴メルマガによれば、米上院外交委員会でポンペオ国務長官がイスラエル・パレスチナの二国家共存を明言せず、近く発表する「和平案」に問題解決を期待するとコメントしたという。今、エルサレム・イスラエル首都宣言、駐イスラエル米国大使館エルサレム移設、ゴラン高原イスラエル領宣言を正々堂々となされた米国トランプ大統領。近く発表される「和平案」とは?中東全体を巻き込む「ビッグ・ディール」になるのでは。もはや破綻した「二国家共存案」ではなく、ユダヤ・サマリヤ地区(ヨルダン川西岸地区)、ガザ地区をイスラエル領と正式に認める「イスラエル一国屹立論」に基づく真の中東和平実現へ、米国はじめ国際社会が動き出すのでは。今やイスラエル攻撃のテロ基地と化しているガザ地区やヨルダン川西岸地区、現イスラエル領内のアラブ人をエジプトやイラク、サウジアラビア等の一部領土へ移住させ、「アラブ旧難民国」として独立させるのか、それとも完全に吸収するのか?いずれにせよ、「ユダヤ国家イスラエル一国屹立論」を軸に「旧難民アラブ人国家」や「クルド人国家」樹立、「シリア分割」等含む中東新地図の線引き、改訂がなされるのかも。が、ガザ地区やヨルダン川西岸地区のアラブ人らが独立国家となっても、「イスラエル殲滅」を野望するのであれば、従来のテロ攻撃に加え今度は正式な「独立国家」としてイスラエルに対し宣戦布告、戦争を仕掛けてくる恐れもある。が、その結果は?イスラエルの領土が更に広がるだけである。アブラハム、イサク、ヤコブの神が選びの民ユダヤ人にお与えになった「約束の地」、その地境は寸分違わず確定される。イスラエルを見守るお方はまどろむこともなく眠ることもないお方である。

     今、“GOD  Bless  The United States of America!”イスラエルの親愛なる友、イスラエルを支える米国とトランプ大統領に神のご加護とお恵みとが豊かにありますように。「二度とホロコーストを起こさせはしない」堅い決意でイスラエルを率いるネタニヤフ首相はじめイスラエル国家指導者とIDF将兵おひとりおひとりに、神のお導きとミラクル(奇跡的な助け)、平安と恵みとが豊かにありますように。心から祈ります。



     かつてナチス・ドイツの同盟国にして、今も「ヒトラーの正しい動機」「ナチスの手口を学ぶ」政治が、戦争無反省で靖国ナチス路線を突っ走り何が何でも憲法変更、超戦前回帰(皇国史観国家神道天皇絶対全体主義的核武装軍事国家大政翼賛体制)を目論む日本。「イスラエルを地図から消す」「テルアビブとハイファを地上から消し去る」そう宣言し反米ならず者国家仲間の北朝鮮と一緒になって核兵器・弾道ミサイル開発に突っ走るイランとの間で、今、「伝統的友好関係を一層発展させる」「イラン核合意を支持する」などと親イランの国家的立場を鮮明にする。ある日突然、ルート砂漠やカビール砂漠で核実験強行、「イラン核武装宣言」が発せられたり、ホルムズ&バブ・エル・マンデブ両海峡同時封鎖、対米・対欧州大規模テロ等がかまされるとき。米国等有志連合軍が対イラン総攻撃を開始するとき。イランと「伝統的友好関係」にある日本政府、どうするのだろう?かつてあのナチス・ドイツと同盟した時と同じように、「反ユダヤ」「反イスラエル」「反米」本音掲げてイランや北朝鮮と同盟(反キリスト・ならず者国家三国同盟)でも結ぶのか?まもなくの「昭和・第二章」、開幕の号砲とは?毎度の消費税増税延期マッチポンプ解散、韓国ケシカラン薩長同盟ちぇすとー解散、北方領土主権放棄カエルカエル詐欺地面師解散、テヘラン電撃訪問日本製ポンコツ原発輸出解散、平壌電撃訪問「日本の救世主」自作自演解散、フタマルフタマル2020「民族の祭典」フューラー宣言解散・・・、何か適当な理由をつけての衆議院解散(owレイワ解散)、衆参W選挙、野党壊滅国会制圧憲法変更全権委任国家緊急事態主権剥奪現人神宣言9条抹殺国軍創設徴兵制召集令状皇軍兵士特高警察憲兵隊核武装日米同盟破棄靖国ナチス教育勅語わが闘争対米リベンジ戦争・・・、突っ走るのか?悪夢である。昭和のリピートは、その末路も繰り返される。世界は「ルーズベルトの正しい動機」「ハリー・トルーマンの正しい動機」「チャーチルの正しい動機」「スターリンの正しい動機」「カーチスルメイの手口(日本焦土化)」「毛沢東の手口(持久戦)」「イワン・コワレンコの手口(脅し)」で激しく厳しく日本に臨むだろう。



     日本もまた、まだ時があるうちに十字架の御前で悔い改め「靖国ナチス」を完全破棄、イラン核危機に対峙対決し、同盟国米国とともにイスラエルの側にしっかりと立つべきである。イスラエルとともにあるとき、日本も安定し繁栄する。「アブラハム契約」は今も有効であり、日本にも適用される。イスラエルの神は日本にとっても唯一の神であり、イエス・キリストは日本人にとっても唯一の救い主である。「千畝国家・日本」へ。イスラエルは日本にとっても希望である。

     イスラエルに平安を、ユダヤ人に福音と祝福を、エルサレムに平和を。心から祈りつつ。

  • エルサレム・ストーン2019/04/12

    ・貴メルマガによれば、月探査機ベレシートが月面に落下、原因調査はこれからだとのこと。誠に残念というほかはない。が、384,400キロ彼方の月にまで達し、月の周回にも成功、たとえ残骸であってもイスラエルの旗(ダビデの星)は月面にしっかり刻印された。今、ネタニヤフ首相が述べられているとおり、「何度もやればよい。イスラエルの探査機は必ず月に着陸する」。アーメン。不撓不屈、神の選びの民ユダヤ人がやがて月面に立つとき。「聞け、イスラエルよ!」漆黒の宇宙空間で輝く太陽と青い星、そして光の彼方を見つめるとき、何を見、何を聴き、何を感じられるのだろう。やがて万物は改まり、被造物全体が御栄光の中に入れられる。異邦人の完成がなるとき、「こうしてイスラエルはみな救われる」福音の奥義成就する。「その日」をまだ見ぬうちから信じ、感謝し、楽しみに待ち望みたい。

     イスラエルの神は全宇宙の創造主であり、統治者である。イエス・キリストはすべての人間の救い主である。イスラエルに平安を、ユダヤ人に福音と祝福を、エルサレムに平和を。心から祈りつつ。