国際情勢

シオンとの架け橋・イスラエルニュース

イスラエルの政治・宗教・社会・和平などに関して、日本国内では報じられない現地ニュースを中心に週2回配信します。3日分のニュースが5分で読めます。

全て表示する >

シオンとの架け橋・イスラエルニュース

2019/02/01

◆◆◆◆◆◆◆
|||||||  シオンとの架け橋
_\\|//_    イスラエル・ニュース
__\|/__
___土___  http://www.zion-jpn.or.jp

「エルサレムの平和のために祈れ」 詩 122

本紙の発行は、原則として毎週火曜と金曜です。
=====【今号のポイント】================================
★(30日)西岸地区の民泊情報で激論
★(31日)ガンツ氏の新党は人気沸騰
★(1日)イランが偽情報で世論操作
****************************************************
2019年 1月30日(水)
****************************************************
*ヘブロンの国際監視団の駐在延長を認めなかったイスラエルを「国際
  社会が決めたことを尊重しない」と、パレスチナ自治政府が非難。西
  岸地区と東エルサレムに多国籍軍を派遣するよう国連に要請。(P,Y)

*「イスラエル回復党」を公式発足させたガンツ元参謀長が、テルアビ
  ブで集会。ガンツ氏は「指導者は王になってはならない」と述べネタ
  ニヤフ首相の汚職を非難。自分が次の首相になると宣言した。(P,H)

*ガンツ元参謀長の新党立ち上げと、集会での講演内容を、リクード党
  と新右派党が非難。「彼は全くの左派だ」などと一蹴した。(P,H,Y)

*国際人権団体のアムネスティが、大手民泊サイトに、西岸地区の入植
  地と東エルサレムの物件情報の掲載中止を要求。「占領地の民泊情報
  の掲載はパレスチナ人に対する人権侵害」だと主張した。(P,H,Y)

*民泊サイトのAirbnbが入植地のユダヤ人家屋の情報を掲載拒否
  したのは「ユダヤ人差別」だとしてフロリダ州が説明を要求。(P)

*ネタニヤフ首相がロシアの特使や副首相と会談し、シリアにいるイラ
  ン系武装勢力について意見交換。イスラエル軍機とロシア軍機がシリ
  ア上空で互いに攻撃し合う事のないよう、調整方法も協議した。(H)

*元空軍司令官のエシェル氏が「シリアからイラン系勢力を追い出す力
  は我が軍にはない。それが出来るのはロシア軍だけ」と発言。(H)

*イギリスのEU離脱を前に、英国のユダヤ人の多くが、ドイツの国籍
  を申請中。ユダヤ人を虐殺した国の国籍取得には抵抗があるものの、
  行動の自由の確保のためには、EU加盟国のパスポートが有利。(Y)

****************************************************
2019年 1月31日(木)
****************************************************
*ガンツ氏が立ち上げた新党は、やや左派的な演説が報じられて人気が
  急上昇。ラピド氏の有未来党と組んだ場合には、リクードを上回る議
  席数を確保できるもようで、ネタニヤフ首相と人気は拮抗。(P,H,Y)

*先週に精神病のエチオピア系市民が警察に射殺された事件に抗議して、
  エチオピア系市民数千人がテルアビブで集会を行った。しかし、集会
  終了後に一部の群衆が駅付近で警官と衝突し、逮捕者も。(P,H,Y)

*米CIAが米国会で「イランは合意を守っており、核兵器開発は進め
  ていない」と報告したため、トランプ大統領が怒りを表明。(H,P)

*イランが30トンの低濃縮ウランをウラン濃縮工場に搬入したと、同
  国の通信社が報道。最終的な目標は核兵器生産と見られている。(H)

*昨年にガザ境界で始まった暴動で、国防軍の銃撃により負傷した人々
  は約6千人に。ヨルダンの病院で手術をする動きも。イスラエルは松
  葉杖を差し入れているが、投石機として利用される例もある。(P,Y)

*ハイファ港の整備事業を中国企業に委託することに強く反対していた、
  元中国駐在大使のビルナイ氏が発言を翻し、問題ないとの見解を表明。
  「スパイ行為を行うならば、他にも方法はある」などと語った。(P)

*インテル社が新工場をイスラエルに建設し、新たに千人を雇用へ。イ
  スラエル経済の堅調な証しだが、補助金が過大だとの声も。(P,H,Y)

*エルサレム市が、年間2万7千ドルをかけて野良猫に餌を与え、ネズ
  ミを減らす計画を発表。しかし、市内には1平方キロあたり2千匹の
  猫がおり、これ以上増やせば害の方が大きいと専門家は警告。(H)

****************************************************
2019年 2月1日(金)
****************************************************
*仏独英の3ヶ国が共同で、米国によるイラン制裁に抵触しない形でイ
  ランとの商取引を行う枠組みSPVを開始。米ドルによらない決済で
  あり、現在の制裁に合致していると、関係国は主張している。(P,Y)

*マンデルブリート司法長官は首相の起訴に必要な法的検討を終え、4
  月の選挙前に本人から意見聴取を行う考えだとの報道。首相官邸は「
  左派の圧力を受けて無理に起訴手続きを進めている」と反発。(P)

*米上院が、シリアとアフガニスタンからの急激な撤兵に反対する決議
  を圧倒的多数の賛成で可決。トランプ大統領の動きをけん制。(P,H)

*逮捕したパレスチナ人2人に暴行を加え鼻などに重傷を負わせた5人
  の兵士を起訴。この2人は、同じ部隊の2人の兵士を数日前に殺害し
  た犯人と見られており、兵士らが私的復讐を行ったもよう。(H,Y)

*ヨルダンで湾岸諸国とエジプトの外相が集まり、安全保障に関する2
  日間の会議。パレスチナ自治政府の代表は招かれなかった。(P)

*英国では、小学校からLGBTについての寛容を教えることが義務化
  されるため、超正統派の学校は非合法化や国外脱出を検討中。(Y)

*イランがフェイスブックやツイッターに数百の偽アカウントを紛れ込
  ませて情報発信を行い、イスラエルの選挙に介入していると専門家が
  警告。社会の分断を深めるような情報が流されているという。(Y)

*テルアビブで3日間のサイバーセキュリティ会議が終了。ネタニヤフ
  首相も出席。民主的な国家ほどサイバー攻撃の影響を軽視する傾向が
  あり、テロの蔓延と同じ結果を招くと、専門家は警告している。(P)

------------------------------------------------------------
 関連用語データベース・1999年10月以降の記事の全文検索は
  http://www.zion-jpn.or.jp/p0404.htm へどうぞ
-------------------------------------------------------------
[情報源略号表]
 P=エルサレム・ポスト  http://www.jpost.co.il/
 H=ハアレツ       http://www.haaretz.com/
 7=アルツ7       http://www.israelnationalnews.com/
  I=イスラエル・トゥデイ http://www.harvesttime.tv/israel_today/
 Y=イディオット・アハロノット http://www.ynetnews.com/
 ( )内の記号が情報源。メディアにより掲載日が異なる場合もあり。

[転載・引用・再配布について]
 教会活動等の非営利目的ならばOKです。ユダヤ人および
 各宗教教派に批判的な文脈での引用はしないで下さい。
============================================================
発行:「シオンとの架け橋」  http://www.zion-jpn.or.jp/
編集:石井田直二 naoji@zion-jpn.or.jp
============================================================
★購読解除は  http://www.zion-jpn.or.jp/kaijo.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-12-10  
最終発行日:  
発行周期:火金  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • エルサレム・ストーン2019/02/05

    ・貴メルマガによれば、ネタニヤフ首相も出席したテルアビブでのサイバーセキュリティ会議が終了、民主的な国家ほどサイバー攻撃の影響を軽視する傾向がありテロの蔓延と同じ結果を招くと専門家が警告しているという。テロの手口は時々刻々変化し、様々な態様を呈するゆえ、その対処・対応・対策が後手にまわることになる。あの911テロが起きる前、いったい誰が乗員乗客もろとも旅客機ごとWTCやペンタゴンに突入するテロを想定しただろうか?世界最大最強の軍事諜報超大国米国でさえも決死の自爆テロを阻止できなかった。CBRN大量殺戮兵器を用いた同時多発自爆テロが世界各国大都市で実行された場合には、世界大戦規模の犠牲者発生が想定される。悪夢である。そして、サイバーテロの、今、そこにある危機。金融・保険、交通システム、行政サービス、権利情報・医療情報、電力・水道・ガス、物流・情報通信・・・、重要インフラの基幹システムに対する電子的攻撃、データ改ざん、破壊、書換え、ハッキング等により、国家社会の重要基盤がブラックアウトしたり暴走したり機能不全に陥る。文明社会を原始時代に引き戻さんとする邪悪なテロ、いつ起きるか分からない。ただ今、複数の基幹統計さえもが既にデタラメな日本政府。もうサイバー攻撃を受けるまでもないのかも?自主的なサイバー攻撃を自分で自分にしているかのようだ。これから本格的な電子政府・電子社会化が進み、金融も保険も、取引情報も不動産権利関係も、医療情報も、もう何から何まで全部ペーパーレス、電子に変わるとき(既になっている)。あの「消えた年金」悪夢再現、デタラメな行政のみならずサイバーテロによって銀行預貯金や権利、取引記録が全部パーになったら?あるいは、北朝鮮等ならず者国家やテロ集団等が宇宙空間、電離層等で核爆発を起こし電磁パルス発生、全ての電子記録をデリートし、コンピューターをただの箱に変えたら・・・?物流・交通システムは停止、原発は制御不能・暴走し始めたり、イージスシステム等最新電子兵器は無用の長物と化すだろう。悪夢である。今の文明の末路、電子化の罠、現代人はサバイバルできるのか?

     報道によれば、日本も自衛隊に宇宙・サイバー分野の本格的な専門部隊を創設するという。次にはいわゆる「超能力者部隊」創設だろう。新次元、多次元の戦いには新しい感性、新しい頭脳が必要だ。結局最後は人間なのだ。そして、目に見えぬ領域での戦いこそが、すべてを決する主戦場なのだ。諜報・防諜・情報特務戦然り、サイバーセキュリティー・電脳戦然り。その究極、最終は「霊の戦い」となる。「わたしは既に世に勝っている」十字架の死と復活で勝利宣言をされている主イエス・キリストこそ、現実的にも「万軍の主」であり、永遠の勝利者である。聖書を信じ、福音を宣べ伝える牧師、宣教師の聖職者の先生方も、イエス・キリストを自らの救い主として信じるキリスト者も、いわば最先端の、そして最終的な戦いの最前線に立つ尖兵であるといえる。「イエスは主!」心で信じ口で告白するとき、自らのただ中に「神の国」が建国される。たとえ原子爆弾でさえも、どんな兵器でも壊すことができない金城鉄壁、永遠なる不滅の国が・・・。

     いずれにせよ、自由と人権を尊重する中東唯一の民主国家にして、ハイテク大国、聖書預言が成就したミラクルランド(奇跡の国)イスラエルは、日本にとっても希望である。イスラエルの神は日本人にとっても唯一の神であり、イエス・キリストは日本人にとっても唯一の救い主である。

     イスラエルに平安を、ユダヤ人に福音と祝福を、エルサレムに平和を。心から祈りつつ・・・。

  • エルサレム・ストーン2019/02/03

    ・貴メルマガによれば、イランが30トンの低濃縮ウランをウラン濃縮工場に搬入、最終的な目標は核兵器生産と見られているとのこと。今、イランのどこか(カビール砂漠、ルート砂漠、カスピ海海底、アルボルズ山脈、ザグロス山脈等地下深く?それとも国境沿いアフガン・トルクメニスタン領内か?)、数千、数万台の最新鋭遠心分離機群が昼夜を問わずフル稼働、ウランが濃縮され、核兵器の材料が大量に生産、備蓄、加工されているのだろう。「イラン、核実験強行!」「イラン、核保有宣言!」「イラン、核兵器実戦配備完了!」・・・、おどろおどろしい活字が新聞各紙一面に躍るとき。脅威中の脅威イランを巡り米国等多国籍軍編成、派遣、最後通牒期限切れ対イラン総攻撃開始か?サウジアラビアによる対イラン懲罰攻撃開始か(パキスタンの核兵器でイランの背後から核奇襲攻撃か)?が、「イスラエルを地図から消す」「テルアビブとハイファを地上から消し去る」そう宣言するイランの、対イスラエル核攻撃・第二ユダヤ人ホロコーストをイスラエルのネタニヤフ首相が座して待つわけがない。遅疑逡巡することなく「ベギン・ドクトリン」発動、イラン完全無害化が即刻完遂されることだろう。今、イスラエルの平安、国家安全保障、心から祈ります。

     そして、「アブラハム契約」は今も有効であり、イランにも適用される。核兵器でイスラエルを滅ぼそうとするイランは、同じ方法(核兵器・放射能)で滅亡することになる。イスラエル攻撃用のイラン製核兵器や北朝鮮製核兵器、ネオナチ経由で入手する闇核兵器がイラン国内で核爆発を起こしたり、ブシェール原発はじめ核施設群が超レベル7、メルトダウン、深刻重大事故を起こしたり、とんでもない核汚染で「イランが地図から消える」「テヘランやマシュハドが地上から消え去る」ことだろう。悪夢である。今、イラン指導部は、聖書(エステル記)をよく読み、反ユダヤ・反イスラエルを悔い改め、即時核放棄、十字架の御前で改心、回心すべきだ。あのペルシャ、ハマンの悲惨な末路、その滅びの轍から一刻も早く脱すべきだ。手遅れにならないうちに・・・。イスラエルはイランにとっても希望である。



     かつてナチス・ドイツの同盟国で、今も戦争無反省で靖国ナチス路線を突っ走るばかりのアベ政権、日本政府。はたして米国の対イラン経済制裁日本適用除外猶予期間終わるとき、どうするか?ドル決裁回避、「友好関係にある」イランとおおっぴらに取引しイラン原油輸入、その見返りに重大深刻事故を起こす日本製ポンコツ原発を輸出するのか?仮にアベ総理がイラン電撃訪問、テヘランでロウハニやハメネイらイラン指導者とにこやかに握手、日本製ポンコツ原発輸出調印式をショーアップするとき。イラン核武装が日本のマネーと核技術(核物質)で加速、準備されることになる。それはイスラエルはじめ国際社会に、日本の邪悪な底意、野望、本音(イランを用具化することで対イスラエル核攻撃をなさしめ、かつて同盟していたナチス・ドイツによるユダヤ人絶滅、その野望を果たさんとする)を白日の下に晒すことになる。が、そんなことをすれば日本も「アブラハム契約」の厳粛なる適用の結果、イランと同じ報いを受けることになるだろう。悪夢である。

     仮にイスラエルを核兵器で滅亡させんとするイランを日本が支援すれば日本もまた、核兵器・放射能で滅亡することになる。今、毎度の核燃料棒取出作業中断中の高速増殖炉「もんじゅ」はじめ原発銀座の原発群。「リュウグウの使い」が数多く打ち上げられている日本海で、天正地震級大地震が起きれば若狭湾を「山のような大波」が襲うことになる。「もんじゅ」が海水に没すれば、2000t液体金属ナトリウム化学反応大爆発、2tのプルトニウム含むMOX核燃料放射性物質が大量にばら撒かれる。その他の原発群も、メルトダウン、超レベル7、東電事故原発群と化し(事故原発銀座)、もう手がつけられない、誰も近づけず日本列島全土強制避難区域と化すだろう。東海・東南海・南海三連動巨大地震でも、「次の311」でも同じような事態が起きうる。悪夢である。また、今月末の米朝首脳会談で米朝極秘合意(米国に向けない限り北朝鮮核兵器容認、米韓同盟破棄、在韓米軍完全撤退、北朝鮮による韓国無血占領・韓国併呑容認、核武装統一朝鮮登場・・・)なら、北朝鮮の核兵器で日本が攻撃される怖れが現実化する。当然日本国内でも核武装論が熱を帯び、核兵器を持つかもしれない(超高額旧式米国製核兵器販売で貿易赤字削減狙いか?)。結果、統一朝鮮と日本間で核戦争が起き日朝共倒れになるか、あるいは韓国に続き日本が北朝鮮に併呑され対米リベンジ騙し討ち核攻撃をかまそうとするか?が、核武装した日本に対しては米国はあのカーチス・ルメイの手口で何の遠慮もなしにおおっぴらに核兵器飽和集中攻撃を仕掛けてくるだろう。いずれにせよ、核兵器で日本中がヒロシマ、ナガサキとなる。悪夢である。やはり日本も、まだ時があるうちに十字架の御前で改心、回心し、靖国ナチス路線を放棄、廃棄するべきだ。手遅れにならないうちに・・・。



     今、米朝首脳会談の開催地、ベトナム・ダナン、北朝鮮の狙いとは?米国をしてあのベトナム戦争の、テト攻勢の、フエ攻防戦の、南ベトナムからの徹底の、苦き記憶を呼び覚ませ、あの大陸不介入「ニクソン・ドクトリン」の朝鮮半島への適用を促す意図だろう。ロシア疑惑や壁建設、議会との対立、その他諸々の諸問題で窮地に立つトランプ大統領。あの「戦う修道士」マティス前国防長官ら側近が去り孤独な中、高齢に加えての長旅の疲れで、満を持す北朝鮮独裁者の手のひらで踊らされるのでは?不安になる。あの日本海、日本のEEZ内、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊機火器管制レーダー照射(ロックオン)事件。北朝鮮による反日浸透戦略が韓国中枢のみならず韓国軍現場部隊にまで深く広く染み渡っている現実をあからさまにした。無線封止の中、韓国海軍駆逐艦と韓国海洋警察艦船、北朝鮮艦船(イカ釣漁船に偽装した工作船?)が邂逅する確率とは?新品のYシャツに醤油をこぼし困った所に通りすがりのシミ取り会社のものが声をかける、もうほとんどありえない確率だろう。かつての「人民艦隊」のごとく何らかの対日極秘工作活動、対日軍事作戦を南北朝鮮合同で実行中だったのかも。もう現政権下の韓国はあてにならない。韓国丸ごと北朝鮮の死間国家と化しているようだ。対中、対露で対決姿勢を深め、危機の本命イランを睨みつつ、北朝鮮との交渉もこなす米国。3.1運動100周年を迎え「反日」を煽動激化させる韓国。北方領土丸ごと収奪を目論むロシア、毎度の長征野望、共産中国。そして大日本帝国の亡霊、北朝鮮。日本を巡る国際情勢ますます混迷を深め、その闇は一層暗さを増す。その中にあって、日本の光明となり希望となる国とは?ズバリ、イスラエルである。自由と人権を尊重する中東唯一の民主国家にして、聖書預言が成就したミラクルランド(奇跡の国)イスラエルは、日本にとっても希望である。イスラエルに平安を、ユダヤ人に福音と祝福を、エルサレムに平和を。心から祈りつつ。

  • エルサレム・ストーン2019/02/02

    ・貴メルマガによれば、パレスチナ自治政府が国際監視団駐在延長を認めなかったイスラエルを「国際社会が決めたことを尊重しない」と非難、西岸地区と東エルサレムに多国籍軍を派遣するよう国連に要請したという。が、非難されるべきはイスラエルの生存権を決して認めず「イスラエル殲滅」を憲章に掲げ、邪悪な対イスラエルテロを執拗にし続けるハマスらガザ地区のアラブ人と、そのハマスを容認しハマスの対イスラエル武装闘争路線に暗黙の了解を与えているヨルダン川西岸地区のアラブ人(ファタハ)のほうである。あのイスラエルの英雄イツハク・ラビン首相が命をかけられた「オスロ合意」。アラブ人のテロで殺されたユダヤ人の血にまみれた、あのPLO議長ヤセル・アラファトと握手をしてまで成し遂げようとされた中東和平。が、その平和への願いは、アラブ側の不条理なテロ、増殖する憎悪によって無残に打ち砕かれてしまった。国際社会が決めたことも、国際間の約束も全く尊重しないのは、「約束の地」に寄留するアラブ人のほうである。イスラエルではない。仮に多国籍軍が派遣されるというのなら、テロをし続けるアラブ人を武装解除、鎮定すべきである。そして、彼らの本来の本拠地、帰るべき父祖の地であるアラブ諸国家、アラブ地域へと無事に送り届けるべきである。70年前に建国されたイスラエルは、聖書預言成就の目に見える証であり、ユダヤ人の唯一の祖国である。このイスラエルに、平和と平安とがありますように、心から祈ります。



     かつてナチス・ドイツの同盟国で、今も戦争無反省で靖国ナチス路線を突っ走るばかりのアベ政権、日本政府。今、消えた年金騒動に続き、基幹統計の数字すらもデタラメ、誰も責任を取らぬ毎度の惨状を晒している。民間企業の耐震・免震装置偽造、鉄鋼強度の数値改竄等もあった。官民問わず、あの天の岩戸伝説、ウソが手柄になったり、仏法由来(?)ウソも方便、デタラメ放題、まるで日本社会全体がウソに飲み込まれ溶け始めているかのようだ。かつてはやれ「鬼畜英米」だの「神州不滅」「八紘一宇」だのと大風呂敷を広げ「戦争万歳!」「天皇の赤子」と洗脳し若者や子どもたちを死地に送り込み、「天皇万歳!」叫び散華(戦死)する人間爆弾(片道燃料の航空機による自爆攻撃、出口のない海「回天」「海竜」人間魚雷、ベニヤ製粗末な自爆モーターボート「震洋」海上人間爆弾、ロケットエンジン「桜花」音速人間爆弾、棒の先っぽに爆弾をくくりつけ突っついて自爆「伏竜」潜水服人間爆弾、対戦車地雷を背中に負いシャーマン戦車のキャタピラの下に飛び込ませる「鉄血勤皇隊」少年人間爆弾・・・)を大量生産していた日本。が、二発の原爆とソ連参戦で漸く敗戦を決めるや否や、あっという間の平和万歳、手のひら返し。「あにチンの志ならずや」対英米戦争を宣した大日本帝国の唯一の主権者にして統治権の総覧者、大日本帝国陸海軍(皇軍)の統帥権者、大元帥、国家神道における「現人神」、皇国日本の三位一体を体現していた昭和天皇。漸くのポツダム宣言受諾後、マック元帥とにこやかに握手、速攻の「人間宣言」、「軍国主義者に騙されていた平和主義者」と東京裁判回避、自らの戦争責任は「言葉のアヤ」、東條英機らA級戦犯に丸投げ、あの日本焦土化作戦の立案・実行者であるカーチス・ルメイ将軍には勲一等旭日大綬章を親授もしている。ニッポン、いい加減、昔も今も変わらないのだろう。



     わが国固有の領土、北方領土。「返せ、北方領土!」その血の叫びも、プーチン大統領と25回も会ったアベ総理によって「ハイ、あげます!北方領土」コロリ変じてしまった。今、164年前の2月7日直前、日本の漁船がロシアに拿捕されたという。あの関が原、小早川に東軍への寝返りを促す家康の砲弾のようだ。アベ総理のプーチン大統領への約束、翻させないための脅しだろう。KGB出身プーチン大統領に日本流ひとたらし、一切通用しない。むしろイワン・コワレンコの手口で厳しく臨むだろう。アベ総理と外務省は、25回にも及ぶプーチン大統領との全会談記録、合意内容の詳細を北方領土島民と日本国の主権者たる日本国民に直ちに全部開示すべきである。まるでヤルタで対日参戦を英米に約していたソ連スターリンに、英米との講和を依頼するがごとくのトンチンカン、大愚のままの日本政府である。このゾルゲ政権、土台人内閣、間諜(死間)内閣、ロシア政府日本支部、裏切省のごとき彼らの、いったいどこが「愛国者」なのか?こんな連中(長州謀略政治)が国家中枢を占めていれば、日本は北方領土のみならず、竹島も、尖閣も、沖縄も、対馬も、北海道も、もう日本全部を失うことになろう。悪夢である。

     報道によれば、米国トランプ大統領がINF条約破棄を宣言、再び鉄のカーテンが引かれ東西冷戦構造が構築されようとしている今。米露の狭間で日本はマタサキ状態となる。ロシアに取り込まれたアベ総理の退陣、退場で裏切りの日露交渉を打ち切り、同盟国米国の側にしっかりと立つ日本の国家意思を宣明にすべきである。手遅れにならないうちに・・・。



     70年前、2000年の離散(ディアスポラ)、ポグロム、ホロコーストの惨害を刻まれつつ、父祖の地、「約束の地」に自らの国イスラエルを建国(再建)されたユダヤの民。今、亡国の危機にある日本人はイスラエル(ユダヤ人)から謙虚に学ぶべきだ。聖書預言が成就したミラクルランド(奇跡の国)イスラエルは、日本にとっても希望である。

     イスラエルに平安を、ユダヤ人に福音と祝福を、エルサレムに平和を。心から祈りつつ。

  • エルサレム・ストーン2019/02/01

    ・貴メルマガによれば、ネタニヤフ首相がロシアの特使や副首相と会談、シリアにいるイラン系武装勢力について意見交換し、イスラエル軍機とロシア軍機とがシリア上空で互いに攻撃し合う事のないよう調整方法も協議したという。シリアに影響力を及ぼし続け、地中海への侵出制海拠点、中東産油地帯支配の橋頭堡にせんとするロシア。究極的にはハートランド・アフリカ回廊の中継地、世界支配の一里塚にせんとする。今は圧倒的な軍事力と諜報力で自由気ままに振舞い、有頂天になっているが如きロシアも、やがて中東の混乱、憎悪、混沌から抜け出ることあたわず、ロシア本国での大規模テロ誘引や本格的なテロとの戦いの波及で、いよいよロシア正規軍大部隊を中東に送り込まざるを得なくなるだろう。まさに頤に鉤をかけられ、引きずり回され、押しやられ、イスラエルに攻め上らされ、滅び去るゴグ、ロシア・・・。先日、貴会から購入、拝見したDVD『エゼキエル 現代へのメッセージ』。講師のメシアニック・ジューの指導者ヨセフシュラム師が語られているように、エゼキエル書の記述、まるで今朝の新聞記事の様でもある。聖書預言、ことごとく成就する。やがてロシアやイランらが滅び去る様を目の当たりにし、われら異邦人はイスラエルの神が今も生きておられ、その聖なることを改めて思い知らされることになる。今の情勢は「その日」へ向けての布石である。イスラエルの平和と平安、心から祈ります。



     かつてナチス・ドイツの同盟国、今も戦争無反省で靖国ナチス路線を突っ走る、誠に誠に残念極まりない国、日本。今、プーチン大統領(ホンモノの偽物?ニセモノの本物?ニセモノのニセモノ?)と25回も会って密談、密約を交わしつつ、結局、わが国固有の領土北方領土の主権も領土も取り戻すことあたわず、ロシアに巨額資金付きで献上せんとするアベ総理・日本政府。すでに1956年日ソ共同宣言のラインまで外交敗退してしまっており、最大面積の択捉島、国後島の領土・主権喪失は確定してしまった。たとえ今の段階で日ロ交渉打ち切りでもロシア外交大勝利である(日本外交大敗北、歴史的大失態)。米ソ冷戦時代、ソ連モスクワに乗り込んでブレジネフ書記長相手に机を叩いてまでして北方領土四島返還を認めさせたあの田中角栄総理の熱情も、ソ連崩壊後のロシアとの外交成果、「東京宣言」「モスクワ宣言」も、全部を自ら放棄、ドブに捨てる大愚を犯す。この北方領土島民のみならず現在、過去、未来の日本国民の、日本民族の裏切り者の、いったいどこが「愛国者」だというのか?まるでゾルゲ政権、死間内閣、土台人政権、ロシア政府日本細胞、裏切省である。日ソ中立条約を一方的に破り瀕死の日本に襲い掛かり、ポツダム宣言受諾後においてさえもわが国固有の領土北方領土を軍事侵攻し今に至るまでも不法占拠を続け、その強奪を正当化せんとする邪悪。講道館黒帯のプーチン大統領、もはや『柔』の心を失い、『剛』そのものとなってしまったようだ。残念だ。迎える2月7日、164年目の日魯通好条約締結記念日。はたしてアベ総理は北方領土四島返還のために運動、努力し続けてこられた先達、人々に対しどのツラ下げて何を語るのだろう?あの日露戦争旅順二百三高地の、東鶏冠山北保塁の、シベリア抑留の、満州残留孤児の、三船殉難事件の、占守島士魂の、多くの日本の、愛国の士、犠牲者、英霊、祖霊の御前で・・・。「ソーリ、ソーリ、ここはですね、四島の主権をいったんロシア側にあると認めてですね、現状を認めたうえでプーチン大統領の顔を立て恩を売り、それから歯舞、色丹の2島の領土を日本に戻してもらうという形でですね、日露平和条約締結、経済活動活発化で、日本の国民にはあくまでも四島返還を目指すとでもいってですね、寝耳に水の衆議院解散でW選挙に持ち込めば、準備のない野党は壊滅、もう選挙大勝利ですから、それでですね国民の同意を得たというかたちにすればですね、名を捨て実をとった、ロシアと平和条約を締結した歴史に名を残す大宰相ということになりますよ。プーチン大統領もソーリのオトモダチとしてですね、もう親日家ですから、ソーリを熱く支援してくれるはずですよ・・・」旨を政権中枢で囁き続け、日本の国家意思をゆがめる。ロシアの走狗となって日本中枢をマインドコントロールする人間がいるのだろう。が、北方領土四島の主権をロシア側にあると認めたら最後、もはや日本が返還を求める法的根拠、権原は完全喪失、もう北方領土返還は不可能となる。それどころかロシアは主権に基づきこれまでの北方領土問題によって生じた損害の賠償を請求してくるだろう。そして次に北海道の主権と領土を狙ってくる。ヤルタ会談等でのスターリンの要求を貫徹してくるのでは?悪夢である。やはり、ロシア側に完全に取り込まれてしまったアベ総理の退陣、退場をもって日ロ交渉は中断、1956年日ソ共同宣言ではなく「東京宣言」「モスクワ宣言」を交渉の基礎として、あくまでも北方領土四島返還を要求、仕切り直しをするべきだ。KGB出身のプーチン大統領に日本流ひとたらし、全く通用しない。それどころかイワン・コワレンコの手法で強引に押してくるだろう。あの北海のヒグマの末路、辿ることがないように。取り返しのつかない禍根を残すことがないよう、時を待つべきだ。

     やがてロシアが崩壊する「その日」。下手にロシア側にいれば、日本にも火が送られる(島々に含まれる?)。悪夢だ。今、ロシア相手に正々堂々、渡り合うイスラエルこそを見習うべきだ。聖書預言成就のミラクルランド(奇跡の国)イスラエルは、日本にとっても希望である。イスラエルの神は日本にとっても唯一の神であり、イエス・キリストは日本人にとっても唯一の救い主である。イスラエルに平安を、ユダヤ人に福音と祝福を、エルサレムに平和を。心から祈りつつ。